名探偵コナン 漆黒の追跡者 (映画)

                 
名探偵コナン 漆黒の追跡者劇場版 名探偵コナン 漆黒の追跡者 スタンダード・エディション [DVD]
東京、神奈川、静岡、長野で6件の連続殺人事件が発生。警察の捜査会議に参加したコナンは、そこで刑事に変装した黒ずくめの組織のメンバーを発見する。

2009年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第13作。

天国へのカウントダウン』以来に黒ずくめの組織が登場してコナン達と対決していく。プロットとしては、土台となる連続殺人事件があって、それに黒の組織が直接関わっているわけではないが、思惑があり様々な側面からアプローチをしているというもので、劇場版ではお馴染みの二段重ねの構成になっている。

コナンの正体を既に知っているベルモットの他、本作のゲストキャラであるアイリッシュが警察の捜査員の一員として潜入しており、彼に工藤新一の生存と工藤新一の正体がコナンであることを突き止められてしまうことで、コナンにとっては自分の正体がバレたのではないかと疑わせた『探偵たちの鎮魂歌』以上の危機を迎えることになる。

しかし、それだけに作中のクライマックスのシーンで、どんな奇跡が起きても正体がバレるか殺されてしまうかになるだろうという絶体絶命の窮地へと追い詰められたコナンを救出することになったのが、よりにもよってアイリッシュと同じ黒の組織に所属するジンのヘマというのは滑稽さと力技で無理やり締めたような違和感が存在していた。ジンがコナンの事を聞く前にアイリッシュを射殺してしまうのは、ここまでしか踏み込めないという劇場版の苦しい事情と同時に、平気で仲間を裏切って殺すような組織にハッピーな結末は訪れないという作品の強いメッセージが伝わってくるようであった。

気になる点として、そもそも公に工藤新一の名が出ることを伏せているコナンの配慮は、黒の組織へ工藤新一の生存が伝わったら蘭達に危険が及ぶ可能性があるからという理由だったはずだが、本作ではそんなことはおかまいなしに黒の組織のアイリッシュと蘭が平気でバトルを繰り広げているところが挙げられるだろうか。

また、散々アイリッシュに殴られるなどして痛めつけられ、極めつけはトラウマになるレベルで銃を撃たれ続けたコナンが、ラストにその憂さを晴らすかのようにジンの乗ったヘリにアタックを仕掛けて一泡吹かせる形で幕を閉じているのはカタルシスが得られる一方で、終わってみればジンがただの道化のような役回りでしかなかったのも一抹の寂しさを覚える。
                 
        

名探偵コナン 戦慄の楽譜 (映画)

                 
名探偵コナン戦慄の楽譜劇場版 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア) [DVD]
ピアニストが主催する音楽アカデミーの出身者ばかりを狙う連続殺人事件が発生する。そんな中、コナンたちは世界的なアーティストが集まるコンサートに招かれる。主役は一人の天才女性歌手だったが、その歌手の命が狙われ…。

2008年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第12作。

音楽家がターゲットにされた事件の謎をコナンが追いかける。音痴だけど絶対音感を有しているというコナンの設定が活かされていたのはユニークで好奇心をそそるものがあったが、アーティストの芸術へのこだわりをテーマにしている割に作品へのこだわりはあまり感じさせない。プロットとしては、『時計じかけの摩天楼』や『天国へのカウントダウン』などを踏襲した無難なものにまとめられており、お約束のようにあちこちで爆発したりと既視感のある展開が待っている。

その中で、元太が犯人に狙われたソプラノ歌手の身代わりとなる格好で薬物入りのお茶を飲んで悶え苦しむシーンにはヒヤリとさせられるものの、ここで元太が死なないことが単なるご都合主義のフォローや配慮ではなく、事件の全貌を解き明かす鍵に繋げられるという仕掛けとして機能させているのにはオリジナリティと巧さを感じさせた。ただ、それ以外では踏み込みが足りないせいか、スリルやドラマとしての盛り上がりなどに欠け、既存の劇場版作品の焼き直しという印象は拭えない。
                 
        

名探偵コナン 紺碧の棺 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺 [DVD]劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺 [DVD]
太平洋に浮かぶ“神海島”へ、小五郎と共にバカンスに訪れたコナンたち一行。島に居合せたトレジャーハンターがサメに襲われ死亡したことから、コナンは捜査を開始する。

