下級生 (ゲーム SS)

                 
下級生下級生

下級生を知っているか。今から下級生の話をする。下級生というのはエルフというエロゲーメーカーのエロゲーなんだけど、今から話す下級生はエロゲーをセガサターンに移植した、子どもがプレイしても大丈夫な方の下級生だ。でも、このゲームは18歳未満禁止ではないけれど、18歳以上推奨という日本語マジックによるレッテルを貼ることで、ビジュアル的には下着ばっかりの、テキスト的にはセックスが当たり前に存在する、とてもコンシューマーゲームとは思えないようなエロエロゲームになっている。僕は当時、「子ども」だったけど、このゲームに出会った。

僕はセガサターン派だった。それは思春期における反抗期のように任天堂の子ども臭さに対して嫌悪感を抱いたとか、アンチソニー(プレイステーション)だったからとかではない。むしろ、僕はFF7がやりたかったし、闘神伝もやりたかった。その意味では、プレイステーション派だったといえる。
だが、たったひとつ、セガサターンを選択するきっかけになったものがあった。エヴァンゲリオンのゲームがセガサターンで出たのだ。これは大きかった。他にも爆れつハンターなどテレ東系のアニメをゲーム化したものが、セガサターンで出た。
僕はエヴァンゲリオンをきっかけに大きなお友達向けアニメにはまったクチで、当時は何よりもその世界が大事だった。そこから声優を知って、林原めぐみや国府田マリ子のラジオを聴くようになったし、アニメイトにも足を運ぶようになった。

僕はエヴァンゲリオンが大好きだった。エヴァのためにサターンを買っちゃうぐらい好きだった。一番初めの劇場用エヴァ「シト新生」のあまりの中途半端な出来を許せたぐらい好きだった。
それぐらい好きだったから、エヴァンゲリオンのゲームはサターンだけではなく、Windows用にも「鋼鉄のガールフレンド」という名前でゲームが出るという情報を耳目にした僕はパソコンゲーム雑誌も買った。それがコンプティークだった。
僕は鋼鉄のガールフレンドの情報を集めるためだけにコンプティークという雑誌を購読し続けたのだ。コンプティークを知っているだろうか。当時、僕の目から見たコンプティークはコーエーの歴史SLGやルナティックドーンのような硬派なゲームのリプレイ記事や一般向けキャラゲーの特集にエロゲーも当たり前のように混ぜた、なんでもありというような雑誌だった。そういう時代だったのかもしれない。

僕がブログに映画の感想や食べたものなどとごちゃ混ぜにして、ためらうことなくエロに対する感想をアップしているのも、コンプティーク(とセガサターン)の影響は大きい。
ネットが、やましいもの、後ろめたいもの(性)に対して、アカウントを切り分けて、潔癖な自分だけを見せる場にしていいのかという思いもある。

コンプティークには当時、エロゲーとエロアニメのエロシーンを詰め込んだ袋とじの紙の特集企画があった。僕はそこで性を知った。
皆さんは高校生にもなって射精や赤ちゃんの作り方を知らない女性をどう思いますか? 本作『下級生』のヒロイン結城瑞穂がそうだが、そういう設定のキャラについてどう思いますか? 童貞の妄想乙だと思いますか?

恥ずかしながら僕は高校生になって、コンプティークによるエロゲーのエロシーンを知るまで、性についてかなり奥手だった。勿論、爆れつハンターのようなあかほりさとる系のアニメには性行為のメタファーが散りばめられていたし、外国映画にもベッドシーンがあったのだが、著しく情欲を煽られる形で具体的なものを見たのはコンプティークが初めてだった。
それは衝撃だった。首輪をつけた女の子がポコチンを舐めているのだから。ただ、重要な部分にはモザイクが入っているわけですので、ポコチンだとわかっているのだけど、いまいちポコチンだと認識できなかった。それはなぜかといえば、そこに描かれたペニスがキノコの形をしていたのだけど、僕のは包茎だったので、当時は包茎ということも知らなかったけど、皮を被っていたので、よくわからなかった。なにかこう、勃起以外にも特別変形があるのかとか。うまく想像できなかった。

それでもコンプティークの購読をしているうちに、性についての興味関心が煽られていき、とうとう高校1年の冬休みに初めてのオナニーに成功し、自発的行為による射精を経験する。

