セブンプレミアム チリポテト

                 
セブンプレミアム チリポテト

セブンプレミアムのチリポテト。製造はカルビーで163gのたっぷりサイズ。程よいピリ辛さと如何にもカルビーのポテチにあるタイプのコクと添加物テイストはクセになりそうな旨さがありましたが、これだけのクオリティの商品を出すことの出来るカルビーでも、ピリ辛ポテチのジャンルではカラムーチョにどうしても勝てないというのだから不思議なものです。
                 
        

セブンプレミアム クリームブリュレ氷

                 
セブンプレミアム クリームブリュレ氷
セブンプレミアム クリームブリュレ氷

セブンプレミアムのプリン味のかき氷。製造はガリガリ君でお馴染み赤城乳業。かき氷といっても自分の家にあるハンドルを回して氷を砕く安物のマシンじゃ絶対作れないだろうというほどのキメの細かさはかき氷というよりはまるでアイスクリームのようでした。だったらアイスでいいじゃんと思うし、実際、アイスのまったり感が恋しくもなりましたが、カラメルソースがかかっているのに甘さがくどくなく、爽やかなところは流石かき氷といった具合なのかもしれません。
                 
        

セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌

                 
セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌
セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌
セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 辛旨味噌

巷で話題の辛さが凄い奴、蒙古タンメン中本のカップ麺を食べてみました。製造は日清食品。具が豆腐というのに珍しさがありますが、食べてみるとあまりにも辛く、具に何が入ってるか分かったものではありませんでした。ただ、辛いのにしっかりとした旨さがあり、ようやく日本で辛ラーメンを終わらせることができる一杯が誕生したと鼻水と堅めでハリのある麺を同時に啜りながら感慨に耽ることが出来ます。ただ、麺は如何にもインスタント然としたものなのが気になったので、もう少しツルツル感を演出して欲しかったかなと。麺については辛ラーメンの方が好みですね。
                 
        

セブンプレミアム 日本の中華そば富田 濃密系しょうゆ味

                 
セブンプレミアム 日本の中華そば富田 濃密系しょうゆ味
セブンプレミアム 日本の中華そば富田 濃密系しょうゆ味

とみ田という人気ラーメン店が監修したというセブンプレミアムの縦型カップ麺。製造は明星。濃密系しょうゆ味というのは成田空港でしか提供されていないフレーバーとのこと。このカップ麺についていえば、如何にも明星が作ったありがちなカップ麺というだけの出来にも思えますが、麺にハリがあり、スープも濃密というだけあって緩さや甘さがほとんどなく、みっしりと詰まっているという感じはします。
                 
        

セブンプレミアム いわし味噌煮

                 
セブンプレミアム いわし味噌煮
セブンプレミアム いわし味噌煮

セブンプレミアムのいわし味噌煮。原産国はタイで輸入車はマルハニチロ。鯖と比べるとシューシーさは弱いものの、引き締まっていてそこがイワシの良いところなのかもしれないと思わせるぐらいには安定したマルハニチロのクオリティを感じました。
                 
        

ユーラク ブラックサンダーアイス

                 
ブラックサンダーアイス

アイスになったブラックサンダー。セブンイレブン限定の販売らしく、製造はセリア・ロイルというところ。食べてみると想像していたよりもずっとブラックサンダーの再現に成功しており、口の中で広がる優しいチョコレートの風味とそのチョコのコクを引き立てるゴロゴロと存在感を発揮しているクッキーのザクザク感とココアのテイストはまさにブラックサンダーそのものでした。
                 
        

セブンプレミアム チェダーチーズ100% ベビーチーズ

                 
セブンプレミアム チェダーチーズ100% ベビーチーズ

セブンプレミアムのベビーチーズ。製造は宝幸。チェダーチーズはあくまで原料なので、食感はベビーチーズらしくとてもソフト。味わいはまろやかで甘美なコクが口の中で広がり、満足できます。
                 
        

セブンプレミアム アボカドスライス

                 
セブンプレミアム冷凍アボカドスライス
セブンプレミアム冷凍アボカドスライス

ほとんど脂質なのに健康に良いと云われているアボカドをセブンプレミアムの冷凍スライスで摂取して体に気を使ってるんですよとアピール。130g213円、製造はライフフーズで原産国はペルー。

スーパーの青果売り場で買ったアボカドを自分でカットして食べるものに比べると風味やコク、まろやかさといったものに少しだけ物足りなさを感じましたが、質が悪いというわけでもなく、サラダにトッピングして美味しくいただけました。
                 
        

セブンプレミアム 堅揚げポテトチップス 厚切りタイプ ブラックペッパー味

                 
IMG_2385.jpg
IMG_2387.jpg

セブンプレミアムの堅揚げポテト。138円。製造はカルビー。カルビーがナショナルブランドで出している堅あげポテトに比べると少し値段が高く、食感や味わいなどのクオリティも同レベルからやや低いぐらいなのが気になりました。
                 
        

セブンプレミアム 大根おろし使用の醤油仕立て和風ハンバーグ

                 
IMG_2354.jpg
IMG_2356.jpg

セブンプレミアムの冷凍ハンバーグ。製造は伊藤ハム。198円。しっかりした挽肉の食感があってそこそこジューシーでした。欲をいえばもっと肉汁が溢れるぐらいだと嬉しいのですが、198円の冷凍ハンバーグにそこまで求めるのは酷でしょう。おろしが使われているというソースにさっぱり感があまりないのも気になりました。
                 
