劇場版 境界の彼方  -I'LL BE HERE- 未来篇 (映画)

                 
劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇 [Blu-ray]劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 未来篇 [Blu-ray]
最凶の妖夢『境界の彼方』を体内に宿し、半妖として生きてきた神原秋人。
そして『境界の彼方』を、唯一倒すことが出来る呪われた血を持つ異界士、栗山未来。
世界から嫌われた二人は出会うべくして出会い、次第に惹かれ合っていった。
二人で生きる世界を選んだ秋人と未来。
戦いも終わり、これからまた普通の日常が始まる、そう思っていたはずなのに…。
『境界の彼方』から奇跡的に未来を取り戻すことができ、喜んだのも束の間、その代償なのか未来の記憶は瞬く間になくなってしまった。
春になり、新学期を迎えても未来の記憶が戻ることはなかった…。
進級し高校三年になった秋人は、未来の幸せを思い、未来を避けるようになっていた。
秋人の思いも知らず、惹かれるままに秋人に近づく未来。
そんな二人の前に未来を知る人影が。
秋人の思いも空しく、未来は再び自分自身と向き合う戦いに赴くことになる。

2015年の日本のアニメ映画。『過去篇』に続く、境界の彼方の劇場化作品。

過去篇がテレビアニメの総集編だったのに対し、未来篇はそのテレビアニメ終了後の話になっており、新作として愉しむことが出来る。

作中では、記憶を失った未来を気遣う秋人達の想いを嘲笑うかのように襲いかかる己の背負った運命に抗いきれない若者たちの姿が切なく描写されていた。未来でいえば呪われた血であったり、博臣であれば名瀬家を継ぐ者としての役割であったりとそれぞれの人物が己に課せられた運命をどのように受容していくかが描かれており、思春期の若者の悩みをファンタジーで代弁する青春物語になっていたし、また記憶を失って素直になった未来が秋人への想いを募らせていくという恋愛物語としても愉しむことが出来るようにもなっている。

ただ、全体の作りとしては雰囲気が暗くなってバトルシーンがプラスされた『たまこラブストーリー』でしかなく、プラスされているバトルシーンの部分が単調で躍動感に欠け、登場人物の感情の発露のみに演出を委ねてしまっているから退屈だったのは残念。

見方によってはたまこの方は商店街という閉じられた世界で親と同じ生き方を繰り返していくことを深く考えずにそのまま受け入れてハッピーエンドになっていたのに対して、こちらはあらゆるキャラクターから様々な葛藤が伺え、大きな壁を乗り越えていくという過程があるだけ、より前向きな作品であるともいえるのだが。
                 
        

劇場版 境界の彼方  -I'LL BE HERE- 過去篇 (映画)

                 
【劇場限定グッズ】劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇 DVD【劇場限定グッズ】劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇 DVD

2015年の日本のアニメ映画。2013年にTVアニメシリーズとして放送された『境界の彼方』の劇場版。

本作『過去篇』は、そのテレビアニメ版の総集編になっており、テレビ版を観たことのある人もない人にも『境界の彼方』の世界に入り込むことが出来るように分かりやすくという意図を以って構成し直されていることが伺える。

ただ、所詮は総集編以上の何者でもなく、新しい視点による発見などがあるかといえばそうでもなかった。そもそも本作アニメはあまり評判が良くなく、個人的にもあまり面白いとは思わなかった。それでもあえていうならば、本筋のストーリーよりも各キャラの個性を活かした掛け合いを堪能できる緩さの中にシリアスな世界観ならではのアンニュイさが保たれていた箸休め的な日常パートこそが面白かったのだが、この過去篇ではそこが見事なまでに削ぎ落とされ、シリアスパートによるポエムなシナリオとバトルを延々と見せられるのがきつい。

あえて『境界の彼方』を映画化、それも総集編を劇場で見せるぐらいだから京アニがきっと何かやってくれると期待して鑑賞すると大きく裏切られてしまう作品だった。アニメ版を観たことのある人はがっかりさせられるだけだし、観たことのない人は置いてけぼりにされるだけではないだろうか。

