はま寿司でランチ

                 
IMG_0481_20170803205641b87.jpg

回転寿司が暑気払いになるのかどうかは分かりませんが、ひんやりしたものが食べたくて平日は1皿90円のはま寿司に入りました。

IMG_0472.jpg

はまち。はま寿司は全く寿司が回ってなかったとびっ子と違い、一つのレーンで通常のものも注文したものも一緒になって回っており、とりあえず回っていたはまちを取ったんですが、今時の回転寿司ですから時間管理がきちんとなされているのだろうとはいえ、それでもネタとシャリに時間経過で乾いてへたったような劣化が若干あったように思いました。

IMG_0473_20170803205644886.jpg

基本のまぐろ。

IMG_0474.jpg

フェアメニューの宮崎紅鮭だったかな。いくらがちょっぴり載った贅沢仕様。100円の範囲内で非常に凝ったものを感じたものの、通常のサーモンにあるなんちゃってトロっぽさがあまりない赤身仕様なので、そのへんは好みが分かれそうです。

IMG_0475.jpg

えんがわ。薄いと云えば、薄いのだけれど、とびっ子ほどではありませんでした。とびっ子に全然客が入らず、はま寿司が繁盛する理由がこの一皿に象徴されているような感じ。

IMG_0476.jpg

かれい。

IMG_0477_20170803205700db1.jpg

一皿150円で一貫仕様のうに。コピーなのだろうけど、コピーっぽさがあまりありませんでした。、

IMG_0478_201708032057021e1.jpg

つぶ貝。

IMG_0479.jpg

えび。

IMG_0480_201708032057054fe.jpg

漬け真いか耳。いかのこりこりを尖らせたような食感。自分は通常のイカの方が好みでした。


全体的にとびっ子のほうが自分の席に一皿一皿新幹線が停車して届けてくれるのでわかりやすさがありますが、ネタの質なら間違いなくはま寿司の方が上でしょう。はま寿司はチャイムとアナウンスがあちこちで鳴っているのが店内の騒々しさに拍車をかけているのと、人によっては注文したら取り逃がさないように緊張感から解放されないシステムになっているのが少し気になるところでしょうか。
                 
        

とびっ子でランチ

                 
とびっ子
とびっ子

ちはら台にあるとびっ子というスーパー回転寿司やまとのグループが運営している100円回転寿司の店舗でランチ。

回転寿司っていうけれども、寿司はもう全く回ってなくて、完全にオーダー制でした。タッチパネルで注文すると各テーブルへと新幹線をモチーフにした乗り物が皿を載せて運んできます。これはこれでいいんですけど、果たしてくるくるレーンは何のために存在しているのでしょうか。

えんがわ

えんがわ。メニューの写真よりだいぶ小じんまりしていました。食感もかろうじてえんがわっぽさがあるという風。

デカネタまぐろとサーモン

デカネタまぐろとサーモン。デカネタまぐろは100円にしては頑張っているのかなとは思いました。もうちょっと厚みがあると嬉しいでしょうか。サーモンの方は安定したクオリティで、回転寿司で人気ネタ1位の座に君臨するのも分かる気がしました。

あん肝

あん肝。濃厚でコクがあるというわけでもないのに、何故か痛風になりそうなテイストだけは感じることができました。

石垣貝

石垣貝。ちょっと食感が大人しかったかな。石垣貝とはこういうものなのかもしれません。個人的にはつぶ貝や赤貝の方が好み。

えび

えび。蒸しエビなんてどこで食べても美味しいだろうという気もするのですが、これもそれなりに美味しかったです。

うに

うに。これは150円。少し不自然に思う程度にプリプリ感や瑞々しさが強調されていてコピー食品っぽさがあるのですが、一応うにっぽいコクや香りが口の中で広がりました。臭みもほとんどなく、食べすかったです。

全体的に、サイドメニューや創作系の充実ぶりに比べて、肝心の握りのレパートリーが少なく、寂しいように思いました。
                 
        