さて、セガサターン用の下級生が出るのが1997年の4月25日である。それは僕がオナニーを覚えて猿になっていた高校2年の春のことだった。前年より鋼鉄のガールフレンドの記事を目当てにコンプティークを購読していた僕は、下級生も雑誌で大きく取り扱われていたので注目していた。しかし、僕はPC-98マシン(パソコン)とやらを持っていなかった。僕はただ、雑誌を読みながら卯月学園(ゲーム内の舞台となる高校の名前)での生活に憧れていた。

それは既に鋼鉄のガールフレンドを諦めていた頃だった。サクラ大戦やときめきメモリアルにはまっていた頃だった。僕はとてもウインドウズマシン(PC)は高くて買えない。特に鋼鉄のガールフレンドを動かすにはいいパソコンを買わないとだめだというから、霧島マナ(鋼鉄のガールフレンドのヒロイン)については諦めようとしていた。後(1998年)に、鋼鉄のガールフレンドはセガサターンでも出るのだが、この時はそんなことを知る由もなかった。

もう鋼鉄のガールフレンドを諦めた僕にとってコンプティークはコーエーのSLGのリプレイ記事とエロゲーのエロシーンを見るためだけのものになっていた。そんな傷心の僕を救ったのが下級生サターン移植の報せだった。

信じられなかった。いや、期待はしていた、セガサターンには18禁の、いつまで経っても中古で安くならない野々村病院の人々などのようなエロいらしいゲームが出ていたからだ。

実際にサターンで下級生が出ることを知った時、僕は絶対このゲームを買うことを決めた。雑誌の記事をみるだけで、このゲームはやるべきゲームだと感じ取っていた。パンツが見えるゲームだったから。僕はサターンを選んだことを感謝した。エヴァンゲリオンに感謝したし、シト新生を許したし、少年エースに読める漫画が全然ないことも許した。

高校2年、1997年、僕は新しいクラスで1年時の男子クラスメイト全てとバラバラにされていた。孤立していたわけではないが、1年時のクラスメイトの方がウマがあっていたので心細さはあった。

下級生は新宿のヨドバシカメラで買った。4月の終わりだったか、5月の初めだったか、鎌倉への遠足があったのだ。高校になってから、僕は千葉駅の繁華街に繰り出すことが多くなり、セガサターンやサターンのソフトは千葉のヨドバシカメラで買っていた。

ヨドバシカメラで買うと、ポイントカードを作るわけだが、そこで住所登録をしたからか、やがてヨドバシカメラの会報が届くようになった。会報には全国のヨドバシカメラの店舗が掲載されており、僕はヨドバシカメラによってサターンに導かれた者として、新宿のヨドバシカメラには一度は行ってみたいと思っていた。

その機会が訪れたのが、鎌倉遠足だった。高校生の遠足なので現地解散となり、帰りはフェリーで房総半島に帰るなりして自由にしていいと教師は言った。僕はフェリーには乗らず、何人かのウマの合う友達と新宿へ向かった。ここからが俺たちの本当の遠足だった。俺は下級生を求めて鎌倉から新宿へと向かった。

新宿はそうだね、迷路だった、僕みたいなカッペにはどこに出ればヨドバシカメラに行けるのか全然分からなかった。新宿西口っていうから、西口から出てるはずなのに、何故か都庁に出てしまうという、そんなことを何度か繰り返しながら、ようやくヨドバシカメラについた記憶がある。

西口だったのかどうかは結局わからなかったが、たどり着いたヨドバシカメラは千葉のものに比べて貧相だった。ゲーム売り場のある棟は縦に長く、敷地面積を狭く感じるものだった。僕は新宿に絶望した。それは、東京駅の京葉線ホームまでの距離と同じぐらい僕を現実というものに対して疲れさせた。

でも、下級生は良かった。これは思い出があるからだけじゃない。下級生は本当に素晴らしいゲームだった。今度、また、PC版の感想として、ゲームについては書こうと思うが、男を救う純粋さを放つ少女たちの姿と、見事なまでに統一された清楚で野暮ったい白くて眩しい下着に僕は救われた。

僕にとって下級生は青春そのものなのです。あなたが、今、送っているような青春を、僕もかつて送った。堂々といこう。

全画面キャプチャ 20130423 174223 全画面キャプチャ 20130423 174234
全画面キャプチャ 20130423 174316 全画面キャプチャ 20130423 174330
                 