2007年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第11作。

バカンスにやってきた島で海底宮殿に眠ると言い伝えられているアン・ボニーとメアリ・リードの宝を探すトレジャーハンター達の物語へと巻き込まれていくコナン達。今作はサスペンスというよりもアドベンチャーとしての雰囲気が色濃く、少年探偵団が参加したオリエンテーリング風の宝探しという遊びが他のシーンと連係を保ちながら次第に本物の宝へと導かれていくという構成になっているのだが、シーン間の繋がりによる盛り上がりが弱いのでちぐはぐな印象を抱いてしまう。

アン・ボニーとメアリ・リードの関係を蘭と園子の友情にオーバーラップさせるという趣向も迫力がなく拍子抜けする程で、その他の登場人物の個性やポジションを生かした活躍をほとんど演出できていないのももどかしい。コナンが蘭の目の前で躊躇なく新一として犯人を追い詰めていくシーンに対しても後でフォローがあり、逼迫した状況下で最善を尽くすコナンの勇気と決断力を讃えたくなる部分もあったとはいえ、それでもやはり違和感を拭えなかった。エンターテイメントとしてもコナンという作品に対しての配慮やリスペクトを大きく欠いているという意味でも駄作と言えてしまう出来なのではないだろうか。
                 
        

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) [DVD]劇場版 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) [DVD]
コナンの正体を知る謎の黒い影にコナン、平次たちが決死の戦いを挑む。小五郎とコナンたちは謎の招待を受け、ある巨大な城へ向かうが…。

2006年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第10作。

10周年を記念してか今までの作品以上にオールスターの活躍を楽しめるようなサービス精神を感じさせる作りになっており、要所要所でコナンシリーズに登場する主要人物に見せ場が与えられている。メインはコナンと服部のコンビだが、キッドやキッドを追いかける白馬探などもコナンと平次に手助けする形で活躍を見せていた。もっとも、白馬にはキッドが変装していたというオチがついているが……。

今作の一番の見どころは工藤新一の現在の姿がコナンであることを知っているかのように犯人が仄めかしてみせるところで、それが効果的に作用してただならぬ雰囲気を漂わせることに成功している。事件の真相が明らかになるにつれてそれが制作サイドのミスリードであることが分かるが、なかなかのスリルを齎していたと思う。遊園地に閉じ込められ、時限爆弾をつけられた蘭と少年探偵団の命を救うために無理やり謎解きに参加させられる展開やシーン毎に配置されたギミックなどはなかなかサスペンスとして出来の良いものを感じさせたのに、シークエンスとして見るとそれらをうまく活かしきれているとは言い難く、徐々に尻すぼみしていき、結局無難で陳腐なクオリティとして小さくまとめられてしまっていたのは残念だった。
                 
        

名探偵コナン 水平線上の陰謀 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー) [DVD]劇場版 名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー) [DVD]
コナンたちの乗る豪華客船で処女航海中に殺人事件が起こる…。コナンの推理を超えたところに別の罠が!?

2005年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナンシリーズ第9作。

豪華客船での航海中に起こる殺人事件の謎をコナンが追う。今回のサスペンスドラマは二段構えであり、作中当初から怪しかった見え見えの存在をコナンが犯人として突き止めるが、実はそれはミスリードで真犯人に一番早くたどり着いてみせるのが毛利小五郎という珍しいパターンになっている。普段、迷探偵ぶりを発揮して道化役やコナンの操り人形を演じているおっちゃんの面目躍如が面白かったが、プロット自体はいまいちで、ジェームズ・キャメロンの『タイタニック』を意識したような映像演出も盛り上がりに欠く。

お約束として蘭が沈みゆく船の中で危機に見舞われるのも如何にもコナンに助けてもらうためだけに強引にそうしたという不自然な組み立て方で、意図が明け透けになっており白けてしまうのも残念。
                 
        

名探偵コナン 銀翼の奇術師 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン) [DVD]劇場版 名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン) [DVD]
舞台女優・牧樹里が怪盗キッドの犯行予告状を持って毛利探偵事務所に現れる。そこには“運命の宝石”を盗み出すと書かれており…。

2004年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナンシリーズ第8作。

コナンと怪盗キッドの対決を軸にした前半パートとコナンとキッドが協力して航空機墜落の危機を乗り越える後半パートに分かれており、前半パートこそキッドが大胆不敵にもコナンの前で工藤新一に扮して蘭へ近づいてみせるなど趣向を凝らした演出を楽しむことが出来た。

しかし、舞台が航空機内に移った後半パートからはとってつけたような殺人の発生と推理劇が展開され、クライマックスに用意されたパニック系のフライトサスペンスに至っては折角の映画版なのだから派手なアクションをやりたいと逸る気持ちを抑えられないまま制作サイドが手を滑らせたようなお粗末な出来で、緊迫感のない冗長な内容になってしまっている。
                 