ミニストップ マンゴーパフェ

                 
ミニストップ マンゴーパフェ

ミニストップの350円のマンゴーパフェ。冷凍もののフルーツにそれなりにコクのあるアイスを使用したそこそこ美味しいスイーツで、気取っていない、しかしチープ過ぎないその絶妙な塩梅の作りに庶民の自分は安心します。
                 
        

ミニストップ 完熟バナナソフトミックス

                 
ミニストップ 完熟バナナソフトミックス
ミニストップ 完熟バナナソフトミックス

ミニストップの完熟バナナソフトミックス220円。バニラとバナナのハーフで、どちらもそこそこコクがあり、コンビニのアイスとしては十分過ぎる出来でしょう。個人的にはもう少し濃厚さやリッチな深みがあれば完璧だと思いましたが、これぐらいのほうが気取らずに食べられていいのかもしれません。さっぱりしていて老若男所問わず食べやすい味わいに感じました。
                 
        

とんかつ食べ歩き41 千葉県千葉市中央区長洲のトキ松のカツ丼セット 890円

                 
千葉県千葉市中央区長洲のトキ松のカツ丼セット
千葉県千葉市中央区長洲のトキ松のカツ丼セット
千葉県千葉市中央区長洲のトキ松のカツ丼セット

本千葉駅の近くにあるトキ松にてカツ丼セットを頂く。平日の昼間というだけあってどこも飲食店はそれなりに混雑しているなかで空いていたのがこのトキ松だった。ロケーション的にそれほど悪くないだけに、この空き具合は不安にさせたが、かといって混んでいる中、慌ただしく食事をする気分ではないこともあり、ここをチョイス。

蕎麦はありがちな駅そばよりは美味しく、麺の繊細さや風味が良い感じであった。ウエストレベルではあるだろうか。カツ丼は、堅めの肉に衣がややしんなりしているのが気になるが、一応出来たて感は味わえた。

他の店との差別化を図るためにもう一つ何か捻りやサービス追加があれば化けそうな気もするのだが……。

個人的評価 ★★★★ 3.5
                 
        

ローソン ゲンコツコロッケとでか焼鳥のぼんじり(タレ)ともも(塩)

                 
ローソン ゲンコツコロッケとでか焼鳥のぼんじり(タレ)ともも(塩)

ローソンのカウンターFFの焼き鳥とゲンコツコロッケ。焼き鳥もゲンコツコロッケもそれなりにできたて感とボリュームがあってスーパーの惣菜レベルには達しているのではないかと思います。
                 
        

とんかつ食べ歩き39 千葉県市原市五所のウエスト市原店のカツ丼セット(蕎麦3玉) 870円

                 
千葉県市原市五所のウエスト市原店のカツ丼セット(蕎麦3玉)
千葉県市原市五所のウエスト市原店のカツ丼セット(蕎麦3玉)
千葉県市原市五所のウエスト市原店のカツ丼セット(蕎麦3玉)

ボートピア市原の近くにあるウエストでカツ丼セットを食べる。博多うどんがウリのチェーン店だが、蕎麦に限り3玉まで増量が無料で出来るとのことなので蕎麦をチョイス。

供されるまでにいっぱしの時間を要した蕎麦はなかなかの風味と繊細さがあるものの、カツは腑抜けており、全体的にはゆで太郎と同程度か少し劣るぐらいのクオリティなのではないかという感想を抱いた。それなのに、メニューを見ると客単価800円程度は見込んでいるようで、ゆで太郎に比べると少し割高な印象に思えてしまうのが気になるところ。

ただ、蕎麦3玉はさすがにボリューミーでこれだけの食べごたえを870円で堪能できたのは満足。年中無休で一部の日を除いて基本的に24時間営業のようなので深夜や朝早い時間でも食べられるのも嬉しい。夜食や朝食で困ったときに、あるいはギャンブルで勝って浮かれ時に、細かいことを気にせずガッツリと行きたいなら結構オススメの店と云えるのではないだろうか。

個人的評価 ★★★★ 3.5
                 
        

