日本代表VS巨人 WBC2013日本代表強化試合

                 
日本代表対巨人、ドリームマッチが遂に実現。



日本代表 6 - 1 巨人

阿部が欠場し、代わりとして糸井を四番に据えた山本監督。個人的には、状態が良ければ稲葉か、中田翔あたりがいいんじゃないかなと思ったけど、短期決戦であるということでアベレージを重視したということと、ジグザグ打線へのこだわりで糸井だったのでしょうか。面白いけど、若干、迫力に欠けますね。ただ、相手からしたら嫌な打線なのは間違いないでしょう。

試合は、巨人の先頭打者である矢野がいきなりホームラン打った時は、巨人も接待じゃなくてガチで来るのかと思いましたが、終わってみれば結構グダグダでした。ただ、日本代表に巨人の選手が多いこともあり、巨人対巨人の場面が多く見られましたが、中でも、澤村対高橋由伸の勝負は見応えがありました。

一方で、長野はまだモチベーションが上がっていないのか、動きが冴えませんでした。本番になったら熱く燃えてくるでしょうか。長野が冴えないとなると、大島と聖澤を代表から外したことが響いてきそうです。
                 
        

タバスコペッパーソースとトップバリュのフランクフルト

                 








ホットソースの定番タバスコです。これをフライパンで焼いたフランクフルトにちょこっとかけて食べる。うーん、アメリカン。タバスコは原材料が唐辛子とビネガーと塩というだけあって、ちょっと酸っぱくて、かなり辛いです。一滴舐めただけでで結構舌がヒリヒリします。はじめ、入り口からちょびっとした液が出ない設計なのでどうかと思いましたが、これ、誤ってかけ過ぎると大変なことになりますね。
                 
        

たまこまーけっと 第8話 ニワトリだとは言わせねぇ (アニメ)

                 

秋。デラのために巣箱を作ってあげるかんな。しかしデラは太り続けていたため、作った巣箱のサイズに合わなくなっていた。
良い機会だからとダイエットを始めさせられるデラだったが、ダイエットは想像以上の過酷さを秘めていた。

季節は巡って、空気は高く澄んでいく。人情ぬくいよ、ほっこりと。
心は染まるよ、紅葉色

デラちゃんダイエットをするの巻。コメディ一辺倒に振り切った回で、たまこ達のほのぼのとした世界の中で若さが思い切り弾けており、明るく楽しい話になっていた。

デラが痩せるという商店街との別れを暗に示すような要素で話を盛り上げつつ、一方では、チョイをたまこ達の側でより受容するという二つの相反する未来を示唆しながら伏線を張っている。
うさぎ山商店街もデラの故郷の南国もどちらもおとぎ話のような夢の国として表現されており、二つの違う夢の国の住人が交わった時、うさぎ山商店街の存在がフィクションであり、ジョークであることが鮮明にされ、これらは夢物語ですよと強く訴えかけられる。
                 
        

日清シスコ シスコーンBIG ホットケーキ

                 


シスコーンのホットケーキ味。ホットケーキというか、メープル&ハチミツ味。でも、いわれてみれば、あのホットケーキのふんわりした柔らかい甘さがうまく再現できているとは思いました。
                 
        

たまこまーけっと 第7話 あの子がお嫁に行っちゃった (アニメ)

                 

デラの故郷で鳥占官を勤めるお付きがたまこの家にやって来る。
だらしなく太ったデラを見て憤慨し、理由を尋ねるお付き。「餅がおいしくて食べ過ぎた」とは言えないデラは、思わず心にも無い嘘をついてしまう。

あの娘がお嫁に行こうとも、やっぱり豆腐は四角くて。四角いからこそ豆腐だよ

新キャラとしてデラ(鳥)の故郷で占いをやっているというお付きのチョイが登場。はじめはうさぎ山商店街に警戒を示す彼女だったが、商店街の温かさに包まれていくうちに態度を軟化させていくという大きなサイクルはこれまで通り。

エピソードのテーマとしては失恋になっており、豆腐屋の男が風呂屋の娘に恋をしていたが、その風呂屋の娘は別の男と結婚するという話になっている。その豆腐屋の男と風呂屋の娘の姿をもち蔵とたまこの姿に重ねたうえで、実はたまこがデラの故郷の王子の后ではないかというまさかの展開を匂わせていた。チョイは王子の事が実は好きなようなので、その場合はチョイも失恋してしまうことになる。

