とんかつ食べ歩き10 千葉県市原市ちはら台西のおひつごはん四六時中ユニモちはら台店 ひれかつとじ定食 1166円

                 
p7oyldy27VUFAsB1435633946_1435634258.jpg
PGmfjzqlxpUOUSn1435634801_1435634960.jpg
SeH_zAsFJqhoUfU1435635489_1435635825.jpg

イオングループが運営する和食レストラン、おひつごはん四六時中でひれかつとじ定食を食べてみました。おひつごはんというだけあって、提供されるごはんは本当におひつに入っており、これがなかなかの艶やかさを感じることができます。ひれかつもまずまずの肉質で程よい柔らかさとヒレらしいさっぱり感がありました。また、卵でとじているのにしっかりした揚げたて感を味わえるのも良かったです。

サラダまでついており、全体的に大戸屋のようなクオリティ路線であることが伺えるんですが、それでも大戸屋より少し割高であることを考えると質はちょっと物足りないかなというのが正直なところでしょうか。大戸屋と違ってごはん大盛りが無料サービスではないところも気になりました。ひれかつの卵とじが火の点いた鉄鍋のまま提供され、自分の好みの卵の堅さで調節出来るのは面白いし、嬉しかったんですけどね。

刺身などの海鮮もののメニューが充実しているようだったので、そちらを食べるとまた評価は違ってくるのかもしれません。大戸屋に比べてこちらのほうが工夫を凝らした面白いメニューが期待できそうではあったので、これからに期待したいと思います。

個人的評価 ★★★★ 3.7
                 
        

響け!ユーフォニアム 第七回 なきむしサクソフォン (アニメ)

                 
hibike0701.jpg hibike0702.jpg
オーディション、そしてコンクールに向けて部員たちも練習に熱が入る。
そんな時、上手く吹けない葵に滝は「いつまでに吹けるようになるのか」と問いかける。
滝の問いかけに葵は……。吹奏楽部に衝撃が走る。

伏線が張られていたので視聴者としても薄々そうなることは覚悟していたが、今回の話の中で本当に葵ちゃんが退部してしまう。やる気のある部員がそうでない部員と衝突して抜けていった過去の出来事が絡められているが、集団が一枚岩となって猛練習に取り組むことへの違和感を比喩的に表現して投げかけているというのがこれまでの話の流れからわかる。一番のポイントは、オーディション制を取り入れて全国大会を目指すことで部の全体としてはやる気が向上したものの、結局、こちらも意識のレベルが違う者同士の共存は叶わなかったというところだろう。

そして、前回から唐突に始まった葉月の片思い。今回では久美子を巻き込んでの三角関係に発展する兆しを見せる。このきらきらのすぐ裏にあるどろどろ感、これが吹部か……。まさに青春。
                 
        

富士キャニング うめスカッシュ

                 
IMG_1487.jpg

マイナーブランドによる当たり障りのない梅の炭酸ジュースですが、こだわりすぎていないその平凡さが爽やかでいいです。
                 
        

いちはら国府プレミアム商品券

                 
IMG_1479.jpg
IMG_1480.jpg

多くの市原市民の方々と同じように、僕もユニモ開店1時間前ぐらいから並んで整理券ナンバー159でプレミアム商品券を買うことが出来ました。いやー、えらい行列でしたよ。実際に並んで汗をかくと、プレミアム商品券自体は市原市独自の政策でもなんでもなく、また今年で2回目なので他の自治体の販売方法や前回の反省から事前申込み制などにした方が良かったんじゃないかなあと確かに思いますね。

1世帯3冊まで、市原市民に限るとしつつも、身分証明書の提示などが不要だったので、やろうとすれば一人で複数回購入したり、また市外の方でも購入出来るのはおかしいのではないかという当然の批判が並んでいる最中にもあちこちから愚痴として聞こえてきました。この暑いのに長い時間並ばされて皆イライラしていた面もあるんでしょう。でも、つい先日、市原市の衰退を何とか食い止めようと選挙をやったばかりなのに、これだけ市民をイライラさせてしまう商工会と市役所における町内会の延長みたいな頭の悪さとセンスの無さを目の当たりにすると、もうため息をつくしかないですね。
                 
