松屋 プレミアム牛めし野菜セット(半熟玉子)

                 
IMG_0955.jpg

松屋の新しくなった牛めしを食べてきました。並盛380円と大幅に値上がりした牛めし。野菜と玉子のセットで530円とワンコインでは収まらなくなってしまいました。考えてみれば、自分が高校生だった頃は牛丼は1杯400円が当たり前ではあったのですが……。

値段が上がった分、プレミアムと称して質を上昇させたとのことで、実際に食べてみるとチルドになったという肉は確かに今までのものに比べて柔らかくジューシーになっているように思いました。ただ、タレを無添加にしたという味付けは若干控えめというか薄くなっている気がしました。これは松屋に通うような客層にはウケがあまり良くないんじゃないでしょうか。

その薄い味付けを補うためなのか、プレミアム牛めしを頼むと牛めしと一緒に黒胡麻焙煎七味というのがわざわざ盆に載ってやってきます。山椒などのような香ばしさや塩気が強調されたふりかけタイプの七味でした。気になったのはこれ、使うと入り口(穴)付近に七味が飛び散って残っちゃうんですよね。で、前の客が汚したのをそのまま持って来られたのはちょっと驚きました。まだマニュアルが徹底出来ていないだけなのかもしれないのですが、そこまでサービスを行き届かせるのが難しいのならば、普通の七味やドレッシングと同じように誰でも使えるように置いておけばいいのではないかと思いました……。

ダシ感を強くしたという味噌汁はコクと深みがそこそこ出ていて良かったです。

ネットではあまり変わっていないという意見もあるようですが、個人的には結構変わっていてなかなか美味しくなっているように思いました。ただ、牛丼をがっつり食べたいときに選ぶ牛丼でもないというところで中途半端ですね。個人的にはあの七味ではなく、カレーソースにプラスするカレーリッチのような、タレの味を強調できる調味料を開発してもらいたいところです。
                 
        

Free! Eternal Summer 5Fr 決意のヘッドアップ! (アニメ)

                 
5fr-05-thumb.jpg
水泳部の練習終わり、いつもと様子が違う渚に違和感を覚える岩鳶水泳部のメンバーたち。

タイミングを見て理由を伺おうとするが、渚は頑なにその理由を話そうとしなくて……。

いつも明るく、岩鳶水泳部のムードメーカー的存在の渚だったが、実は教育熱心な厳しい家庭で育ち、勉強とそれを強制する親に対して大きなストレスを抱えていた。テストの結果が悪く、親から水泳部を辞めるように言われると、とうとう張り詰めた糸が切れ、渚は家出をしてしまう。

普段の渚の姿からは想像できないほど、裏ではとても息詰まりを感じていたという暗いエピソードによるギャップが強調されているが、一期の時の真琴のトラウマが詩的であったのに比べると、どこかあけすけで品のなさを感じた。この作品のターゲットとしている層が求めているものがこういう要素であるというのなら別にいいのだが、次回以降のエピソードに繋がるような奥行きを演出出来ていないのは気になった。
                 
        

くるまや おはぎ

                 
IMG_0953.jpg
IMG_0954.jpg

JAきみつの味楽囲で購入。袖ヶ浦のくるまやというところが作ったらしいおはぎ。中のもち米の食感も含め全体的に素朴な味わいでした。
                 
        

マニアック (映画)

                 
マニアック special version [DVD]マニアック special version [DVD]
大都会:ニューヨークの夜を、美女の鮮血で染めるシリアル・キラー"マニアック"。
彼は幼い頃、母親に虐待を受け、生身の女性を愛することができなくなり、自宅に飾ったマネキンにだけ愛を覚える男になってしまった…。
鋭利な剃刀で切られる咽元。
頭皮ごと切り取られる頭髪。
ライフルの弾丸を受け炸裂する頭部。
残酷を極めたその凶行はどこまで続くのか?