若干、迷走しだした感もあるが、これをどうまとめてくるのか、期待したい。
                 
        

日本代表VS阪神 WBC2013日本代表強化試合

                 
阪神投手陣恐るべし。



日本代表 0 - 1 阪神

やっぱり投手が良くなると全く打てませんね。これは日本代表だけに限ったことじゃないので、仕方ないとは思いますが、それでも3安打完封負けはちょっとお寒い内容でした。投手では2番手で出てきて点を取られた涌井が気になりました。本番では彼はどこで起用されるのでしょうか。
                 
        

ヤオコー 二層メンチの十六穀米弁当

                 


やっぱりスーパーの弁当が自分には合っています。メンチがサクサクで美味しかったです。
                 
        

たまこまーけっと 第6話 俺の背筋も凍ったぜ (アニメ)

                 

夏休み。暑い日が続いているため、商店街はいつもより人足が少ない。
たまこはお客さんを呼び込むため「商店街でお化け屋敷をやりたい」と提案する。
お化け屋敷制作を頑張るたまこ達だったが、商店街では不思議な現象が次々と起こり始める。

すったもんだの大騒ぎ。終わりよければすべてよし。今は眠るよ、ひたすらに

ほのぼの回。商店街を盛り上げようとたまこ達仲良しグループはお化け屋敷を企画する。学生の作る精一杯の「お化け屋敷」という空間と、それに合わせたかのように起きる怪奇現象に本気で大騒ぎする商店街の人達。そして、お化け屋敷に本気で怖がる担任の先生。

高校生の作るお化け屋敷だし、子ども騙しのクオリティでもあるのだろうが、決して馬鹿にせず、本気で向き合い、作り手に最大の敬意を表する周囲の人々の温かさ。メタ的に、このアニメの目指すものとそれに対する寛容さを求めているようなメッセージが発せられている作りになっているのが面白かった。洗練されたプロの技術が生み出す精一杯の手作り感覚のアニメ、それがたまこまーけっとなのかもしれません。
                 
        

ほそや 三色おこわ弁当

                 


僕が学生時代の頃からありました。千葉駅をホームにしてる人にはC-oneでお馴染みの米屋のお弁当屋さん「ほそや」。千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)にも出店しているそうです。今回のは千葉そごうに出してる店舗のものですが、ほそやの三色おこわ弁当です。
栗・筍・山菜の三種類のおこわにエビフライ・唐揚げ・ヒレカツ・鮭・ホタテといったオールスターのおかずが彩りを添えます。おかずが洋風で、やや男性向けの構成ですね。野球を見ながらガッツリいきたくなります。
                 
        

コカ・コーラ 2回目

                 


やはり、コカ・コーラが一番落ち着きます。

コカ・コーラ(1回目)
                 
        

フォルト!!S ~新たな恋敵~ (ゲーム PC)

                 
フォルト!!S(サービス)~新たなる恋敵(ライバル)~ 初回版[アダルト]
フォルト!!S(サービス)~新たなる恋敵(ライバル)~ 初回版 [アダルト]
・謎の新ヒロイン 神和住真夜(かみわずみ・まや) 登場!
夏休みが明けた新学期からスタート、転校生の新キャラクター 神和住真夜(かみわずみ・まや)が登場し物語は新たな局面へ!!

・一部Hイベントのアニメーション化!
フォルト!!Aで好評を博した一部Hイベントのアニメーション化を本作でも導入

・本作へとつながる前作フォルト!!の3Pルートのディレクターズカット版を収録(結構なボリュームあり)
前作未プレイの方、プレイしたけど記憶が曖昧な方でも安心です

(引用 amazon フォルト!!S(サービス)~新たなる恋敵(ライバル)~ 初回版 [アダルト]

フォルト!!のファンディスク。
ストーリーの設定としては前作のメインヒロイン藍と澪の二人両方と結ばれたハーレムルートの続編として作られているが、前作の藍&澪ルートがダイジェストで収録されており、ファンディスクといえど、前作を未プレイでも本作からスムーズに入っていけるような仕様になっている。