しかし、手っ取り早くアニメ版をおさらいしたいという場合には重宝するかもしれない。実際、自分の中で薄れていた『境界の彼方』に対する記憶が本作によって呼び起こされた部分はかなり多く、これで予習して続編に臨むことで、より『未来篇』は楽しむことが出来そうな気がする。
                 
        

境界の彼方 第12話 灰色の世界 (アニメ)

                 
kyoukai1201.jpg kyoukai1202.jpg kyoukai1203.jpg kyoukai1204.jpg
栗山未来の消滅後、世界に異変が起こっていた。
鎌の力を利用しようとする弥勒を美月や博臣たちが阻止へと追い込む。
そんな中、秋人は半妖である自分自身を受け入れ、自分たちの“未来”のために戦いへと挑む!

とうとう境界の彼方も最終話。
終ってみれば、世界は自分達だけのものではないことを主要人物それぞれが受け入れて大人になることで、本当の「未来」が訪れるというちょっと意地悪なセカイ系だった。「境界の彼方」と同じく未来の消滅についても秋人がしっかりと受け止めたことで、彼(ら)のもとに再び「未来」が現れるラストの演出には優しさというよりは現実を指向した厳しいメッセージ性が伴われている。秋人が未来に(プロポーズの比喩として)メガネを渡すシーンはなかなかドラマチックではあったので、見た目的にはありなのかなという感じではあるが、現実に向き合うことで自分が強くなって異性を捕まえないと幸せになれないんだよという体育会系のノリで強引に話をまとめてしまったところには若干の違和感もあった。あと、ポーズ的にどう考えても秋人の視線にはパンツが見えそうなのに視聴者には全然見えないところにも違和感があった。

シリーズ全体として、ストーリーそのものは深刻になりすぎないように意図的に淡白にしたのか、話の展開のさせ方の割にかなり描き込みが不足しているように感じたが、秋人と未来の関係はお互いに守ったり守られたり追っかけたり追っかけられたりで周りを巻き込む形で皆のポジションが常に流動的だったのはとても示唆的で面白かったし、秋人が一見すると自分のコンプレックスを自覚して受け止めているようで、実は全然向き合えていなかったという二段仕掛けのギミックが人間の複雑さを奥行きが厳しく制限された中で巧みに表現することに成功していたのは良かった。
                 
        

境界の彼方 第11話 黒の世界 (アニメ)

                 
kyoukai1101.jpg kyoukai1102.jpg kyoukai1103.jpg kyoukai1104.jpg
秋人は回復し、博臣から未来は秋人を救う代わりに全ての力を使い切ってしまい消滅したことを教えられる。
その事実を受け入れられない秋人。
泉は秋人に未来の意志を伝えた。
それでもなお、秋人は未来を諦めきれない思いに囚われ苦しむ。
そんな彼の元に一通のメールが来るのだった……。

秋人を救うために自分を犠牲にした未来。その事を受け入れられない秋人だが、実は未来はまだ存在していて、「境界の彼方」と戦っていた。

特異な体質から運命を悟り、殻に閉じこもったまま成長してきた秋人と未来の似通った境遇の二人がお互いに惹かれ合っていたことを強く意識させるようにその絆が悲劇的なシチュエーションによって描写されている。
しかし、結局未来は生きていて助かりそうだというところと、今まで二面性を覗かせながら緊張感を持って秋人を取り囲んでいたキャラクター達が一気にほぐれて優しくなるところが都合の良さを感じさせつつも京アニ的な温和な性格の作品だなとは思った。

個人的にはもう少し、周りに人がいても孤独にならざるを得なかった秋人と未来の存在の不遇さや不器用さ、そしてそれに加担せざるを得なかった名瀬家の人間であることのやるせなさなどについて掘り下げてほしかったところではある。
                 
        

境界の彼方 第10話 白の世界 (アニメ)

                 
kyoukai1001.jpg kyoukai1002.jpg kyoukai1003.jpg kyoukai1004.jpg
病室で目を覚ました秋人の傍らには未来がいた。
お互いの無事を確認し、二人は元通りの生活に戻るのだった。
オムライスを食べ、桜も交えながら何気ない会話をする日常が続くはずだった。