(引用 amazon マニアック special version [DVD]

1980年のアメリカ映画。スプラッター系のホラー。

幼いころに母親に虐待を受けて育った中年男性が気に入った女性を自分勝手な理由で殺し、その女性をマネキンに変えて愛でるというストーリー。複雑な家庭事情を絡めた、フィギュア萌え族とかの観念に通じる話で、シリアル・キラーの主人公の異常性を女性を人形にして支配するというそのコンプレックスやフェチシズムを比喩的に組み合わせて構成している。

いうなれば、この手のホラーものの殺人鬼は鵺のような存在ではあるのだが、一つ一つのパーツについてはリアリティがあり、ある種の共感を呼ぶ狂気でもあり、合わせて作った存在ももしかしたらいるのかもしれない、そういう想像力と偏見を刺激して恐怖が引き出される。

映像も設定に負けないぐらいのなかなかのグロさを演出していたが、やはり時代を感じさせる古めかしさは否めず、迫力不足な感はあった。
                 
        

ダイドー エナジージム

                 
IMG_0951.jpg

ダイドーの自販機で買った120円のエナジードリンク。今年の土用の丑の日はこれです。ローヤルゼリー、カフェイン、7種のビタミン、人参エキス、アミノ酸(アスパラギン酸)と書いてあって、なんだか盛り沢山で効果がすごそうな気がしてきますね。飲んでみたらオロナミンそのものという感じの味ではありました。エナジードリンク界において、120円級の限界はオロナミンCなのかもしれません。
                 
        

軍師官兵衛 第30回「中国大返し」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140729 214859
毛利と和睦を果たした官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、光秀(春風亭小朝)を倒すため、京へと全軍で向かっていた。
味方が集まらず焦りを募らせていた光秀はすさまじい速さで秀吉軍が迫っていることを知りがく然とする。
官兵衛は右近(生田斗真)ら去就に迷っていた大名を取り込み、さらに秀吉嫌いの信長の遺児の説得に成功、秀吉軍は大軍勢にふくれあがる。
そして、ついに京に近い山崎の地で天下分け目の決戦が幕を開ける。

・秀吉の中国大返し、そして山崎の合戦で光秀は敗れる。秀吉、光秀、双方共に少しでも味方を増やすために策を練り、調略に奔走するが、全体的にはやはり信長がいた時に比べると緊張感がなく、弛緩した空気でダレている感じになっているように思えた。あっけなさを思わせないぐらいの疾走感と密度の濃さが欲しかった。

・ただ、その適度な緩さを演出できるのが秀吉の人たらしといわれる魅力であり、官兵衛の人の使い方の巧さともいえるのだろう。そして、それは光秀が望んだ穏やかな新しき世でもあるのかもしれない。

・秀吉と官兵衛の軍はかなりの距離を移動して疲労が溜まっているにも関わらず、朗らかな雰囲気で、光秀の軍に比べて明らかに士気が高かった。凄まじい速さで京にたどり着くことに成功したという結果に集約されているが、特別に足が速いとか乗り物(馬)の性能が高いというわけではなく、ひとえに政治力の賜物であるというのがきちんと示されていたのは良かったと思う。
                 
        

黒猫のウィズをプレイ中9 魔道杯withクロム・マグナ

                 
黒ウィズに飽きる→DMMの新しいソシャゲやってみる→黒ウィズに戻る。
最近、DMMはソシャゲ乱造し過ぎじゃないですか。

全画面キャプチャ 20140729 72641

正解は手綱切り。常識ですよね。全力でグーグルで検索かけたのは僕だけですよね。

全画面キャプチャ 20140729 72456
全画面キャプチャ 20140729 72705

てなわけでね、魔道杯おつかれさまでした。相変わらず2段と3段を行ったり来たりなんですが、パネルが順調に踏めれば3段でも1位がとれるようにはなってきました。
                 
        