テニス部を舞台にしたドタバタ学園青春ラブコメというノリは変わらず、既に主人公が複数の女の子と関係を持っていても特別にイチャイチャした甘い雰囲気になることもなく、つかず離れずの距離感を保ったまま、いい雰囲気なった時にそのまま自然の流れでHになだれ込むという構成になっているのが良かった。

学園祭をテーマにしており、Hシチュエーションはそれに纏わるコスチュームや制服などがメイン。
今作初登場の新キャラクターとして、神和住真夜がいるが、見た目如何にもTony氏の描く清純派美少女なのに性格はちょっと高飛車というギャップが面白かった。ただ、テニス部部長の黎子と結びつきの強いキャラで、シナリオが大きく二つのルート、黎子・真夜のペアと藍・澪のペアに分かれ、それ以外の組み合わせが楽しめなかったのは少し残念。また、真夜の加入によって先生の璃花の存在がかなり薄いものになっている。全体的には、前作が好きなら十分に楽しめる出来。Tony氏の絵が好きなら「こういうのでいいんだよこういうので」という感じで満足出来るのではないだろうか。

faults1.jpg faults2.jpg
faults3.jpg faults4.jpg
faults5.jpg faults6.jpg
                 
        

エスビー 予約でいっぱいの店のボンゴレ

                 




予約でいっぱいの店として有名な東京・銀座「ラ・ベットラ」の落合務シェフの自信作が予約なしで味わえる、すごいのかすごくないのか田舎者の自分にはよくわからない一品。

ボンゴレは、あさりジュースの旨さで食べる料理だそうです。確かに、そういう旨味が出ていたような気がします。ワインパウダーの効果か、酒臭いというか、あさりの酒蒸しのような風味でもありました。
                 
        

日本VSオーストラリア2試合目 WBC2013壮行試合

                 
ちょっと怖かったけどね。



日本 10 - 3 オーストラリア

マエケンが逆転3ラン食らったときは、ちょっとどうなるかなと思いましたが、終わってみれば大勝でした。やっぱりこれぐらいはやってもらわないと!
オーストラリアはパワーの差を見せつけるような感じで、長打力という点では日本人ではなかなか外国人には敵わないのかなあと思わされたあたりに一抹の寂しさもありましたが、オーストラリアと日本では守備などの技術は圧倒的に違っていました。こういうところの差がそのまま点差に表れた試合でした。

また、大勝で活躍した選手が多いだけに、対照的に悪かった選手がわかりやすい試合でもありました。山本監督は、先発と4番に対して、もう少し考える必要が出てくるかもしれません。しかし、阿部は打順を落としてもレギュラーで使いたい選手ですし、田中将大も大事なところを任せたくなるものを持っています。そもそも、阿部以外に誰に4番を任せるのか。気楽なファンの立場からみても非常に難しい問題です。
                 
        

ニッスイ さんま蒲焼

                 




さんまの蒲焼缶詰。三温糖使用・遠赤外線焙焼とのこと。甘いけど、甘すぎない、まろやかな味わいで美味しかったです。
                 
        

日本VSオーストラリア1試合目 WBC2013壮行試合

                 
これが伝説のピッチャーパン屋さんの力か!



日本 3 - 2 オーストラリア

オーストラリアの先発はオクスプリング。オーストラリアといえば、アテネ五輪の時の敗戦の悪夢という印象がどうしても強いのですが、今日の試合はまさにそんな悪夢を彷彿とさせるかのような展開でした。
とにかく相手の投手が打てない日本の打撃陣。相手の四球やエラーでランナーは出すものの、あと一本が出ず、という内容を繰り返してきて、気づけば8回、あーこりゃダメかなと思ったら、中田翔、井端の連打でランナーをためると、まさかの相川の3ランホームランで逆転ですから、野球はわからないものです。

内容はよくなかったものの、終わってみれば、1点差でもとにかく勝てたというのは大きいと思います。投手の出来も気になるところですが、WBC球は滑りやすいようですし、どうしても球が抜けやすいのでしょう。それでも先発で2失点した田中将大の出来は気になりましたが……。

山本浩二監督がどれぐらいメンバーを固定して本戦に臨むのかはわかりませんが、井端、相川が結果を出したのに応えて、明日またやるオーストラリア戦では大幅にスタメンを入れ替えてみてほしいところです。