        

ローソンセレクト スモークタン

                 




ローソンセレクトのスモークタン。豚タン。製造は日本ハムファクトリーとのこと。
レモンの酸味が利いたスモークタンはコリコリとした食感がしっかり楽しめました。105円でこれなら十分満足でしょう。おつまみとして手軽にチョイスできますね。
                 
        

ゲゲゲの女房 (映画)

                 
ゲゲゲの女房 [DVD]ゲゲゲの女房 [DVD]
水木しげるの妻・武良布枝の貧しく厳しい時代に生きた夫婦の姿を綴った自伝エッセイを映画化!お見合いからわずか5日で結婚。昭和36年、出雲の安来から上京した布枝が見たのは、花の東京とは無縁のしげるの底なしの貧乏暮らしだった…。監督は『私は猫ストーカー』で絶大な支持を得た鈴木卓爾。出演者は吹石一恵、宮藤官九郎ほか。

(引用 amazon ゲゲゲの女房 [DVD]

2010年の日本映画。
水木しげるの妻である武良布枝による同名の自伝を映画化した作品。
NHKの連続テレビ小説では布枝役に松下奈緒、茂役に向井理という美男美女の華やかなキャスティングだったのに対して、本作映画版では、布枝役に薄幸な雰囲気漂う吹石一恵、茂役に昭和と貧しさとみすぼらしさの似合う宮藤官九郎で、ビジュアル的には写真で見た実際の水木しげる夫妻にかなり近い。

作品のつくりもNHKドラマと本作映画ではキャスティングの違いが色濃く反映されたものになっている。
NHKドラマが貧しくてもくじけない糟糠の妻のひたむきな姿勢と健気さを、近い将来に待つ成功という既定路線を窺わせながら希望の光で照らす、朝のドラマにふさわしい爽やかなものに仕立てられていたのに対し、本作では陰鬱な貧乏生活の中にまるで人身売買のような格好で放り込まれた主人公布枝のやるせなさを、感情をうまく外に出せない不器用なやりとりの中で垣間見せる表情の変化としぐさに愛情と哀愁を帯びたものを表現しながら、淡々と描き続けている。

そういう暗さのある作品で、昭和のもてない男ともてない女の貧乏暮らしというテーマにおいてはリアリティと迫力があったと思う。そして、その貧乏生活だけが本作では描かれており、ようやく成功の兆しが見えたところで幕を閉じる。
ここが意外だった。ゲゲゲの女房は原作でもNHKドラマでも、貧乏暮らしの時の濃密な夫婦の時間と、水木しげるが漫画家として成功して物質的豊かさを得ると、それと引換えに家族の時間が奪われ、夫婦のすれ違いが起きていくという対比も魅力だったからだ。

成功してからの夫婦を描かなかったのは尺の都合もあったのだろうが、貧乏時代とのわかりやすくて欺瞞に満ちたような対比をしたくなかったなどの理由があるのかもしれない。
だから、貧乏時代だけを迫真にこだわって作ったのか。切り取り方で作品がこんなに変わるという見せ方をしたかったのか。
僕は、成功していない将来をあえて考えさせる作りにしたかったんじゃないかと思った。原作ではどんなに麗しいことを云ってもやはり最終的には成功して富も名誉も得ることが出来ているし、「ゲゲゲの女房」という作品の存在も成功があってこそだ。そこであえて、貧乏生活を苛烈に描いたうえで、あなたはこのまま水木しげるが漫画家として成功せずに貧乏なままでも主人公布枝は幸せだと思いますか、という問いかけをしたかったのではないかと感じた。
その意味で、僕はこの作品に共感した。僕が原作を読んだ時に抱いた感想が、この作品が投げかけるものと同じものだからだ。
                 
        

日清ヨーク 夏の乳酸菌飲料 ブルーハワイ味

                 


夏は青く爽やかなあじわいブルーハワイ。かき氷のブルーハワイにはロマンがありますよね。
このブルーハワイ味は、日清ヨークのちょっと後味がしつこい如何にもな乳酸菌飲料にお菓子のラムネっぽい清涼感が加わり、ほんのり爽やか仕立てになっていました。
色は濁った水色という感じでした。味もそんな感じかも。
                 
        

タニタ カロリージャンプ CJ-688

                 