沖縄ハム タコライス

                 
IMG_0949.jpg
IMG_0950.jpg

沖縄名物、ごはんで食べるタコスのタコライス。スパイシーで酸味のあるタコスミートにレタス、トマト、チーズとホットソースの組み合わせが独特のクセになる旨さを演出しております。ただ、レトルトでレタス、トマト、チーズをわざわざ自分で用意しないといけないというのはちょっとした手間ではありますね。
                 
        

HK 変態仮面 (映画)

                 
HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]
ドMの刑事とドSの女王様の間に生まれた、正義感の強い紅優高校拳法部員の色丞狂介(しきじょうきょうすけ)。転校生の姫野愛子に恋をした狂介。ある日、銀行強盗の人質になった愛子ちゃんを救うために現場に潜入し変装をしようとするが、マスクと間違えて女性用パンティを被ってしまう。その瞬間、経験した事のないエクスタシーを感じた狂介の中で、眠っていた両親から引き継いだ血が目覚め、潜在能力が100%覚醒した“変態仮面"に変身する。超人的な力で悪を倒す。

(引用 amazon HK/変態仮面 ノーマル・パック[DVD]

2013年の日本映画。まだ黄金期と呼ばれていた頃の週刊少年ジャンプに連載されて、カルト的人気を博したギャグ漫画を実写映画化した作品。

女性もののパンティーをかぶると変態仮面に変身する主人公と、そのパンティーをかぶった変態仮面の必殺技で盛り上がった股間に顔を埋める羽目になる犠牲者(敵)の姿のインパクトが見どころなのだが、変態仮面のビジュアル自体は肉体美を含め全てが完璧と言っていいほどに美しい一方、彼が繰り出す数々の変態技まで完璧に再現するのは難しかったようで、原作漫画にあった女物のパンティーと対になっている男の股間の迫力と臭い、コンプレックスやそれらが合わさって強い不快感を与えるほどのいやらしさが牙を抜かれたように削がれてしまっていたのは残念だった。

ストーリーもアクションシーンもそれほどすごい高いレベルではないものの、観客を退屈させないようにとシーンをなるたけ詰め込んでテンポよく展開させていたり、アクションなどに様々な作品からのオマージュを用いるなど、あちこちで工夫が見られ、原作へのリスペクトと制作への気合の入り方があの変態仮面の完璧なビジュアルに繋がっているんだろうと思うと自然と好印象になってしまう作品ではある。
                 
        

モスバーガー モーニングプレート

                 
IMG_0945.jpg

モスバーガーの朝食、朝モス。モーニングプレートはドリンクSセットで460円。トースト、オムレツっぽい玉子焼き、ソーセージ、ミニサラダ、ホイップバターとジャム、ドリンクという構成。ドリンクはラッシーにしました。モスバーガーのドリンクはセットでもユニークなものがあるのが魅力的ですね。ラッシーは飲むヨーグルトが乳酸菌飲料系のジュースっぽくなった風でした。

全体的にクオリティはなかなかといったところでしたが、トーストがほとんど焦げ目もないぐらいに焼き加減が弱いのが気になりました。結構お客が入っていて、それを少ない人数で捌いていたみたいなので、というところも関係してるんでしょうか。ソーセージもちょっとしなびた感じだったような……。
                 
        

泳ぎたい

                 
IMG_0948.jpg
IMG_0947.jpg

私は鳥になりたい。
                 
        

テルマエ・ロマエ (映画)

                 
テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]
古代ローマと現代日本の“風呂”をめぐる冒険を描いたファンタジックコメディ。古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい…。主演の阿部寛ほか、日本屈指の顔の濃い俳優陣が共演。