        

キッコーマン 玄米でつくったライスミルク

                 
IMG_1472.jpg

キッコーマンのライスミルク。砂糖や甘味料を使わず、玄米だけで仕上げたミルクでお米本来がもつ柔らかで優しい甘みが堪能できるが、意外としっかりしたその甘みはやはり炭水化物って糖質なんだなと思わせる。
                 
        

響け!ユーフォニアム 第六回 きらきらチューバ (アニメ)

                 
hibike0601.jpg hibike0602.jpg
今年からコンクールメンバーがオーディションで選ばれることになり、
1年生の葉月にもコンクール出場のチャンスが!
上手くなりたいと練習を頑張る葉月をあの手この手で応援する低音パートだったが……?

滝先生の独断で吹奏楽部のコンクールメンバーが今年からオーディションで選ぶことが決まる。今までは上級者を優先して選んでいたようだ。滝先生、どうやら本気で全国大会を目指しているらしい? 年功序列ではなく、実力主義でメンバーが選ばれるということで初心者の葉月ちゃんにもチャンスが来るのか。いや、来ないでしょ。そういう初心者や下手くそを弾くためのオーディション制だしという視聴者のツッコミをよそに、アニメでは必死に努力する葉月とそれをサポートする久美子たち低音パートの部員の姿が描かれる。

後藤くんのチューバに対する含蓄のあるメッセージ、いいところがないのがいいところ、いいところがないのに必死に頑張るというのはこのアニメが表現しようとしている事に掛かっているのかもしれない。
                 
        

シュウェップス シトラス

                 
IMG_1471_201506281413557e8.jpg

シュウェップスのシトラスフレーバー。オランジーナと同じくアダルティなテイストがウリなはずなのに、オランジーナと比べると特徴が弱く、どこにでもありそうなオレンジソーダ系と大差ないのはシトラスでも変わりありませんでした。
                 
        

響け!ユーフォニアム 第五回 ただいまフェスティバル (アニメ)

                 
hibike0501.jpg hibike0502.jpg
サンフェスへの出場が決まり、マーチングの練習を始める吹奏楽部。
新しい衣装も配られ、積極的に練習に取り組もうとする部の雰囲気は以前と明らかに違っていた……。
そして、ついにサンフェス当日を迎える。

サンフェスに向けてマーチングの練習に取り組む吹奏楽部。

居残り練習を提案する部員が出るほどやる気を漲らせ、例年とはひと味違う北宇治高校のパフォーマンスが期待できるようになるが、一方で一糸乱れぬパレードを披露する軍楽的なマーチと一致していく部の雰囲気に抵抗するように自分のペースとリズムを重んじる葵ちゃんのスタイルがここでも描かれ、集団主義の中で個性を埋没させてしまうことや、空気に流されるままに誰かに負担を強いることに対して一石を投じているのが本作らしさではある。

それでも最後には個々人によって捉え方が違ったバラバラの「一生懸命」を何とか繋ぎあわせて出来上げた演奏が他の名門校と同じように沿道の観客の心を掴むという締め方になっており、それが皮肉になっていて残酷さを含んでいるのが趣深い。
                 
        

カルビー じゃがりこ ゴロゴロほたてバター

                 
IMG_1470.jpg

2年ぶりに登場のじゃがりこのほたてバター。スティックに練りこまれている具がゴロゴロしているのが2015 ver.のウリらしいのですが、もうちょっとホタテの分かりやすいつぶつぶ感とかプニプニ感とかを味わいたいところでした。
                 
        