この夏、理想の体型を手に入れるためにタニタのカロリージャンプという縄跳びを買いました。
僕は汗っかきでそれがコンプレックスなところもあったんですが、年取ってくると新陳代謝が鈍ってきたのか昔に比べると汗があまりでなくなったような気がして、それはそれで怖くなったので、意識的に運動していくために縄跳びを買いました。

タニタのカロリージャンプは、消費カロリー計つきで、何回飛んだか、自分の体重を入力しておけばそこからどれだけカロリー消費したかがわかります。これは便利だし、数字を見るのが楽しいですね。
こういうのは如何に継続していくかが重要だと思うんですが、たとえ機械であっても自分以外の存在が計ってくれるというのは嬉しいもので、モチベーションの維持に繋がります。
                 
        

ローソン おにぎり ごはんですよ!

                 


ローソンに桃屋のごはんですよを具材にしたおにぎりがありました。海苔で巻いたおにぎりの具が海苔の佃煮ってどうなのでしょう。
このごはんですよがおにぎり用にアレンジされたものなのか、市販されているものをそのまま使っているのかはわかりませんが、そのまま使っているのなら量を少し抑えて伸ばしているのかなと思った程度にあっさり目で、食べやすさに配慮されていると感じました。
                 
        

ドラゴンクエスト10への道その4 ツナイデントで夢のプレステ感覚

                 




Wiiちょこちょこ使い始めて数日、ヌンチャクがリモコンコントローラーを補助する拡張コントローラーとしての役割を果すことを理解しました。ヌンチャクなんて絶対使わないと思ったから速攻箱にしまったのに、アナログスティック使いたいならヌンチャクをリモコンに接続しろだなんて。

そして、これがとても使いにくい。バランスが良くない。リモコンとヌンチャクがバラバラでしっくりこない。これでは僕のようなゲーム廃人には辛すぎる。これがWiiのデフォルトコントローラーだなんて、あまりも残酷ではないだろうか。このとてもゲーマー向けとは思えないWiiというハードのみでドラゴンクエスト10を出すだなんて、大丈夫なのだろうか。Wiiが当たり前の環境で育つ子ども達のことを想像してみる。レ・ミゼラブル。

好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰かしら? ときめきメモリアルの女の子達の制服のスカートからスリップが覗いていた事に胸をときめかせながらデカスリートしてた世代としてはこんなリモコンコントローラーでは絶対無理。世界と戦えない。これではドラクエ10は絶対無理。王様にもらえる武器がひのきのぼうなのは許せても、Wiiのリモコンコントローラーは絶対無理。

そんなわけで、PS2/PS用コントローラーをWiiで使用できるようになるツナイデントというゲームパッドコンバータを購入。こりゃーいい。そう、21世紀、僕達はこんなゲームを待っていた。まともにゲームパッドでプレイできることがこんなに幸せだったなんて。

知らなかったの? 伝説の樹の下で女の子からの告白で生まれたカップルは永遠に幸せになれるのよ。そのためには容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能でなくちゃいけないの。根性も必要なのよ。流行に対する高いアンテナも必要なのよ。Wiiのリモコンぐらい扱いこなして軽快にプレイしてみせることが男らしさじゃないの? 俺はね、藤崎さん、実は、虹野さん派だったんだ。

ツナイデントはどうもボタン配置でR1とR2が逆になってるらしいですが、気になるのはそれぐらいで、驚くほど操作の快適度が上がりました。自分はホリの連射機能つきのパッドを使っていますが、ツナイデント自体に連射機能もついているので、ソニーの純正パッドでも連射が使えるようになるのがいいですね。パッド対応のMMORPGをやり込むのに連射機能はほぼ必須ですからね。これでドラクエ10の準備は完了したといっていいでしょう!
                 
        

日清 カップヌードルGOLD 金のゴマ入りチキンソルト味

                 






カップヌードルのロンドンオリンピック日本代表応援商品。
たぶん、僕はあんまりオリンピックは観ないんじゃないかと思いますが、日本代表の方々には頑張っていただきたいものです。

鶏のうまみを利かせたコクのある塩スープがいい感じで美味しかったです。具はじゃがいもに強い存在感がありました。カップヌードルブランドのポテトはクオリティが高いですね。

僕はカップ麺を食べるだけで全然がんばらないけど、日本には頑張って欲しい。がんばれ、日本。
                 
        

日本の10大新宗教 (島田裕巳)