実は未来は秋人(境界の彼方)を殺すために派遣されたエージェントだったということが明かされ、その事実を基に今までのエピソードを振り返る作りになっていた。今までなんとなく作品が意図的に感じさせているのだろうと思っていた登場人物の挙動やシーンの繋ぎ方に対しての不自然さに対して一応合点がいくような説明ではあるのだが、それでも相変わらずぼんやりしたままなのがこの作品の惜しいところ。まどマギを連想させる叙述トリックの採用は良いのだが、構成力とキャラクターへの掘り下げが弱いのが響いてしまっている感じ。
                 
        

境界の彼方 第9話 銀竹 (アニメ)

                 
kyoukai0901.jpg kyoukai0902.jpg kyoukai0903.jpg kyoukai0904.jpg
未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。
未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。
そして泉は未来に、冷酷な言葉を投げかけるのだった。

凪の影響で人間の部分が弱り、妖夢化してしまう秋人。このまま凪が終わってしまうと秋人は人間の部分が妖夢の部分に駆逐され、完全な妖夢となってしまう。凪の間は秋人も不死身ではいられない。彼を救うために未来は秋人を殺すことを決意する。涙と雨で表情を濡らしながら秋人を殺そうとする未来。その瞬間感動率80%(おじゃマンボウ風)。

なにこの無理矢理感動ストーリーは……。ただ、こう最近はどこか性善説によりかったふわふわした雰囲気だったのが、各登場人物それぞれシビアな考えを持っていることが改めて強調されることで、ちょっとだけ作品が引き締まったようなところはあった。未来が秋人を殺そうとするのはアクションだけ見れば出会いの頃と重なっているので、そのへん含めて初めの頃の雰囲気に回帰した感じはあったし、何らかの伏線的な描写なのかもしれないが、それでもこの展開はありなのかなあ? とも思ってしまった。
                 
        

境界の彼方 第8話 凪黄金 (アニメ)

                 
kyoukai0801.jpg kyoukai0802.jpg kyoukai0803.jpg kyoukai0804.jpg
期末試験の時期、秋人たちの住む街に凪がやってくる。
妖夢の力の弱まることを心配した秋人の母・弥生も半妖である秋人に注意を促す傍ら、博臣も胸騒ぎを感じていた。
そんな時、美月は藤真弥勒という男にある話を聞かされることになる。

凪がやってくる。凪がやってくると妖夢は本来のパフォーマンスを発揮することができず、生命力も落ち込むらしい。半妖の秋人もその影響を受けるのだが、どうやら秋人については彼の存在そのものが凪を機会に狙われているようで、今までのエピソードが未来を重要な存在と位置づけて彼女を守るというコンセプトだったのに対して、今回からは弱った秋人が未来に代わって守られるべき存在となっていた。

異界士にとって妖夢を狩るのに絶好ともいえるこのタイミングで、未来が妖夢を守るために動くという、流れるようなポジションの入れ替わりと変化の描写の仕方は含みを存分に持たせていて面白いのだが、シーンの繋ぎ方とバックグラウンドの演出の仕方がいまいちなのか、やや話の全体像がピンとこないのが気になった。
                 
        

境界の彼方 第7話 曇色 (アニメ)

                 
kyoukai0701.jpg kyoukai0702.jpg kyoukai0703.jpg kyoukai0704.jpg
いつものように談笑する秋人の所へ二ノ宮雫がやって来て、桜が転校してくると伝えた。
驚く秋人、未来は何やら考え込んでいる様子。
夕方秋人が家に着くと、妖夢と戦う桜を目にする。
間一髪で妖夢を倒す手助けをした秋人は、負傷した桜を自分の部屋で運ぶのだが、そこへ未来がやってきて……。

未来が殺してしまった友人の妹の桜が未来を殺すために再び秋人達の目の前に現れる。
ただ、桜は未来への復讐というよりは異能の力を持たず異界士になれない自分へのコンプレックスの克服のために未来を襲うというプロットになっており、結果としてあまりドロドロとしたドラマは描かれず、未来と桜はお互いに少し武器を交えた程度で和解する格好になっていた。