        

名探偵コナン 迷宮の十字路 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) [DVD]劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード) [DVD]
仏像や古美術を狙う窃盗団のメンバーが次々に殺される。同じ頃京都で仏像の捜索をしていたコナンたちは窃盗団を追ううち、この殺人に気付き…。

2003年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第7作。

義経と弁慶をテーマにして関連付けられた連続殺人事件の謎にコナンと服部平次が挑む。アニメとはいえ、舞台となっている京都の実在の観光名所がいくつも登場し、小五郎がお座敷遊びに興じていたりとなかなか風情を感じさせる作品になっている。

本作では服部平次がコナンから主役の座を奪うような格好で縦横無尽に活躍するという珍しいコンセプトになっており、殺陣やバイクでのチェイスシーンなどのアクションシーンや初恋に関するエピソードの伏線をきちんとエンディングで回収して無難に且つロマンティックにまとめているところなど、服部ファンならずとも見ごたえのある部分が多い。また、コナンにとっても服部というパートナーの存在によって推理がモノローグメインになっておらず、コミュニケーションによる張り合いを齎しているのも面白かった。

その一方で、京都や服部の魅力をアピールするPVのような作品に仕立てようとこだわり過ぎたせいか、サスペンスの要素などについては劇場版として物足りないレベルにあり、全体としてTVアニメの延長のような出来に不満を覚えてしまったことはコンセプトが好みであっただけに大変残念である。
                 
        

名探偵コナン ベイカー街の亡霊 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊【Blu-ray Disc】劇場版 名探偵コナン ベイカー街(ストリート)の亡霊
夢か幻か!? 歴史の迷宮に隠された真実をつかめ!
シャーロック・ホームズが活躍した100年前のロンドンにコナンたちが迷い込む!? 世界最高・仮想体感ゲーム[ノアズ・アーク]に挑むコナン!

2002年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第6作。

仮想体感ゲーム機「コクーン」によってバーチャル世界の中に突入し、100年前のロンドンでジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)による凶行にコナンたちが挑む。

バーチャル世界という設定を活かしてか、少年探偵団を含む多くの子どもたちが次々と死んでいくが、その死がバーチャルとはいえあまりに軽く、平然と受け入れられている。その中で、今までコナンがどんなことがあっても守り抜いてきた蘭までもが死んでしまう際にはさすがのコナンも心が折れそうになるシーンはそのギャップとそれを演出する仕掛けに趣を感じたものの、日本を背負って立つことが期待されている政治家などのエリートの息子や娘達がゲームの中で共同生活や死を体験することで性根が叩き直されていくという帰結に至るところはゲームで社会性が養われるというゲームの効能をアピールするメッセージを発していると同時にゲームの危険性をも示唆しているようであった。

切り裂きジャックの末裔であるという事実が知れ渡るのを恐れるあまりに殺人に至った犯人とゲームの中で友情や慈愛の精神を育んだ世襲の子ども達とのコントラストが残酷で、そもそも世襲制を批判しておきながら、雰囲気満点のロンドンでスリリングに展開される凶行と現実世界での殺人事件、それぞれ解決してみせるのがコナンと工藤優作になっているというのだから、なんとも皮肉めいていて哀愁を誘う。
                 
        

名探偵コナン 天国へのカウントダウン (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 天国へのカウントダウン [DVD]
キャンプの帰りに日本一の高さを誇るツインタワービルを訪れたコナンとクラスメイトたち。ところがビルの関係者が次々と何者かに殺害され…。

2001年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第5作。

黒の組織が登場して事件に深く関わっており、コナンが真相にたどり着いても犯人としての黒の組織の確保とまでは至らない歯がゆい結末になっている。しかし、それは元黒の組織の一員である灰原哀が自分の存在について葛藤していく中で少年探偵団やコナンに勇気づけられ、黒の組織への未練を断ち切り、過去と訣別して新たな未来に進んでいくというエンディングに繋げられており、カタルシスが得られるように計算されているものであった。

作品としては劇場版らしくスリリングなアクションを怒涛の展開で派手に見せてくれるものであったし、サスペンスとしてもそれなりの出来ではあったが、劇場版第一作の『時計じかけの摩天楼』の犯人の関係者を登場させることを伏線とした、芸術や創作への強い執着心が齎した悲劇であるという使いまわしたネタについてはややインパクトが弱い。勿論、これは陳腐にすることで黒の組織絡みのエピソードをより強く印象づける狙いなどがあるのだろうが。
                 
        

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE (映画)