                 
日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)日本の10大新宗教 (幻冬舎新書)
 日本の新宗教にイスラム教のような動きが起こるとは思えないものの、時代状況が変化すれば、宗教はたちまちその力を取り戻し、蘇っていく。日本の歴史を振り返ってみても、宗教の衰退と復興がくり返されてきている。社会全体が注目するような新宗教が、いつ登場したとしても不思議ではない。一時中国で爆発的に伸びた法輪功のように、インターネットを媒介にして広がっていくような新宗教もある。
 これからどのような新宗教が生まれ、その勢力を拡大していくのか。それは、日本の社会がどう変化していくかにかかっている。新宗教に集まってくるのは、その時代の大きな流れについていくことができなかったり、社会のあり方に不満をもっている人々である。社会が変われば、不満の中身も変わるし、どういった人間が不満をもつかも変わる。その点で、新宗教は時代を映す鏡としての性格をもっている。その鏡に何が映るのか。私たちは新宗教のこれからを見つめていかなければならないのである。

(引用 本書P212-213)

新宗教をめぐるさまざまな問題を踏まえた上で、主な十の教団を取り上げ、それぞれの教団の成り立ちや歴史、教団としての特徴などを紹介することで、日本の社会における新宗教のあり方を概観していく、という本書。
教団の規模、社会的な影響力、時代性を考慮して選んだ十の教団は、反社会的な性格を示していたり、「カルト」として扱われることが多い教団はリストアップしなかったとのこと。

本書で取り上げられている十の新宗教とは、

・天理教
・大本
・生長の家
・天照皇大神宮教と璽宇
・立正佼成会と霊友会
・創価学会
・世界救世教、神慈秀明会と真光系教団
・PL教団
・真如苑
・GLA(ジー・エル・エー総合本部)

となっており、馴染みのあるものから無いものまで色々で、正直に云って、十大新宗教と云われてもピンとこないところがあるのだが、客観的視点で書かれた各教団の概略はなかなか面白かった。トピック毎、紙幅が限られていることへ物足りなさを感じるほどで、その半端さが結果的には余計に新宗教というものに対して自分を身構えさせた。これは自分の創価学会への印象と似ているなと思った。

ただ、著者によれば、これらの新宗教は時代を映す鏡であり、そこから、社会に振り落とされ、見捨てられた存在と構造の問題が見えるのであり、新宗教の問題は社会の問題として捉え、また、彼ら新宗教の信者(候補)に対する白眼視や否定的な接し方を問い直すべきであるというようなことを仄めかしている。肯定されたい、豊かになりたい、という思いは普遍的な願望なのだから。

それと、「新宗教に集まってくるのは、その時代の大きな流れについていくことができなかったり、社会のあり方に不満をもっている人々である」のならば、現在は新宗教の教団よりもネットの方が新宗教っぽいといえるのかもしれない。
                 
        

ローソン あんこや 土用餅

                 




土用の丑の日、鰻の高騰で多くの人々が苦しんでいる今年は地球の平和のことを考えて僕は鰻を食べないことにしました。
代わりに土用餅。スライム型のプチあんころ餅です。あんこも餅も滑らかだったし、甘さも控えめで食べやすかったです。
                 
        

小林製薬 お部屋の消臭元 ガリガリ君 ソーダの香り

                 




部屋の消臭剤をガリガリ君にしてみました。さすがにダイソーの105円のラベンダーのやつとは違って臭いがきつくなく、部屋がトイレになりません。
ソーダのような、薄荷のような、少しスースーするような香りがこの季節にぴったりな爽やかなものだと感じました。
                 
        

新婚性活 (ゲーム PC)

                 
"BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」[アダルト]"BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」 [アダルト]
大崎シンヤの描く、可愛くエロチックな女性たち(と男性たち!?) そしてNATORI烏賊の書く、今までにない明るいノリのコメディとエロエロシチュエーションをお届けします! それぞれの家庭の妻や夫たちの心情の変化も、細やかに描写! 彼らの立場から、ロボットの『指導』を堪能(?)して下さい。

(引用 amazon "BLACKRAINBOW with nicotinesoft" 「新婚性活」 [アダルト]