良くも悪くも京アニらしいキャラクターの愛らしさを大事にする作りにこだわった着地点を見出しており、その上で行間から解釈の余地を残しているのがうまい。物語としてこれからの展開に関わる重要な伏線も敷かれており、このあたりも視聴者が拍子抜けすることを見越して、かなり念入りにケアされているように感じた。

とはいえ、やはりそのぬるさが結果的にスポイルしてしまった部分もあり、キャラクターが抱えるコンプレックスやシリアスな内面がストーリーにフィードバックしきれておらず、作品の雰囲気とミスマッチでバランスを欠いたちぐはぐなドラマを展開し続けているという印象にどうしても繋がってしまう。

一方で、キャラクター間のやりとり自体は非常にリズミカルになってきて、コメディとして面白くなってきたのは好印象だった。
                 
        

境界の彼方 第6話 ショッキングピンク (アニメ)

                 
kyoukai0601.jpg kyoukai0602.jpg kyoukai0603.jpg kyoukai0604.jpg
未来たちは、学校のシャワールームにいた。
何やら美月はご立腹の様子。一体何が……!?
事の発端は一週間前。
彩華からお金になる妖夢が学校の屋上にいることを教えてもらった秋人たちは、その妖夢を倒しに向かう。しかし、その妖夢にはとんでもない秘密があった。

ずっと暗めのトーンで展開していたから一息つくという意味でなのか、それともこのテンションが本来で、今回からようやく本編が始まるということなのか、美月や未来達が前回とは打って変わって随分とこなれたコミュニケーションを取り合い、ナンセンスギャグのようなノリの勢いで押し通す回になっていた。

妖夢を倒すためにアイドルのユニットを擬し、一糸乱れぬ集団行動とそれを実現するチームワークが必要になるという内容が今まで展開してきた話とギャップがあって驚いたが、それが今後の展開への示唆になっているのだろうか。やたらとシャワーシーンなどがあったし、単に視聴者へのサービスを強く意識した遊びとしての回であったというだけかもしれないが、それにしても急に作品が変わったようだった。
                 
        

境界の彼方 第5話 萌黄の灯 (アニメ)

                 
kyoukai0501.jpg kyoukai0502.jpg kyoukai0503.jpg kyoukai0504.jpg
未来は秋人に紹介され文芸部に入ることとなった。
秋人と未来は泉と対面する為に名瀬家に赴く。
二人は虚ろな影と無理な戦いをしたことを諌められ、未来は異界士証を取り上げられてしまう。
生活に困ると嘆く未来に美月はアルバイトを紹介することになるのだが……。

秋人と打ち解けた未来は秋人の誘いで文芸部に入り、それをきっかけに美月とも親しくなっていくが、美月もまた複雑な生い立ちにより、孤独な存在であった。人は皆一人とそれぞれ影を背負っているからこそ出来る達観をしている者同士の距離感の取り方とちぐはぐなコミュニケーションの不器用さに妙がある。

しかし、奥行きがありそうで、それをあまり感じさせないのと、孤独への寄り添い方にいやらしさというか、その瞬間、自分は対象よりも孤独ではなくなるといった優越感や打算的なものを感じさせるのがちょっと気になった。そういう人間の描き方も勿論ありだし、むしろそちらの方がリアリティがあるとは思うのだけれど……。
                 
        

境界の彼方 第4話 橙 (アニメ)

                 
kyoukai0401.jpg kyoukai0402.jpg kyoukai0403.jpg kyoukai0404.jpg
未来と桜の戦いに駆けつけた秋人。
未来の危機的状況を助け、二人は桜から逃れようと必死になって走る。
やっとのことで難を逃れるが、虚ろな影が秋人の身体に取り憑いてしまうのだった……。

未来が殺した友人の妹が襲いかかってきたり、半妖の秋人の妖夢としての一面が現れたりする。
今後の展開への伏線が色々と張られている回でもあったが、未来の心の変化を世界観そのものと重ねあわせた作りにしている割に、単調なやりとりを繰り返し続けているところがどうしても気になり、話に厚みを感じさせないのが残念だった。

