ピンポン 第11話「血は鉄の味がする」 (アニメ)

                 
t01 (1)
ペコは痛めた膝を酷使しながら、ドラゴンに勝つ。番狂わせの衝撃は予選会場を駆け巡る。決勝戦は片瀬高校のペコとスマイルで戦われることになった。開始を待ちながら小泉はスマイルとの会話を思い出す。膝を痛めた相手の選手生命を断つような危険なコースを打てるか、と小泉が尋ねた時、スマイルは、打てますよと即答した。それはかつての小泉が手にすることができなかった強さだった。「君はやはり私の知る限りもっともすばらしい選手だな」。そして試合が始まった。

ピンポン最終話。決勝でぶつかるペコとスマイル。スマイルはペコとの本気のぶつかり合いの中で再び笑顔を取り戻していく。そう、いつも孤独でロボットと呼ばれたスマイルにも熱き血潮が存在していた。そして、それは卓球を愛する全ての人に対して捧げられたメッセージにもなっている。

バトルを詩的に綴った後はエピローグ。スマイルは小学校の教師になり、タムラで子どもたちのコーチをしていた。スマイルの前に現れたドラゴンは卓球を続けてはいたが凡庸な選手に甘んじていた。チャイナは日本に帰化し、選手として飛躍を遂げる。アクマは結婚して子沢山の家庭を築いていた。ペコは日本で一番の選手となり、世界のトップを狙える位置につけていた。それぞれのあの大会のその後について触れられる。

ドラゴンとスマイルのやりとりの中で凡庸のままで終わることに対しての寂しさが語られるが、スマイルが凡庸でもいいと思うと語るところにこのアニメの救いとそして切なさがある。もしもスマイルが海王に転校していたら、あるいはペコのように育成センターで先端の技術指導を受けていたら、そういう本気を出せば出来たんじゃないかという余地を最後まで残した存在がスマイルであり、不器用さと相まって非常に魅力的なキャラクターになっていた。単なるペコのヒーロー物語ではない、スマイルという多くの人が辿るもう一人のペコの存在が同じ主人公格として輝くからこそ、この作品には独特の説得力が備わっており、青春と友情の物語として出色の出来になっている。

このアニメを見始めた当初、原作に忠実に展開しつつも、オリジナルの要素をエッセンス的に加えているところに多少の面白みはあったが、やや映像描写にくどさが見られる点があったのと、原作に比べて大きな発見がなかったので物足りなさもあった。ただ原作の漫画の絵がアニメーションしているだけという、よくもわるくも無難にまとめられているところからはみ出てはいない作品で、そしてその無難さが作品から力を奪い取っていて、視聴者を引き込みきれないだろうという淡白さが感じられたのを残念に思っていたが、回を追うごとに掘り下げられるチャイナやドラゴンなどのキャラクターによって世界観に厚みが増し、原作以上のちょっとしたわかりやすい感動物語に仕立て上げることに成功してたのは映像表現として見事だったと思う。
                 
        

ピンポン 第10話「ヒーローなのだろうが!!」 (アニメ)

                 
t01.jpg
ペコとドラゴンの試合が始まろうとしていた。ペコのラケットを手にして、驚くドラゴン。「ドラゴンと遊ぶため、ソッコー買ってきたんよ」と不敵に笑うペコ。それは反転式ペンホルダーのラケットだった。「こんなおもちゃで私の相手ができると思うな」。そして試合が始まった。力の限りを尽くして戦いあうふたり。遠く離れて座るスマイルに、小泉が話しかける。スマイルは小泉に「先生はヒーローを信じます?」と問いかける。「君は信じるのかね?Mr.月本」。スマイルの答えは……。

ペコ対ドラゴン。一話分をこの一試合に丸々使っているだけあって、試合シーンの描写は今まで以上に気合が入った作りになっていた。

ストーリー的には、今までドラゴンが背負い込んできたものがペコという本当の天才(ヒーロー)によって解放されるというものになっていて、徐々に卓球を楽しむことの幸福や素晴らしさなどを取り戻していくと演出されているのだが、今までのピンポンのリアリスティックな視点とユーモアの絶妙なバランスの取り方に比べるとこのへんの地に足がついていない感じがどうにも強引で共感を呼びにくいものになっているんじゃないかなとは思った。