少子化対策として政府は“少子化対策法案” を立案し、施行することにした。それは子どものいない夫婦が、安心して子どもを産み育てることができるように、という補助制度で、制度利用者には住居や生活費の一部などが提供されるが、子どもをもうける努力をする義務 が発生する。
そんな設定・世界観のエロゲーで、制度を利用して、政府の用意した専用マンションに住むことになった5組のカップルの「新婚性活」がオムニバス形式で収録されている。

5組のカップルのうち、きちんと「新婚」であるのは2組で、他はそれぞれ、父娘、姉弟、上司と部下の関係であり、生活苦などの事情から婚姻関係を装って制度の世話になろうとするなかなかの曲者ぶり。勿論、エロゲーなので強引な展開も辞さない形でエロい方向に進んでいく。
話が進んでいくうちにSとMの関係が次第に逆転していったりと、秘められた性癖(欲望)をテーマに捻りのあるシナリオとエロスが楽しめる。ただ、一度カップリング毎の男女の役割が定まると後はずっとそのパターンで先の見えやすい一本道なので、その点で少し物足りなさもある。
大崎シンヤ氏の描くキャラクターは魅力的で、作品の持つ明るくコメディタッチでありながらも背徳的な雰囲気というのをよく表現できていて合っていたと思う。

主人公=プレイヤーというスタイルではないので、感情移入しにくい部分もあるかもしれないが、政府による指導ロボット(ただし故障している)という第三者的な存在により、距離がある二人が性行為を強制されて次第に信頼を寄せ合うようになる展開は、これはこれで、見合いを極端化したような、ある意味リアルでグロテスクな男(社会)の願望をエロゲー化しているなと感じた。もっとも、冷静に考えればこのシステムは男にとっても恐怖であるわけだが。

shinkonseikatsu1.jpg shinkonseikatsu2.jpg
shinkonseikatsu3.jpg shinkonseikatsu4.jpg
                 
        

明治 きのこの山

                 


子どもの頃は間違いなくたけのこの里派でした。だって、きのこの山ってチョコ以外味しないんだもん。でも、年取ったらたけのこはちょっとくどく感じて、きのこの山派になっていました。
                 
        

大日本人 (映画)

                 
大日本人 通常盤 [DVD]大日本人 通常盤 [DVD]
大佐藤大(だいさとうまさる)は”獣”(じゅう)と呼ばれる巨大生物を退治する「大日本人」である。彼の家系は代々日本国内に時折出現する獣の退治を家業としており、彼はその6代目に当たる。映画は大佐藤がテレビ局の密着取材を受けつつ獣退治をする日々を送っている姿からはじまっていく。
しかしかつてと違って大日本人に対する世間の風当たりは強く、軍備の整った現代においては不要であると唱える者も出る始末。プライベートにおいても妻との別居、跡取問題、かつての英雄である祖父(4代目)の介護問題など悩みの種は多かった。
苦境に立たされながらも獣退治を続ける大佐藤だったが獣退治中に突如現れた赤い獣の圧倒的な強さに恐れおののき、逃亡をしてしまう。過去に確認されたことのないその獣は日本のものではないということしかわからない。大佐藤が逃亡する姿を映したテレビ放送は皮肉にも高視聴率を獲得した。取材ディレクターは再戦を要請するが大佐藤は乗り気ではなかった。その後も度重なるアクシデントで国民の反感をかい、大佐藤は窮地に立たされていくのであった。

(引用 Wikipedia 大日本人

2007年の日本映画。
松本人志の初監督作品。主演も務めている。

松本人志は大変な映画通らしく、元々映画での表現に興味があったということなのだろうが、著書『遺書』で綴られていた若き頃の主張では、自分はあくまでお笑い一本で、その他のしみったれた行為で稼ぐ芸人にはなりたくないというプライドの高さが表れていた。

その彼が歳月を経て、映画作品に監督兼主演として挑むのだから、それは勿論、過去の言動と比べた時の羞恥があったのだろう。本作はそんな彼の過去のお笑い芸人としてのプライドを自虐したような内容になっている。

メディアからの密着取材を受ける形で、主人公とそれに関わる人々のコメントを劇中内のカメラを通して拾いながら物語が進行するという、メタなスタイルが取られている。
これにより、カメラを意識した表情の硬さを演出しながら、人については曖昧でどこまでも演技であることが強調されており、一方で、取材側が無神経に抉り出す実態というものに対しては露骨に滲み出る惨めさとして真実味を与えている。