                 
ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE(通常版) [DVD]
ルパン三世と江戸川コナンが競演した劇場版アニメ。幻の秘宝・チェリーサファイアを盗み出したルパン三世。同じ頃、海外の超人気アイドル・エミリオが来日。TV中継を観ていたコナンは、次元大介の姿に気付く。

2013年の日本のアニメ映画。

ルパン三世と名探偵コナンのクロスオーバー作品で、両作品の主要なキャラクターが最初は対決しながらも最後には大きな問題に対して協力して立ち向かうというお祭りムービー。

2009年にTVアニメスペシャルとして放送された企画ものの続編という位置付けで、コナンとルパンには既に面識があり、冒頭とラストにルパンと怪盗キッドがそれぞれお互いを意識したような趣向のシーンが見られるが、今回の作品では怪盗キッドは実質的にお休みとなっていた。

意識がはっきりした状態の蘭と園子の前でコナンが超人的ともいえるアクロバティックなパフォーマンスによる救出活動を行うというシーンがあり、それに対して蘭と園子が違和感や疑問を全く抱かず素直に喝采を送られているが、これは蘭の前では幼稚な子どものを振りを続けて自分が工藤新一であることを悟られないように細心の注意を払うコナンの気苦労の意味を喪失させてしまっているなど、コアなファンでなくともそれは大丈夫なのかと若干気になったシーンが散見するものの、ルパン組とコナン組のそれぞれのキャラの個性を生かした粋な組み合わせとやりとりがサービス満点に次々と演出されながら展開されていくので、全体的にはルパンとコナンのテイストをうまくミックスして無難にまとめられた娯楽作品として楽しめ、どちらのファンにとっても概ね満足出来るクオリティになっているように思う。
                 
        

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 [DVD]劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 [DVD]
現職刑事が次々に射殺される事件が起き、やがて蘭も事件に巻き込まれ記憶喪失になってしまう。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者 [DVD]

2000年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第4作。

現役の刑事が次々と射殺される事件が起き、やがてそれに巻き込まれた蘭が記憶喪失になる。その蘭の記憶を巡ってコナン達と犯人との間で激しい攻防が繰り広げられる。

ストーリーそのものは本格的なミステリーサスペンスを志向した風な骨太の出来で、微に入り細を穿つ演出に製作サイドの気合の入れようを感じさせるのだが、その割に場面展開の繋ぎ方が雑で、会話の流れに度々唐突で不自然さを感じさせていたり、過去の事件に連続射殺事件をリンクさせる過程があまりにも説明的過ぎて冗長であったりと、全体的に策に溺れている印象を抱くような違和感があった。

蘭の記憶に隠された真犯人の姿という設定も最終的にはあまり意味を成しておらず、蘭というヒロインキャラクターが犯人をおびき寄せる誘蛾灯の役割として銃口を向けられ弾丸を撃たれ続けるところがなんともシュールだった。ただ、蘭の両親やコナンと少年探偵団らが懸命に蘭を守ろうとする姿と、記憶を取り戻すことの恐怖と闘う蘭の姿からは分かりやすく感動が伝わってきて良かった。
                 
        

名探偵コナン 世紀末の魔術師 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]
青山剛昌原作、小学生になってしまった探偵が難事件を解明していく人気アニメシリーズの劇場版第3弾。怪盗キッドから“インペリアルイースターエッグ”を狙うと予告状が届く。コナンたちは早速大阪へ向かうが、逃走中のキッドが何者かに撃たれ…。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 世紀末の魔術師 [DVD]

1999年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第3作。

今作から怪盗キッドが登場。更に服部平次も登場して、コナンとの共闘を窺わせるものの、服部はあっけなく序盤で退場という扱いのまま終わってしまい、少し寂しさを感じたのが残念。あくまで服部は本作ではゲストというようなポジションであった。

前半部分はコナンVSキッドを描きながら、次第にキッドをフェードアウトさせて、後はいつもの名探偵コナン節といった展開になるのだが、キッドの存在感を我々に印象づけてそれを作品に常に効かせてあるから、単純に犯人とコナンとの対決の緊張感だけでなく、その裏に潜むもう一つの存在による介入に対しての期待や想像を膨らませながら楽しむことが出来る仕掛けになっているのが面白かった。

実際の映画本編はそれなりにメッセージ性に富んでいてドラマチックでありながらも、迫り来るピンチや犯人とのやり取り部分とそこに至るまでの過程で少し窮屈な作りになっていると感じたが、中盤からコナンのサポート役として影に徹していた本作ならではのキッドの魅力が、ラストの新一に変装して振る舞ってみせるキザで粋な演出に凝縮されていたのは素晴らしかった。