しかし、この作品を一番面白く彩っているスマイルやドラゴン、アクマやチャイナなどのそれぞれが背負っている重苦しい景色に比べて明らかに背景色の主張が弱いペコが「ヒーロー」とは、なんとも皮肉ではある。
                 
        

ピンポン 第9話「少し泣く」 (アニメ)

                 
t02 (1)
ペコはチャイナを下した。だが敗れたチャイナの心はむしろ晴れやかだった。スマイルに加え、片瀬高校に現れた新たなペコの登場は瞬く間に会場で話題になる。「海王ピンチ」のうわさが独り歩きする中、ドラゴンはトイレの中で、自分の父のことを思い出していた。そしてスマイルと海王・真田の試合が始まる。必死のプレイでスマイルと打ち合う真田だったが……。そんな会場に、すでに卓球をやめたアクマも彼女とともに姿を見せる。アクマが足を運んだのはドラゴンのもとだった。

スマイルと海王の真田の試合が始まる。海王ナンバー2の座に甘んじていた真田だが、その実力は全国区の確かなもので、更に内に秘めた野心は大きく、ドラゴンやドラゴンが惚れ込んだスマイルに勝って自分がスターダムにのし上がる気でいた。しかし、その野望はスマイルにあっけなく打ち砕かれる。一方、ペコは準決勝でドラゴンと対戦することになるが、膝の具合が悪化し、周囲からは棄権するように諭される。だが、ペコはスマイルが待っているからと棄権することを拒む。

スマイルは笑わないからスマイルというニックネームがついたのではなく、笑っていたからスマイルなのだった。いつしか自分が不甲斐ないプレーをするようになってからスマイルは笑わなくなったことを思い出したペコはスマイルの期待に応えるため、ヒーローになった自分を見せるためにラケットを握りしめて試合会場へと向かう。

という、友情物語のようでいてすごく自意識過剰な展開になっているのだが、このへんも比喩的になっていて、スマイルとペコ、2人で1人なのだと考えさせてくれるものになっていてる。勝負の世界での残酷な現実を突きつけつつも、誰もが一瞬はヒーローになれる可能性を秘めていて、そして誰もが本物のヒーローに救われるという夢を与えており、敗北をすごく前向きに捉えているところが画期的な作品だと思う。
                 
        

ピンポン 第8話「ヒーロー見参」 (アニメ)

                 
t02_20140707195217afc.jpg
インターハイ予選を控えて、トレーニングセンターで大学生に交じって練習をするペコ。ペコがまだ卓球を続けていたことを、オババから知らされた小泉は、ペコの分も出場登録を行った。一方、予選で販促のためにポセイドン製のマットが使われることを知った百合枝は、ドラゴンに「竜ちゃんはもっと自分のために卓球をするべき!」と迫る。そしてついにインターハイ予選神奈川大会が始まる。会場で話題の中心にいるのは、見違えるほど闘争心に目覚めたスマイルだった。

あれから1年、再びインターハイ予選がやってきた。学校をサボリ、トレーニングセンターで大学生に交じって練習をし続けたペコも大会に参加し、2回戦でチャイナと対戦する。チャイナはあれからコーチとして辻堂に馴染んでいく中で変化を遂げていたが、それでもまだどこかでプレイヤーとして頂点を取って中国に戻ることを諦めきれないでいた。今度こそは風間を倒し、そして本気の月本を倒すと意気込んだチャイナだったが、そこに1年前、完全に打ち負かしたペコが立ちはだかる。

学校に行くのを止めて近代的なトレーニングに励んだペコが新たなそして本当のヒーローとして躍動を始めたのに対して、チャイナとそしてスマイルと小泉という学校の部活にすっかり馴染んだ面子には情にほだすような和気あいあいとしたエピソードを用意しつつも勝負の結果には辛いものを用意してあるというのが本作の残酷さであり妙ではある。
                 
        

ピンポン 第7話「イエス マイコーチ」 (アニメ)

                 
t03_201407051957302e5.jpg
ついにスマイルのもとに海王からスカウトがやってくる。「この掃き溜めのような環境で打ち続ければ君の才能はくさる」と告げるドラゴン。スマイルへの説得を終え、帰路に就くドラゴンの胸に去来するのは過去の苦い思い出だった。また、復帰を決めたペコはオババにしごかれる。神社の階段で吐くまで走りこむペコ。さらにオババのコネで、日本代表育成センターに潜り込んで卓球の勘を取り戻そうとする。そしてスマイルは、小泉に連絡することなく失踪する。