大日本人となって日本を救う役割を家業としてきた主人公が、時代に必要とされず、大日本人として良い時代だった昔と落ちぶれた現状を対比させており、これは、ビートたけしの『TAKESHIS'』のような、もしも芸人として売れてなかったらというもう一人の自分の想定でもあり、過去のプライドの高い勢いある若手お笑い芸人だった頃の自分と年と共に分別がつき過ぎてお笑い芸人としての感性が鈍りつつある自分、あるいは世間こそが松本を粗野で古臭く暴力的なものと見做すおかしな感性になりつつあるという事への反抗のようでもあった。
お茶の間と「弱者」に愛されるウルトラマン的なヒーローが本作の敵役である獣と呼ばれる存在に容赦のない集団暴行を加えるシーンは象徴的だった。

ただ、一本の映画作品としては、一つ一つのシーンには松ちゃんらしいシュールなコント的やりとりと流れが存在するものの、インパクトの弱さがこだわりを持ちすぎていて、退屈で辛い。ツッコミのない、ポリシーのあるボケが延々と垂れ流されており、その締まりのなさが苦しい。誰か俺の頭叩いてみろやという主張が作品に込められていたとしても、本作の弱弱しさではとてもそれに乗る気にはなれはない。
                 
        

大島食品工業 ミルメークココア

                 




ミルメークココア。なにか凄い風味とかコクがあるというわけではなく、安っぽくてちょっと甘めのミルクココアという感じなのですが、そこがまた飲みやすくて懐かしくて良いのかもしれません。
                 
        

映画けいおん! (映画)

                 
映画 けいおん!  (DVD 初回限定版)映画 けいおん! (DVD 初回限定版)
かきふらい原作の4コマ漫画をアニメ化した人気シリーズの劇場版。卒業を控えた唯たち軽音部3年生は、いつもの気まぐれで卒業旅行を企画。後輩の梓を加えて候補地をクジで決めた結果“ロックの聖地”イギリス・ロンドンへ向かう。

(引用 amazon 映画 けいおん! (DVD 初回限定版)

2011年の日本映画。
軽音部に所属する女子高生達のゆるい日常を描いた人気アニメの劇場版。

本作映画ではロンドンへの卒業旅行前後が描かれている。
テレビアニメ版同様に「けいおん」らしい地に足をつけながら空気を浮つかせた、大きな起伏のないゆるい日常を延々と繰り返し、その中の繋がり、何気ないコミュニケーションであるとか些細な発見や出来事に価値(ユーモア)を見出して共有しながら楽しむというソーシャル・ネットワーキング・サービスが発達・定着した現代を反映させたような、よく云えば他者(視聴者含む)が期待する理想的なロールプレイ、悪く云えば字面的な作りになっており、それでいて共感のセンスがきっちりとユーモラスで「素直」だから、その点ではけいおんファンなら安心して楽しめる出来になっていると思った。

ロンドン旅行という一大イベントもけいおんらしいゆるいノリで、淡々と描写されている。
気になったのは、本作のテーマが間もなく終わる高校生活と残される梓という後輩への思いに設定されており、それが少し重く、映画としてきっちり作ろうとしているから、テレビアニメのけいおんにあった「日常」に比べると行間を意識させようとする意図が多く見え隠れし、それがシーンの冗長感、キレ味の無さに繋がっている。
その意味で、本作はあくまでファン向けなんだろうなと受け取った。
ずっと見守ってきたファンであればこそ、彼女たち放課後ティータイム(とその周辺の人々)が紡ぎ、募らせた、優しい思いの質量をいつもと少し違う映画作品としてしっかり受け止めて楽しむことができるのかな、と。
                 
        

大塚製薬 アミノバリュー4000

                 


クエン酸が入っているからか、そんな感じの酸っぱさが強いアミノ酸飲料でした。飲んで、そういえば、キリンの903はすっかり見なくなったな、なんてことを思いました。
                 
        

私の頭の中の消しゴム (映画)

                 
私の頭の中の消しゴム [DVD]私の頭の中の消しゴム [DVD]
社長令嬢のスジンと工事現場で働くチョルス。育った環境の違う二人だが、互いに惹かれ合い結婚する。幸せな日々を送っていた矢先、スジンが若年性アルツハイマー病に侵されていることが判明する。それは徐々に記憶障害が進行し、肉体的な死よりも精神的な死が先に訪れる病気である。日々失われていくスジンの記憶をつなぎ止める術はなく、遂には夫・チョルスの事さえ記憶から消えていく。チョルスは葛藤を覚えながらも、彼女を大きな愛で受け止め、支え尽くす決意をする。