        

セブンプレミアム 極小粒納豆

                 
IMG_2308.jpg
IMG_2309.jpg

セブンプレミアムの納豆。3パック78円。製造はあずま食品。風味、歯ごたえ共になかなか。
                 
        

セブンプレミアム 胡麻香る濃厚スープ担々麺

                 
胡麻香る濃厚スープ担々麺
胡麻香る濃厚スープ担々麺

セブンプレミアムの冷凍担々麺。販売は日清で価格は298円ぐらい。写真だとわかりにくいのですが、ひき肉とチンゲン菜やザーサイなどの具はパッケージの画像程度のボリュームはありました。スープはまろやかでなかなか風味も良く、その中にほどよい辛さがアクセントとして効いています。麺については冷凍なりという風ではありましたが。
                 
        

セブンイレブン 豊かな風味!冷しとろろ蕎麦

                 
IMG_2255.jpg
IMG_2257.jpg

セブンイレブンの冷しとろろ蕎麦。以前のものより30円高くなってなめこがつきました。
                 
        

とんかつ食べ歩き19 セブンプレミアムの三元豚のロースかつ煮 397円

                 
SUqEemMdMdcVK5v1464909087_1464909181.jpg
NDuvpQob3GnHklv1464909203_1464909240.jpg
S6oxyWdUEAaKr6c1464909303_1464909430.jpg

セブンプレミアムの冷凍のかつ煮。397円。製造は味の素でタイの工場で生産したものだそう。

内容量210gのロースかつ煮はまるでそば屋のカツ丼を彷彿とさせるようなしっかりとした甘さとダシで味が付けられている。三元豚を使っているという肉も口の中でとろけそうなぐらいとても柔らかくジューシーさを感じることが出来た。さすがにレンジ調理をしたかつ煮なので衣のサクサク感はまるでなかったが、ベチャッとした不快感を齎すような邪魔なものになっておらず、豚肉の柔らかさと相まってよく煮込んだものと考えると充分納得がいくレベルである。

全体的に質は高く、さすがセブンプレミアムと唸らされた。ただ、食べごたえ自体はそれほどでもなく、柔すぎるというぐらい柔らかい肉質は長所と同時に短所にも感じる。

個人的評価 ★★★ 3.4
                 
        

セブンプレミアム ソフトベーグル

                 
IMG_2015.jpg
IMG_2016.jpg

セブンプレミアムのソフトベーグル。製造はみんな大好き山崎パン。2個入りで135円。ちょっとミニサイズだけれど、1個70円と考えればなかなかのコストパフォーマンスと言っていいんじゃないでしょうか。パッケージにプリントされている食べ方のところにベーグルを半分にカットしてトースターで焼くことを勧められていましたが、面倒なのでカットせず、一つだけトーストして、もう一つはそのまま食べてみることに。

そのままでも十分美味しいんですが、やはり焼いた方が香ばしさと中の柔らかさのギャップをより楽しめていいですね。口の中で広がる如何にも山崎パン的なマーガリンの甘い風味も焼いた方が引き立つように思います。
                 
        

セブンプレミアム 濃厚な胡麻の風味と辛味の汁なし担々麺

                 
濃厚な胡麻の風味と辛味の汁なし担々麺
濃厚な胡麻の風味と辛味の汁なし担々麺

セブンプレミアムの冷凍汁なし担々麺。300円。販売は日本製粉。
まろやかな坦々ソースのかかった濃厚で風味の良いパスタという感じでしたが、冷凍パスタよりもこちらの方が食べごたえも味わいもしっかりしていて好みではあります。ただ、あまり辛味とインパクトがなく、上品にし過ぎているきらいがあり、ジャンクフードとしては中毒性に弱いかもしれません。
                 
        

セブンプレミアム 炭酸水とほんのりレモン炭酸水

                 
IMG_1954.jpg

セブンプレミアムの無糖炭酸水。ノーマルの方の製造はアサヒなのでウィルキンソンのような感じなのですが、レモンの方はキリンで、ウィルキンソンに比べるとえぐみが抑えられてマイルドになっているでしょうか。
                 
        

セブンプレミアム サラダチキン ハーブ

                 
IMG_1939.jpg

セブンプレミアムのサラダチキン。ハーブ効果か、プレーンに比べると味がしっかりついている感じで、男性なんかにはこちらの方ががっつり食べた気になれて満足度が高いかもしれません。
                 
        

セブンイレブン 冷しとろろ蕎麦

                 
IMG_1945.jpg
IMG_1946.jpg

セブンイレブンの冷しとろろ蕎麦。430円。よくある駅そばなんかよりは麺に風味とキメの細かさがあってうまいけど、家で食べるとちょっと寂しくなるコンビニクオリティ。
                 
        

セブンプレミアム サラダチキン プレーン

                 
IMG_1867.jpg

糖質制限ブームの波に乗ってコンビニ利用者の注目を集めているのがこのセブンプレミアムのサラダチキンなんだとか。原産国はタイで、販売はプリマハムになっていました。213円。

低脂質・高タンパクの代名詞である鶏むね肉を蒸し上げたというこの商品は原材料を見ると色々と使われているようなのですが、口に入れてみると控えめな塩味がついているだけで確かにヘルシーなテイストがします。ただ、味もそうですが、食感も食べやすいようにソフトに仕上げられており、全体的には加工食品ぽさがありました。
                 
    
> セブンイレブン