オババの指導のもと、猛特訓に励むペコ。最初、基礎体力作りで全くラケットを握らせてもらえないペコ。このへんは中学あたりの卓球部経験者にはほろ苦い記憶が蘇ってくるシチュエーションではないだろうか。小泉の過去の因縁に重ねるように、来るべきスマイルとの対決の伏線として、ペコは膝を痛めてしまうわけだが、同時に年を取ったオババの指導者としての限界も示されてされていた。そして、小泉と同じくそれをオババは自覚しているからこそ近代的なトレーニングを受けられる育成センターにペコを預ける。逆にスマイルは海王からのスカウトを断り、片瀬の部活を続けることを決めて小泉と心中する形となるわけで、このへんの両サイドの立ち位置の移り変わりが後の展開を考えると面白い。
                 
        

ピンポン 第6話「お前誰より卓球好きじゃんよ!!」 (アニメ)

                 
t05_20140703221803571.jpg
卓球を辞めたペコは、タムラ卓球道場に入り浸って、お菓子ばかり食べていた。一方、小泉とともに練習を重ね、勝つために自分を研ぎ澄ませていくスマイル。その分、部活のメンバーとの間には不協和音が目立つようになってくる。さらにスマイルが海王に引き抜かれるといううわさも出回る。スマイルを海王に招きたいドラゴンは、一人浴槽で、勝利だけを求める理事長の言葉を思い出していた。冬が深まっていく中、それぞれの時間が過ぎていく。

卓球を辞めたペコの前にアクマが現れる。お前誰よりも卓球好きじゃんよ!! アクマから見ればペコは幼い頃からの憧れのヒーローであり、スマイルよりもずっと才能を感じさせる存在なのであった。アクマは死に物狂いの努力をしろとペコに発破をかける。このペコの才能を見抜いているのが他にもいて、オババとそしてスマイルというのがここまでの伏線でもあり、同時にその才能を見抜けなかったドラゴンやチャイナの限界が暗に示唆されてもいる。

ここからスマイルに代わってペコが主人公のパートが本格的に始まり、夢をつかむためのベタなスポ根ヒーロー物語的な展開になっていく。
                 
        

ピンポン 第5話「どこで間違えた?」 (アニメ)

                 
t04.jpg
インターハイで優勝したドラゴンはさらにユースオリンピックのシングルでも優勝し、凱旋帰国した。帰国後の記者会見でドラゴンは、はっきりと海王には月本選手レベルのプレーヤーが必要と語る。ドラゴンの発言は海王学園のチーム内に微妙なさざ波を巻き起こす。そのころ、チャイナやペコもそれぞれの時間を過ごしていた。穏やかな時間の中で二人の心の中に去来するものは何か。

アクマに負けたペコは卓球から遠ざかっていた。一方、小泉による指導を受け入れることにしたスマイルは猛練習の日々を送る。片瀬のエースは既にペコではなく、スマイルになっていた。ドラゴンはインターハイとユースオリンピックのシングルスで栄冠を手にしていたが、団体戦では涙を呑む結果となり、海王が常勝であり続けるためにはスマイルのような高いレベルの選手がどうしても必要だという考えをますます強める。しかし、スマイルへの執念で他の部員のことが目に入らなくなったドラゴンに海王の他の部員は複雑な表情を浮かべる。チーム内に不協和音が響き始めたのは海王だけでなく、師弟としての結びつきを強めた小泉とスマイルにより、全てがスマイルのためのチームに変えられた片瀬もそうであった。スマイルだけが1軍でそれ以外が2軍という現状に他の部員は居心地の悪さを顕にし始めていた。

それぞれ複雑なチーム事情を抱える中、ドラゴンのスマイルへの想いが納得出来ないアクマは個人的な対外試合を禁止する部の規則に逆らい、スマイルと戦うために練習をサボって単身片瀬へと乗り込む。幼い頃から誰にも負けないほど卓球に情熱を注いできたアクマ。ドラゴンの心がスマイルに支配され、自分のことを見てくれないことへの嫉妬か、あるいはチームの中で風間のスマイルへの想いにうんざりしている空気があり、その空気が突き動かした鉄砲玉としてか、アクマはスマイルと戦う。