いやー、それにしても危ない試合だった。この代表でいいのか、もっと他にいなかったのか、って思っちゃいましたもん。
                 
        

第一食品 くんせい卵

                 








福島にある第一食品というところのくんせい卵です。俺は、あえて、福島を食いに行く。食べて東北を応援する。だから、電気代上げないでください。一緒にジャスコの肉。

このくんせい卵は、1週間スモークしているのがこだわりだそうです。ほのかな香りと口に入れた時に広がるしっかりした味わいと芳醇さが良かったです。
                 
        

ダイソー 自転車ワイヤーロック 長さ45cm

                 




たまに自転車の鍵が行方不明になります。原因は、僕は買い物した後に、自転車から外した鍵を買い物袋(ビニール袋)に入れる癖があるのですが、鍵を袋からきちんと取り出して自転車のカゴに戻さずにそのままにしてしまうこと。失くした鍵は、大抵、その袋の中に入った状態で見つかります。

しかし、今回はよく探しても見つからなかったので、新しいのを買いました。ダイソーの105円の鍵です。
                 
        

日清 カップヌードル レッドショックヌードル

                 






激辛チゲ風スープのRED SHOCK!!
「衝撃の辛さ」というだけあって、赤唐辛子たっぷりの真っ赤なスープはかなりの辛さで舌がひりひりしました。黒辛味噌ヌードルとは比べ物にならない辛さ。蓋に注意書きしてありますが、これは確かに、小さな子どもや辛味な苦手な方は気をつけたほうがいいと思います。それにしても、カップヌードルからこんなすごいパワーを持った小さなお子様お断りの大人向けフレーバーが出るとは。
                 
        

たまこまーけっと 第5話 一夜を共に過ごしたぜ (アニメ)

                 

夏。たまこ達は臨海学校に行くことに。
泳げないたまこは、みどり達とプールで練習をして海に備える。
一方、もち蔵はデラの強引な提案でたまこに思いを伝えることに・・・・・・。

恋の花火に、心の花火。真夏の夜の夢、色付く想い。はかなく散ってしまわぬように

臨海学校の回。ラブコメの回。もち蔵がたまこに自分の想いを告白しようとするが、そこにみどりちゃんが立ちはだかる。
たまこまーけっとはラブコメが描きたいのかな? 主人公のたまこが色恋に興味ない天真爛漫な存在だから、アプローチがもち蔵からに限ってしまい、視点と感情描写が偏っていくうちに、主人公のたまこの影が薄くなり、気づいたらこの作品のほのぼのとしたいい雰囲気が損なわれてしまっていたように感じた。

思わせぶりなタイトルもそうなんだけど、そこにたまこの意思とか視点とかがほとんど存在しておらず、たまこというキャラを持て余しているような作品の作り方に疑問を抱いた。
                 
        

孤独のグルメ (漫画 久住昌之 谷口ジロー)

                 
孤独のグルメ 【新装版】孤独のグルメ 【新装版】

学生時代は一人で飯を食うということはこの集団の社会の中ではとてもまずいことではないかと考えていた。今思えばあの強迫観念はなんなのだろう。あの種の強迫に追いかけられながら我々は生き続けなければならないのだろうか。

孤独のグルメは、個人で輸入雑貨商を営んでいる中年の主人公が、一人でふらりと入った店で飯を食う、その日常の中の食事のシーンを切り取った作品である。
自由気ままが性に合うと云いながら、どこか後ろ姿が寂しくて、侘しさのある主人公は、孤独を愛するというよりも、コミュニケーションが疲れやすいのか得意ではなくて、社会からはみ出された存在のようで、そんな彼が気になったものを注文し、気ままに食う。食って、豊かに満たされていく。口で会話をしなくとも、食事とその空間のあらゆる存在に対して五感をフルに使って独自のコミュニケーションを試みる彼の感性の豊かさが、一人で平凡に飯を食うことの楽しさであり可笑しさを詩的に伝えている。

「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず 自由で なんというか 救われてなきゃあダメなんだ 独りで静かで豊かで……」

誰でも、自分なりの楽しい食事の仕方というのはあって、それが多人数の団欒の場であっても、きっとそこにはその場にいる人の数だけ「孤独のグルメ」が存在するのだろう。
                 
    
> 2013年02月