介護職員初任者研修講座 第3回 自立支援

                 
IMG_1468.jpg

第3回の講座は自立支援とノーマライゼーションについての考え方でした。といっても実際はほとんどの時間を試験対策に費やしており、試験があることは知っていましたが、さすがに介護の試験に落ちんやろおと思っていた自分でも数時間単位で試験対策に使われるとちょっと身が引き締まる思いがしてきました。教える側も受講生に落ちてもらうわけにはいかないということで大変だという事情があるようです。

自立(律)支援については、ケアする側がまるで赤ん坊の面倒を見るように何でもやってしまうのではなく、自分で出来ることは自分でさせることの重要性や、また安部首相も構想を打ち出している日本版CCRC、要するに都会の高齢者を地方に移住させて高齢者だけの町をあえて積極的に作ることでその地域のケア体制を充実させていくことの是非等について学びました。

CCRC構想の一方で、日本でも介護保険サービスに頼らずに在宅介護で家族の面倒を見る世帯には何らかの手当がもらえるようになっていくと思われるが、それが介護保険サービスを利用した場合と比べて本当に割に合うものになっていくかといえばそうはならない、例えば月3万円で30万円分のサービスが利用できていた介護保険サービスを月に5万なり6万なりの手当で一人ないし二人の素人がほぼ全て賄おうとしても無理があるのではないだろうかということでした。

ノーマライゼーションについてもこれが絶対という考え方を定めたものではなく、常に更新されている思想であり、またケースバイケースでもあるということが前提になっており、システムとしての枠組みやマニュアルを尊重しつつ、個別のケアではどれだけ柔軟にそして臨機応変に対応できるかが求められるものの、実現にはかなりのコストを支払うことになる場合も多く、それが介護する側を疲弊させ、介護する側を介護される側にしてしまっては本末転倒であるので、介護する側が持続可能なケアであることも自立(律)支援の視点では大事なことであるということだそうです。
                 
        

カルビー じゃがりこ ゴロゴロチーズベーコン

                 
IMG_1469.jpg

じゃがりこのゴロゴロチーズベーコン。チーズのまろやかさとベーコンを想起させるほんのりスパイシーの組み合わせがマッチしていて美味しかったものの、じゃがりことしては特に新しい味わいでもなかったような気がしました……。
                 
        

響け!ユーフォニアム 第四回 うたうよソルフェージュ (アニメ)

                 
hibike0401.jpg hibike0402.jpg
滝の厳しい指導に泣き出す生徒もでるなか、
サンライズフェスティバルへの出場をかけて久美子たちは練習に取り組んでいた。
部活の帰り道、久美子と秀一が滝について話していると麗奈がやって来て……。

生徒の自主性を重んじて私はそれに従うだけなんて言いながら、実際は嫌味を織り交ぜて生徒たちを発奮させ、自分の支配下に置こうとする滝先生の思惑通りに吹奏楽部はちょっとずつやる気を出していく。こんなインテリヤクザな滝先生を素晴らしい方だと慕う高坂さん。実際、吹奏楽部のような大人数の子どもたちで組織された集団の目標を設定して意識を統一させていくには明確な上下関係とそれを踏まえた上からの命令が必要なのかもしれないが……。
                 
        

いろはす とまと

                 
IMG_1462.jpg

とまと味のいろはす。これがトマト? と驚くぐらいすっきりとした爽やかなテイストのフルーティさで、その中にあるちょっぴり尖った酸味が言われてみれば確かにトマトを感じさせるかもと思いました。
                 
        

介護職員初任者研修講座 第2回 尊厳を支える介護

                 
IMG_1461.jpg

第2回の介護職員初任者研修講座では前回に引き続いて職務の理解について学びました。

・介護と聞くと高齢者に対して行われるものというイメージがあるが、障害者等に対しての介護も存在する。また単に食事や入浴、排泄等の介助を行うことだけが介護ではなく、コミュニケーションを取ることも介護であるということ。

・政府や自治体が介護保険の負担を減らすために推し進めている介護予防の観点から、高齢者に対して地域のレクリエーション等の活動への参加を促すことと、そう出来るような地域社会の機能の必要性。