しかし、まるで予定調和のようにアクマは見事なまでにスマイルに屈する。お前よりずっと努力しているのになぜなんだというアクマの悲痛な叫びに才能がないからだと冷たく返すスマイル。そのやりとりを寂しそうに見つめるペコ。このアニメのテーマである努力と才能のせめぎ合いが今までのエピソードの積み重ねによる集大成的に描かれた他、勝利至上主義と実力主義が生み出す軋轢や和の乱れというものも演出しており、比喩的に社会をそのまま写していた。圧倒的な才能に立ち向かっていくアクマがその実誰よりもドラゴンという最強の存在を慕って、その後ろにつき従うというのも皮肉が効いていて、だからこそ彼の悔しさがよく伝わってくる。彼はスマイルではなく、自分こそがドラゴンになれるとスマイルと戦うその直前まで信じていたのかもしれない。その滑稽さが切ない回であった。そしてその滑稽さが今回もまたペコに重ねられている。
                 
        

ピンポン 第4話「絶対に負けない唯一の方法は闘わない事だ」 (アニメ)

                 
t02.jpg
チャイナと対戦し、敗れるスマイル。小泉はその試合を見て怒りをあらわにする。「たいして勝つ気もないやつが、ひやかしで打つんじゃないよ!」。そんな小泉にオババが話しかける。「昔とダブるかい?50年以上前の自分と」。一方、ペコはアクマと対戦する。やることなすこと垢抜けてなんでもできたペコ。そのペコをなんとしてでも倒す。アクマの決意は固かった。果たして試合の結果は……。

スマイルはチャイナを後一歩のところまで追い詰めるものの、逆転負けを喫してしまう。スマイルが後のないチャイナの事情を察して手を抜いたと考えた小泉は激怒してスマイルの顔を叩き、「ああいう試合は関わるもの全てを不幸にする」と叱責する。

一方、ペコはスマイルと一緒に同じ卓球場で幼少期を過ごした幼馴染の佐久間(アクマ)と対戦する。過去の対戦成績は圧倒的にペコが勝ち越しており、小さい頃から常に中心にいるヒーローだったペコに対するコンプレックスをアクマは努力するための糧と変え、研鑽を積んできた。二人の試合を下手くそと呟いて冷めた目で見つめるスマイル。ペコはアクマに終始ペースを握られたまま敗れる。

スマイルが手を抜かなければ風間とスマイルが対決するはずだったインターハイ出場権の獲得となるベスト4を賭けての戦い。風間の相手はスマイルを破ったチャイナ。自信を覗かせるチャイナだったが、風間に圧倒的な実力差と勝利への執念の違いを見せつけられ、為す術もなく敗れる。スマイルがチャイナに対して手を抜いたことに対する小泉の言葉がここに係っているのか、とうとうチャイナは自分の限界を悟り、選手としての卓球に見切りをつけ、新たな人生のスタートラインに着くことを決断する。

そしてこの幼いころは中国のナショナルチームにも選ばれたほどのエリートだったチャイナの落ちぶれた姿と、同じく幼いころは皆の憧れの的でヒーローだったペコが現在ではスマイルに冷たい目で見られる様が静かに重ねられている。
                 
        

ピンポン 第3話「卓球に人生かけるなんて気味が悪い」 (アニメ)

                 
t03 (1)
各人の思いを飲み込むようにインターハイ予選が開幕した。準々決勝のうるさい相手を叩けば、ベスト4に残って全国行きを決めることができる。ペコの準々決勝の相手はアクマこと佐久間。ペコとスマイル、アクマはタムラ卓球場で一緒に卓球を始めた仲間だった。アクマは風間竜一(ドラゴン)率いる常勝・海王学園へと進学したのだった。そのドラゴンはチャイナの試合を観戦しながらスマイルに話しかける。「私はね、月本君。君のプレーが嫌いだ」。

インターハイ予選が開幕。スマイルは3回戦でチャイナと対戦する。顧問の小泉や試合前に話しかけてきた風間(ドラゴン)の想いに刺激されたスマイルは勝負に対する気迫を漂わせ、今までペコには見せたことのないような勝ちにこだわった卓球を見せる。