銀のあん クロワッサンたい焼

                 
クロワッサンたい焼

築地銀だこのホットランドが展開させている「銀のあん」というたいやき屋で目玉メニューのクロワッサンたい焼を購入してみました。210円。

食べてみると確かにクロワッサンのようにサクサクパリパリしていて香ばしく、それでいて軽すぎず、厚みがあって中身が詰まっている感じの食べごたえはユニークでありました。話題になるだけあって、クロワッサンたい焼、なかなか美味しいじゃないですか。でも、僕は普通のたい焼きの方が好みです。
                 
        

とんかつ食べ歩き37 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央のマクドナルドおゆみ野店のチーズカツバーガーとクォーターパウンダー・チーズ 390円+400円=790円

                 
マクドナルドおゆみ野店
チーズカツバーガーとクォーターパウンダー・チーズ
チーズカツバーガー

マックカードを頂いたのでおゆみ野マックで45周年キャンペーンとして販売されていたチーズカツバーガーを購入。原価厨の僕なので一緒に頼んだのはポテトやドリンクなどのサイドメニューではなく、クォーターパウンダー・チーズ。

キャベツが申し訳程度にしかサンドされていないのがチープさを醸しているチーズカツバーガーはその分カツに期待しようとしても、肝心のカツの肉質を味わえる余地もあまりなく、舌に伝わって口の中で広がるのがほとんどチーズの食感と風味であったのが気になった。これはこれで美味しいのだけども、もう少しカツとしての厚みがあれば尚良しとは思う。

通常のハンバーガーに比べてパテが2.5倍のサイズというクォーターパウンダーはボリューミーではあるのだけど、これならハンバーガーを4個買うのでもいいかなと思わせたのは、スライスオニオンが切れていたので普通のオニオンに代えさせていただきましたという店員からの説明があって、確かにこのクォーターパウンダーには玉ねぎの辛味を含めたフレッシュ感が全くなかったのも多少は影響しているだろうか。

個人的評価 ★★★ 3.3
                 
        

とんかつ食べ歩き35 千葉県千葉市中央区富士見のなか卯千葉富士見店のカツ丼(大盛) 650円

                 
rGijBG2qg46PCt41477250210_1477250573.jpg
OYDujUaR5ErFfYR1477250593_1477250672.jpg
vNvTs9H4s1LmDHi1477250698_1477250736.jpg

前回はすき家でしたが、今回はなか卯で牛丼食べて艦これカードとグッズをゲットしようキャンペーンをやっていたので、元トラック泊地元帥として視察の必要性を感じ、千葉駅のナンパ通り沿いにあるなか卯へと赴きました。

すき家と同じゼンショーグループなので、キャンペーンの内容も前回のすき家の時と大体似通ったものになっているのですが、グッズに応募出来る商品とカードがもらえる商品が別になっていたりと以前より阿漕な商魂が露骨になっており、流石ブラック企業大賞要努力賞を受賞したゼンショーさんだと感嘆せずにはいられません。

恐怖と誰もいない店内で誰かの目に震えながら券売機の艦これキャンペーンカード配布対象商品のボタンを押すと、すき家と違ってなか卯には存在するカツ丼の大盛を注文。ものの数分でサーヴされたカツ丼は若干衣に歯ごたえを感じる部分があるものの、レンジで温めただけのようなペラい作りにがっかりさせられました。ごはん大盛りにしたとはいえ、これで650円は少し物足りない気もしますが、カツをとじている格好の卵の妙なプルプル感には少しクセになりそうな魅力もあります。

個人的評価 ★★★ 2.8

IMG_2384-001.jpg

おまけ、いやメインの3Dカードの中身は山城。はじめ、扶桑ちゃんだと思ったんですが、ネットで確認して山城だと気づき、元帥アピールしてる自分ももう山城と扶桑の違いもわからなくなったほど老いたのだと寂寞の思いを抱くのでありました。あのキス島沖3-2-1でレベリングに耽っていた時間はもう戻ってこないことに落涙するばかりです。でも、元帥とアピールさせて。だってだって、那珂ちゃんのこと好きな提督のみんななら分かるでしょ? 元帥キープし続けることがどれほど大変なことか。
                 