(引用 amazon テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

2012年の日本映画。

同名の漫画を原作に映画化したもので、古代ローマの浴場設計士の主人公が21世紀の現代日本に度々タイムスリップをし、そこで目にした風呂などから着想を得て、出世をしていくという話。コメディタッチで描かれており、言葉も通じない世界で文化の違いにショックを受けながらも興味深くそのギャップを凝視し続けるというシュールなシーンが軽快なテンポで続くのが面白かった。阿部寛が主人公を演じているが、その顔の濃さ、彫りの深さからビジュアルに全然違和感がなく、コミカルな顔芸の凄みが観ている者を作品の世界に引き込んでくれる。

ただ、ヒロインの上戸彩と阿部寛の言葉が通じるようになって、上戸彩が古代ローマに飛んだ後半パートからは、それまでの古代ローマと現代日本の絶妙だった距離感が台無しになり、軽妙だった展開から一転、スペクタルな感動ドラマに仕上げようとしてメッキを剥がしてしまい、チャチさが浮き彫りになって夢の世界から観ている者を醒ます残念な出来になっていたのが勿体無い。

前半部は本当に面白かったし、快適な風呂やトイレ、そしておいしい食事の素晴らしさは時代や国が変わっても共通という価値観、比喩的な意味も含んだ戦争で後方支援というものが如何に大切か、後方支援に徹することが如何にやりがいのあるものかというメッセージなどはとても素晴らしかった。
                 
        

伊藤園 お~いお茶 濃い茶

                 
IMG_0942.jpg

カテキン2倍になった濃いお~いお茶。通常のものより渋みを感じますが、すごく苦いというわけではなく、味の輪郭がはっきりするような形で濃くなっており、飲みやすかったです。
                 
        

デビルズ・スクリーム 金髪女子高生の悲劇 (映画)

                 
デビルズ・スクリーム 金髪女子高生の悲劇 [DVD]デビルズ・スクリーム 金髪女子高生の悲劇 [DVD]
18歳の誕生日を迎えたシリーナはその日、学校であまり話した事のないクラスメイトから祝いの言葉をかけられた。彼女はなぜかその夜行われるシリーナの誕生パーティに関心を持っている様子だったが、校長室へと呼ばれてしまったシリーナはその後、彼女と会う事はなかった。夜になり、パーティが開催され友人たちに盛大に祝われ最高の日を迎えたシリーナだったが、パーティ会場には招待されていない人物がひっそりと身を潜め、その“瞬間”を狙っていた……。学生たちに降りかかる容赦のない狂気とショッキングな展開が次々と繰り広げられる青春ホラー・ムービー!

2010年のアメリカ映画。ホラー。

18歳の誕生日を迎えたモテモテ女子高生のシリーナちゃんが誕生日パーティでボーイフレンドとセックスをしていたら、彼女に関心があって付け狙っていた凶暴な人間に襲われる、という話。80分ぐらいの作品時間のうち、誕生パーティが始まって殺しが起きるまでの引きで50分使っており、その内容が大したことないのでひたすら冗長な感じがしてしまったのが残念。

一応、オチにちょっとだけひねりがあり、自分のことを性的な目で見ているのは異性だけとは限らないという、同性愛、あるいは性同一性障害についてテーマにしているのが興味深かった。
                 
        

日本コカ・コーラ リアルゴールド

                 
IMG_0940.jpg

日本コカ・コーラ式の元気ハツラツオロナミンC。オロナミンCに比べるとこちらの方が味がややシャキッとしているかも。モンスターエナジーとかと違って効果をあまり実感できないところは共通している栄養ドリンク風ジュース。
                 
        

Free! Eternal Summer 4Fr 約束のサマーソルトターン! (アニメ)

                 
4fr-02-thumb.jpg
鮫柄水泳部では、県大会へ向けて、
それぞれの実力を発揮しようと意気込んでいた。

一方岩鳶水泳部では、栄養管理もトレーニングだと意気込む江が
皆のお弁当をチェックすると言い出し、部員の健康管理に励むのだが―――

宗介と凛の交流がメインの回。幼いころの思い出話から始まり、二人の水泳に対する考え方、特にリレーに対する捉え方の違いが浮き彫りにされる。この話もどこかで見た頃あるなと思ったらその既視感の正体は第一期の頃のフリーでしか泳がないと言い張る遥だった。遥の次は宗介なわけで、凛ちゃんは大変だ。