ただ、未来が秋人を受け入れるのが自分と同じ類のコンプレックスを抱えているからというありがちなきっかけを切り口にしてしょうもなさを演出しているシーンは、未来が心を広く開いたり社会性を身につけることで「成長」することがこの物語のテーマではなく、偏狭で我儘なありのままの未来というキャラクターの個性そのものが主体となって他人の優しさやドラマチックな展開を引き出していくことが主張されていたように思うので、そのへんのアイディアには期待したい。
                 
        

境界の彼方 第3話 パープルナイト (アニメ)

                 
kyoukai0301.jpg kyoukai0302.jpg kyoukai0303.jpg kyoukai0304.jpg
相変わらず未来は妖夢退治に専念していた。
秋人が気にかけ学校で声をかけるも、「関係ないです」と、冷たい態度を取られてしまう。
「虚ろな影」という強力な妖夢が街に近づく中、秋人は未来の過去を知ることになるのだが……。

未来は妖夢が憑依した大切な友人を殺してしまったという過去を背負い込んでいた。この未来のキャラクターが物語の明度に反映されており、盛り上がりを見せてもいいような展開でも常に影が差している。また、これからその未来の過去の因縁を抉り続けるようなドロドロの内容になっていくことが示唆されていた。

気になったのは、未来のキャラクターだけやたら掘り下げられていて、その周囲の人物については年齢なりに抱えている悩みやクセといったものを感じさせないどころか、むしろ未来の悩みに対してどこまでも余裕であることがアピールされてしまっていて、そこがちょっと鼻について残酷に映ったし、作品としてのバランスを欠いているように思った。

ただ一方で、主人公が抱え込んでいる半妖という特殊な性質について、話が進んでいくうちに意外な一面が現れてくるのかもしれないという期待感も持たせてくれたので個人的にはそのへんを楽しみにしておきたい。
                 
        

境界の彼方 第2話 群青 (アニメ)

                 
kyoukai0201.jpg kyoukai0202.jpg kyoukai0203.jpg kyoukai0204.jpg
倒した妖夢を鑑定してもらうために、異界士である彩華の営む写真館へと足を運ぶ秋人と未来。
和気あいあいとした秋人や美月たちの雰囲気に未来はふと寂しさを覚える。
そんな時、秋人の元に一通の不審なはがきが届く。

前回を視聴して世界観の厚みを感じさせるストーリー重視の展開になるのかと期待したら、今回は京アニらしいキャラクターの可愛らしさを前面に押し出した内容になっていた。

第1話ではヒロインの未来に追いかけられていた主人公の秋人だったが、今回は秋人が未来を追っかけており、このあたりのポジションの変わり方が、人付き合いの上手くない孤独な10代の少女のナイーブさとそれを受け入れられる優しさの物語として表現されている。
                 
        

境界の彼方 第1話 カーマイン (アニメ)

                 
kyokai0101.jpg kyokai0102.jpg kyokai0103.jpg kyokai0104.jpg
半妖の少年、神原秋人はある日の放課後、屋上から今にも飛び降りそうな少女、栗山未来と出会う。
彼女は異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。
それ以来なぜか未来から攻撃され続ける。迷惑だと言いつつも、未来を邪険にできない秋人は、文芸部部長であり異界士でもある名瀬美月から忠告を受ける。
果たして未来の目的とは?

怪奇ファンタジーの世界観を取り入れた学園アクションもののような京都アニメーションの新作『境界の彼方』の第1話を見た。

京都アニメーションが得意とするキャラの可愛らしさを前面に押し出す構成というよりは、物語としての筋とアクションシーンを重視しているように映ったが、セリフの展開のさせ方と世界観の魅せ方が持って回ったような感じになっていてもどかしさがあり、半妖の主人公と異界士の未来との関係も含め、全体的に話がぼやけてしまっていたのが残念だった。

キャラがよく動き、高いレベルで演出されたバトルシーンについて、今後より深刻な戦いとなった時に更なる迫力を様々なアングルから演出してくれるのかもしれない、という期待を少し持てたのは良かった。
                 
    
> 境界の彼方