        

ローソン 黒のチョコチャンクスコーン

                 
IMG_2248.jpg

ローソンのカウンターフーズのドーナツから黒のチョコチャンクスコーン。150円。夢工房のスコーンがパンとビスケットの中間でややビスケットよりだったのに対するとこちらはしっとりしていてパンの方に寄せた感じの作りでした。少し歯につくような柔らかさが気になりますが、黒チョコと白チョコの組み合わせと併せてなめらかで美味しかったです。ローソンのドーナツはスコーンやビスケットなどラインナップが他のコンビニとは一味違っていて見ているだけで面白いですね。
                 
        

とんかつ食べ歩き22 千葉県千葉市緑区古市場町のゆで太郎古市場店のジャンボかつ丼 600円

                 

3Wag60x5gUxYPC41465631778_1465631880.jpg
HgUoAyZtHOMxFcu1465633982_1465634007.jpg

気づけば市原市近辺でもあちこちで見かけるようになったゆで太郎でジャンボかつ丼を食べる。チェーン店なのに店内にはセルフサービスで水の他にそば湯も用意されているのは嬉しい。

元気の良い発声で番号を呼び続ける店員の喉の具合を心配しながら食べたかつ丼はジャンボを名乗るだけあってカツはなかなかのボリューム。脂身かというほど柔い肉質には少し違和感を覚えたが、600円なりに満足できる一杯を味わうことが出来た。ただ、一緒に出てきたそばつゆを少しだけ薄めたような味のたぬき汁はしょっぱくていけない。これが味噌汁なら、と思うのだが……。このたぬき汁、どこに需要があるのか。それとジャンボを名乗るのだからごはんの盛りはもう少し良くてもいいかなという気はする。

個人的評価 ★★★★ 3.5
                 
        

丸亀製麺 釜揚げうどん(並)とえび天といか天

                 
IMG_2013.jpg
IMG_2014.jpg

毎月1日は丸亀製麺で釜揚げうどんが半額になる日なので僕も久しぶりに丸亀製麺でうどんを食べてきました。頼んだのは当然釜揚げうどんの並で通常290円のところが140円。天ぷらにはえび天(150円)といか天(110円)をチョイス。僕の他の方々も見事なまでに皆注文は揃って釜揚げうどんでした。相変わらずコシのあるツルツルした麺とサクサクした軽やかな食感の天ぷらが楽しめて、これで400円なら満足でしょう。1日さまさまです。
                 
        

吉野家 豚ねぎ玉丼

                 
IMG_1899.jpg
IMG_1900.jpg
IMG_1901.jpg

吉野家で十勝帯広スタイルじゃない方の豚丼が復活したと聞いて食べてきました。この時はキャンペーン価格で並盛り300円にねぎ玉オプションで計400円。

いやー、懐かしいですね。昔、狂牛病騒動で牛丼チェーン店のメニューから牛丼が消えて、代わりに投入されたのが豚丼だったわけですが、これがそこそこジューシーで美味しかったもので当時はよく食べました。肉が薄くてインパクト弱めではあるものの、牛丼にありがちな屑肉感がないんですよね。今も当時の感想そのままの素晴らしい味わいでした。ただ、やっぱり牛丼のあの屑肉感が僕は好きなんだとほんのりセンチメンタルになってしまう、そんなところまで当時と一緒でした。
                 
        

ビアードパパ クッキーシューと北海道生クリーム仕立てのミルクシュー

                 
IMG_1865.jpg
IMG_1866.jpg

ビアードパパのクッキシュー(180円)と期間限定のミルクシュー(230円)。やっぱりビアードパパのシュークリームは美味しいなあ。サクサクの皮とトローリしたなめらかな中身というすごく分かりやすいコントラストがたまらんのですよね。
                 
        