スマイルとチャイナだけではなく、彼らと戦って敗れ去るモブキャラ達がそれぞれ卓球に懸けてきた想いを部活経験者の共感を誘うようなフレーズとして小気味良く挟みながら展開していく演出が見事で、この作品のテーマの一つである努力だけではどうにもならない持って生まれた才能の差というものをモブキャラ(凡人)とスマイルやチャイナとの違いに表して我々に詩的に語りかけてくるところが味わい深かった。圧倒的な実力の差に対する「諦め」もポイントで、この詩的で滑稽なエピソードが綴られるのがピンポンという作品の前半部に当たる月本(スマイル)が主人公のパートならではの魅力といえる。

ちょっと気になったのは漫画のようなコマ割りのビジュアル演出で、少ないカットで躍動感を出そうとしているのかもしれないが、要所で効果的に使用するに留めるならともかく、多用しすぎで目で追っていてちょっと疲れる演出のように感じてしまった。
                 
        

ピンポン 第2話「スマイルはロボット」 (アニメ)

                 
t05.jpg
チャイナこと孔 文革にスコンク(無得点)で負けたことにショックを受けるペコ。一方、スマイルは小泉から「ペコとはもう打つな」と告げられる。小泉はスマイルに、勝負の執念に欠けているという弱点をインターハイまでに克服するのだと命じるのだった。だが、スマイルは小泉のいうことには耳を貸さず、小泉が始めた朝練にも出席しない。スマイルは「強くなるとか、優勝するとかそういう卓球をやりたくないんだ」というが……。

スマイルの才能と実力に惚れ込んだ片瀬高校卓球部の顧問である小泉は、スマイルに付きまとい、強引に猛練習をさせようとするが、スマイルに煙たがられてしまう。また高校卓球界の王者、海王高校の風間(ドラゴン)が登場し、彼も中学時代のスマイルの試合を観てその潜在能力の高さが気になっていたというエピソードが披露される。

卓球でこの星の一等賞になりたいというペコに対して、スマイルは勝負の執念に欠けていた。卓球は暇つぶしに過ぎず、楽しくなければやりたくないという超マイペースなスマイルは、他人に干渉されるのを嫌い、意図的になるべく目立たないようにしているほど殻に閉じこもった存在でもあった。しかし、それでもスマイルを諦めきれない小泉は、スマイルに勝負を挑む。

ややエキセントリックな表現はあるものの、このスマイルの内向的で神経質なところとか、卓球部にありがちなキャラクターだし、我が子に近いかもと感じる世の親御さんも多くいるのかもしれない。といったところで、リアリティがある作品ではある。
                 
        

ピンポン 第1話「風の音がジャマをしている」 (アニメ)

                 
t03.jpg
春。片瀬高校の体育館。卓球部の顧問・小泉丈はメガネのカットマンがいるのに気づく。今年入部した期待の二強の片割れ、月本誠(スマイル)だ。そのころもう片方の片割れ、星野裕(ペコ)は、タムラのオババがやっている卓球場で、挑戦してきた一般人をカモにしていた。幼い頃、スマイルを卓球に誘ったのはペコ。対照的な性格の二人だが、今も行動をともにすることは多い。部活をさぼって辻堂学院高校まで足を伸ばした二人。そこには中国からの留学生・孔文革がいた。

ピンポン、それは卓球ラブストーリー。作画が原作漫画そのままのタッチで、窪塚洋介主演の実写映画版に比べるとビジュアルにアクが強くて爽やかさはあまりないものの、卓球部を舞台にオタクと不良を絶妙にミックスさせたような個性を持たせたキャラクター達が躍動する様は実写映画ではとてもできない表現の内容で面白い。

第1話となる今回は主人公のペコとスマイルが辻堂学院高校に入ったという中国人留学生(チャイナ)を偵察する。そこでチャイナとペコが対戦して、ペコは1ポイントも取れないまま負けてしまう。ペコとスマイルの所属する片瀬高校の卓球部ではペコが1番強くてスマイルが次という序列だが、チャイナも片瀬高校卓球部の顧問もスマイルのほうが見込みがあると考えていた。そう、実はスマイルは……。というのがこの作品の一つのポイントで、ペコとスマイル、二人の親友がそれぞれ抱える卓球という競技に対する姿勢やコミュニケーションの問題を孕みながら物語は展開していく。
                 
    
> ピンポン