岩鳶編ではその凛ちゃんの妹の江ちゃんが栄養管理だとして部員の弁当をチェックすると、流れから手本を作って見せることになり、はりきる。ちょっとローアングルを挟んで江ちゃんのスカートの中を意識させるなど、男性の視聴者を意識したシチュエーションになっていた。また、男性同士だけの絡みよりもその集団の中で紅一点が男性の活動をサポートするというシチュエーションの方が感情移入が出来るという女性視聴者に対しても意識をしているのだろう。
                 
        

赤城乳業 ガリガリ君 アイスコーヒー

                 
IMG_0938.jpg

ガリガリ君のアイスコーヒー味。コーヒーのコクと苦味がアイスでしっかりと堪能でき、齧るブラック加糖といったところ。
                 
        

レイクサイド マーダーケース (映画)

                 
レイクサイド マーダーケース [DVD]レイクサイド マーダーケース [DVD]
名門中学への受験を控え、子供の勉強合宿のために湖畔の別荘に集った3組の家族と塾講師。並木俊介は受験に疑問を抱きつつも、娘の舞華のために、別居中の妻である美菜子と仲のよい夫婦を演じていた。その晩、俊介の愛人である高階英里子が何の前触れもなく別荘を訪れる。俊介は英里子と外で落ち合う約束をするが、英里子は現れない。別荘に引き返すと、そこには英里子の死体が横たわっていた。「私が殺した」という美菜子の言葉に愕然とする俊介をよそに、事態はさらに混迷を深めていく。事件の受験への影響を恐れた親たちが死体を湖に沈めようと提案したのだ。

(引用 Wikipedia レイクサイド マーダーケース

2005年の日本映画。

東野圭吾の小説を原作に映画化したという作品でサスペンス調のドラマになっている。子どもを名門私立中学に入れるための勉強合宿に参加した3組の家族。主人公、並木俊介は妻と別居中で夫婦仲は冷えきっており、愛人もいたが、娘のために合宿に参加をする。しかし、そこに突然愛人がやってきて、不穏な空気が流れる。主人公は愛人と落ち会う約束をするが、次に愛人と出会った時、彼女は死体だった。愛人を殺したと言う妻、更に事件が受験に影響することを恐れた合宿参加者の親達が死体を湖に沈めようと言い出して……。

受験と家族がテーマになった物語になっており、親であることの難しさ、子どものために親が醜くなることとその狂気を本当の父親ではない主人公という立場からの客観的な視点との対比によって掘り下げられている。更に子どもの怖さと強いストレスの下に置かれた彼らの苦しみについても言及されていた。

事件の真相についてのひねり方を含め、話自体はそれほどすごく新鮮なものや驚きがあるわけではないのだが、主演の役所広司を始め、薬師丸ひろ子、江本明、鶴見辰吾、杉田かおる、豊川悦司といった錚々たるキャストが構築してみせるドロドロの濃い人間関係に迫力があり、そこだけで話を持たせて、B級との違いを訴えているようであるほどだった。
                 
        

リーフフレッシュ ガリガリ君冷却シート

                 
IMG_0934.jpg
IMG_0936.jpg

夏の暑い日のお供に冷えピタなガリガリ君。貼ったところからソーダの甘い香りがするのがシュールです。
                 
        

業務スーパー 簡単本格派!インスタントフォー ベジタブル風味

                 
IMG_0931.jpg
IMG_0932.jpg
IMG_0933.jpg

業務スーパーのベトナム直輸入のインスタントフォー。香草が効いた透明感のあるスープと米粉から作られているフォーの弾力のあるツルっとした食感が特徴的でした。
                 
    
> 2014年07月