築地銀だこ たこ焼

                 
IMG_1863.jpg
IMG_1864.jpg

たこ焼きじゃなくてたこ揚げと改名して欲しいという要望もあるぐらい不自然に皮がパリッとしているのが特徴の築地銀だこのたこ焼です。一舟8個入りで550円。ちょっとお高い気もしますけど、この油をたっぷり使って実現させた皮のジャンクな食感と中にあるしっかりしたコクの組み合わせはやみつきになるファンもいっぱいいるんだろうなあと思えるぐらいの美味しさです。
                 
        

すき家 新とりそぼろ丼とん汁健康セット

                 
IMG_1828.jpg
IMG_1829.jpg
IMG_1830.jpg
IMG_1831.jpg

今、すき家で490円以上払って食べると艦これの3Dカードが貰えるという話を聞き、元トラック泊地元帥としてキャンペーン実施店の本千葉すき家に入渠してきました。お前らまだ艦これやってるのかよ。

注文したのは、とりそぼろ丼並(300円)ととん汁健康セット(260円)。とりそぼろ丼はボリューム感とインパクトに欠け、ガッツリ系男子には物足りないかもしれないけれど、女性客をターゲットに想定したメニューのようなのでこの上品ぶった和風だしのちょっぴり甘く優しいテイストで正解なのでしょう。健康セットは冷奴とひじき煮。言うほど健康セットか? どちらも冷蔵庫から出てきたばかりなのかよく冷えており、歯医者で抜髄をして根の治療を行っている身にこの冷たさがこたえました……。

貰ったカードは明石。知らない子ですね。俺が艦これやってた時にはいなかったはず。
                 
        

マクドナルド チキンてりたまMセット

                 
IMG_1784.jpg
IMG_1785.jpg

2年半ぶりぐらいにマクナルドのハンバーガーを食べました。前回食べたマクドナルドの商品は、100円のマックトースト。そんなのもありました。絶対レギュラー化はないだろうなあと思っていましたけど、やっぱりメニューから消えたままみたいですね。

そんな日曜日のランチ。これが脳卒中患者の食事です。国民の皆々様、これは僕が買ったわけじゃないので許してください。ドリンクもコーラですけど、これもあれもそれも僕が選んだわけじゃないんです。

食べたのはチキンてりたまのセットで、690円ぐらいするらしいです。てりやきバーガーのポークパティがポークではなくてチキンクリスプのちょっと凝った版みたいなパテになっているらしいですが、チキンクリスプと違いが分かりません。チキンクリスプに比べてちょっと厚みがあるかな? なんせテリヤキソースペタペタ塗られてますからねえ。そのてりやきのチキンクリスプ風パティの上にポーチドエッグというかコンパクトな目玉焼きみたいな形したお馴染みのたまごと申し訳程度のレタスが載っております。うーん、いつものマックでした。でも、このジャンクな味わいがクセになるんですよ。
                 
        

マルエイ 100円ソフトクリームと150円たこ焼き

                 
IMG_1580.jpg
IMG_1582.jpg
IMG_1585.jpg

マルエイ四辻店の駐車場内にある店舗で100円のソフトクリームと150円のたこ焼きを買ってみました。150円という驚きの安さのたこ焼きはタコの存在感がある割としっかりした作りでした。マルエイ自体にもっと魅力があれば常連に名乗りを上げたいところなのですが。
                 
        

日高屋 ニラレバ炒め定食

                 
IMG_1701.jpg

吉野家に入って牛丼を頼むぐらい気軽に中華料理を堪能できる日高屋でニラレバ炒め定食をいただきました。650円。

うちは味よりも値段で勝負とは日高屋自身(社長)の言とのことですが、如何にも化学調味料をふんだんに使ったようなくっきりとしたメリハリの付きすぎている味わいは、それでもジャンク的なチープさと大衆食堂で食べるような手作り感との中間のところまで持ってきていて多くの人が惹きつけられる何かを感じるのも分かる気がしました。人それを「そこそこ」と言うのかもしれませんが。
                 
    
> ファストフード