後からもう一度見なおして、キッドがどういう動きをしていたのか、思わずチェックしたくなるというところもうまい。名残惜しさを残して去っていった怪盗キッドに拍手を送りたくなる。アニメ版ではキッドの声を当てているのが新一役の山口勝平というのも考えれば趣きを感じるところだ。コナン対キッドというのは、ひょっとしたらコナン対新一というロマンも一緒に乗せているのかもしれない、そんなことを思った。
                 
        

名探偵コナン 14番目の標的 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]
謎の毒薬のせいで子供の姿になった高校生探偵・工藤新一が“江戸川コナン”の名を使い、数々の事件を解明していくTVアニメシリーズの劇場版第2弾。毛利小五郎の周囲の人間が次々に襲われ、事件のキーワードとしてトランプが残されるが…。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 14番目の標的 [DVD]

1998年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナン第2作。

まだ刑事だった頃の毛利小五郎に纏わる因縁から小五郎の周囲の人間が危険に晒されていく。
個人の名前の中に存在する数字をトランプの数字になぞらえて、降順に対象となった人物が被害に遭うという犯人の仕掛けにコナン達が翻弄されながらストーリーが進行していくわけだが、随分と犯行の手間をかけた割には動機と経緯への作品そのものからの追及が弱く、奥行きに物足りなさを感じる出来だったのが残念だった。

工作の規模は大きいものの、迫力に欠けており、その分、コナンと犯人とのやり取りが落ち着いたわかりやすい空気の中で行われているので、全体的にテレビアニメ版の構成をそのまま映画用に持ってきて、少し豪華に演出してみせたといった印象だが、そういう意味では『名探偵コナン』らしい劇場版といえるベタなコナンのサスペンス作品だったと思う。

若いころの毛利小五郎と妻の妃英理の銃の発砲に関するエピソードを伏線として、ラストのコナン(新一)と毛利蘭にその姿とシーンをそのまま重ねることで回収するところは、映画らしいロマンスを甘くなり過ぎない独特の格好良さで演出できていて良かったと思う。締めが良かっただけに、余計に肝心の「事件」に対してもう少しこだわりを見せて欲しかったと感じてしまう惜しい出来栄えだった。
                 
        

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 (映画)

                 
劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]
青山剛昌原作、小学生になってしまった探偵が難事件を解明していく人気アニメシリーズの劇場版第1弾。特殊火薬盗難事件と連続放火事件が発生、犯人と思しき男から工藤新一に爆破予告の挑戦状が届く。さらに蘭までもが事件に巻き込まれてしまい…。

(引用 amazon 劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

1997年の日本のアニメ映画。劇場版名探偵コナンシリーズ第1作。
冒頭で殺人事件を一つ解決するというエピソードを用いることで、江戸川コナンというキャラクターの設定やその周辺について、コナンを知らない人でもすんなり入っていけるようにうまく説明してみせる丁寧な演出とサービス精神の素晴らしさに、初めての劇場版らしい初々しさと、まだ『コナン』という作品がチャレンジャーであった頃のような意欲の強さを感じることができる。

作品の出来も素晴らしく、複数の独立した事件を巧みに絡み合わせながら、コナンと爆弾魔との闘いを熱く盛り上げており、あちこちに仕掛けられた爆弾と犯人からの挑戦にコナンが立ち向かうシーンでは、スケボーや電車などの乗り物の疾走感や一刻を争う緊張感が観ている側に強く伝わってくるほどの迫力で、手に汗握る展開に目が離せない面白さだった。

爆弾の恐怖による都市環状線の電車のパニックやビルの崩壊など、アメリカ映画的なテロリズムとの戦いを彷彿とさせる作りにもなっていて、映画らしいスケールの大きさと、最後に愛は勝つというようなちっぽけだけど大きなベタなメッセージが、娯楽映画としてお手本のような構成になっていた。スリリングでとても上質なサスペンスアクションだったと思う。

ラッキーカラーの赤、赤い糸の赤、と、しつこいぐらいにあちこちで張られたラストの爆弾処理で2択を迫られるシーンへの伏線も、子ども向けであると同時に、最後の展開のひねり方に制作サイドが自信があったからこそだろう。実際は、かなりわざとらしくなってしまっていたが、自信に溢れた堂々とした作り、その勢いの力強さにとても好感が持てた。

なお、あの白鳥警部の初登場作品が本作とのこと。声優は塩沢兼人で、その声質と演技の素晴らしさを堪能することが出来る貴重な一本にもなっている。
                 
    
> 名探偵コナン