(引用 Wikipedia 私の頭の中の消しゴム

2004年の韓国映画。
2001年に放送されていた日本のドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』を原作に映画化したものとのこと。

1時間強、主人公とヒロインが出会って結婚するまでのありきたりな恋愛ドラマを見せられ、残り1時間弱から若年性アルツハイマーに蝕まれていくヒロインとそれを支える主人公の信頼と絆が強調される展開になる。
二人の馴れ初めパートが冗長で退屈な上に、後の消しゴムパートを修飾する役割としてうまく機能できてないので若干ちぐはぐなところはあるものの、頭の中の消しゴムによって記憶が消えてゆくという残酷な運命に抗いながら、また受け入れながら、お互いが尊重し合い、強い信頼と愛情で結びついているからこそ、二人それぞれがより重い方向へと覚悟を決めて舵を切っていく展開は切なく感動的だった。

あくまでラブストーリーであることが前提で、綺麗にまとめすぎているし、若年性アルツハイマーも作品としてはあまり重く捉えていない軽薄な感じがあるが、だからこそ、好きな相手から自分という記憶(思い出)が失われていく恐怖と哀愁を比喩的に他のシチュエーションに置き換えて見出す作業が安易に出来、幅広く素朴に共感を得やすいものになっている。
                 
        

赤城乳業 ガリガリ君 梨

                 




ガリガリ君の梨味。
氷菓に梨の味が見事にマッチしていて、梨のあの瑞々しさがよく再現されていると思いました。これは確かに梨味です、梨を食べている感覚があります、と言い過ぎるぐらい、梨でした。
                 
        

ドラゴンクエスト10への道その3 WiiたぶんOK

                 


USBLANアダプタとUSBハブが届いて、これで後は肝心のソフトさえ来ればドラクエ10を最低限プレイするための環境は整ったといえるようになったので、Wiiの動作チェックしてみました。

Wii設置で戸惑ったのがリモコンを感知するためのセンサーバーの存在。センサーバー? 説明書を読んで、なるほど、これのおかげでリモコンで無線プレイできるのね。なんかもう既に時代の先端技術についていけない感じになってたけど、なんとか設置して、Wiiスイッチオン。おお、ついた。動いて当たり前だけど、新しいハードがちゃんと動いてくれると新鮮な感動があって嬉しくなります。
だけど、リモコンのボタン押してるのに画面が先に進まない? なんで? と思ったら、リモコンに電池が入ってなかった。リモコンには単三電池が2本必要でした。



リモコンも動くようになってWiiの画面進めるとメニュー画面に。早速ネット接続のチェック。お、どうも接続成功だから有線LANアダプタを使ってのネット接続はOKってことかな。

Miiとか作ってみる。要はアバターですね。ここでキーボードの動作もチェック確認。
次に、お天気チャンネルとニュースチャンネルってのがあったので、どんな感じかポチっと押してみる。あれ、なんかチャンネルに入ってないって出てエラーが出る。あれ? そのチャンネルに入りたいんですけど。ネットは接続OKなのに。どういうこと? 別にお天気とかニュースは見られんでもいいんですが、ドラクエ10がプレイ出来ないと困るわけで、どうなのかな、大丈夫なのかな。後でまた調べてみよう。



お天気とかニュースはよく分からなかったので、Wii動作チェック用に買ったドラゴンクエストモンスターバトルロードビクトリーをプレイ。ドラクエのキャラがアクションするのは見ててそこそこ面白いけど、新品900円で買えただけあって、ゲームとしてはいまいちな感じ。

Wiiメニューの時から思ってたけど、リモコンの操作がやりづらい。いちいちテレビの方向にリモコン向けながらマウスポインタみたいなの動かしてクリックの繰り返しをしなければならないのは苦痛。

やっぱりクラシックコントローラーかツナイデントは買うべきか。リモコンの他にヌンチャクとかいうのがついてたけど、形状的にリモコンよりもゲームプレイに向いてなさそう……。

Wii、まともにゲームやるだけのためにどうしても周辺機器が必要になっちゃうなあ。WiiUもこんな感じになるんでしょうかね。
                 
    
> 2012年07月