・介護される側と介護する側の双方の尊厳に十分注意が払われるためにこのような講座で国や地域の構成員として理解を深め、高い意識を持ってもらうの重要性。

・介護保険サービスの仕組みとそれを利用するにあたっての具体的な手続きの方法。

などを教わったわけですが、やはり重点は介護をされる側の尊厳に置かれており、それはそちらの方が所謂「弱者」という存在に当たりますし、そういう講座なので当然ではあるのでしょうけれど、身体的な機能や認知能力の低下とそれらが引き起こすメンタル面での問題に個々人が抱えているバックグラウンドに配慮しながら向きあうことの難しさが講師の方のお話からは伝わってきました。

これが親(家族)の介護とかあるいは仕事として施設等で働き賃金をいただくということであるならばまだ分かるのですが、今まで大したお付き合いもなかった方へ地域のボランティアとしてこなしていくとなると個人の資質とか知識とか意識とかというものだけではなかなか壁を乗り越えられないものがあるのではないでしょうか。

一番求められるのは、介護する側が己の尊厳を守りつつどこまで寄り添うことが出来るのか、その線引への自覚とそれに対しての個々人の差に世間としての我々はどこまで寛容になれるのか、あるいはカミュの『異邦人』のような不条理さをどう処理していくのかということなのかもしれません。

政治シーンでは不寛容への寛容と無関心への肯定に対しての非難がリベラルの側から相次ぐ昨今ですが、少子高齢化に悩む共同体に於いて、マイノリティの存在であるともいえる「若者」にとっては重要なキーワードになりえるという捉え方も出来るでしょう。
                 
        

とんかつ食べ歩き9 千葉県市原市犬成のそばぐるめきたこま かつ丼セット 1030円

                 
6hO0bOAAvhmm5Jj1434456782_1434456960.jpg 
cqAQcWtvVhxWc2g1434457045_1434457222.jpg
P04gjtARiKtmtjR1434457309_1434457374.jpg

散歩がてら、茂原街道を挟んでかま屋さんの向かい側に店を構える蕎麦屋のきたこまさんにお邪魔してかつ丼とお蕎麦のセットを頂きました。朝から降っていた雨が止んだ昼下がり、雨のお影でだいぶ過ごしやすい気温になったから大丈夫だろうと高を括って長袖で出かけたものの、湿度のせいで蒸し暑くてすぐに汗だくになってしまったので、冷たい蕎麦にしようと考えていたのですが、店内で振る舞われた熱いそば湯に口をつけると、気づけば熱いお蕎麦のセットに挑戦していました。

ほんのり甘いカツと繊細な蕎麦はどちらもプロの手作りを出来たてで味わえる上品で優しい美味しさで、食べていてほっとできる安心感があります。見た目以上にボリュームがあるのも嬉しいところですが、卵でとじているので仕方ないとはいえ、ややカツの肉が堅めなのが気になった点でしょうか。

蕎麦を重視するか、かつを重視するかで評価が変わってきそうですが、いずれにせよ高いクオリティなのは間違いなく、かま屋の向かいにきたこまがあるというのは茂原街道沿いにおける最強グルメスポットはここだと言えるほどのすごい組み合わせなのではないかと思います。

市津地区に住む者としては、いつかきたこまのお蕎麦とかま屋のかつ丼という夢のコラボレーションセットを食べてみたいものです。

個人的評価 ★★★★ 4.0
                 
        

町内会の定例役員会

                 
今年度より町内会の役員を務めております。市民体育祭とか出たこと無いんですが、今どきの町内会はユニフォームとかがあるものなのですねえ。あと選挙絡みで、自治会が構成員のコンセンサスを得ずに特定の候補者の支援をするということが今までは通用したかもしれないけれど、その行為によって多くのコストを支払い、市原市の政治シーンに影を落とす羽目になっており、これからは自治会にとっても政治家にとってもほとんどマイナスにしかならないというのが自分の考えです。

image-004.jpg
                 
        

三ツ矢フルーツサイダー パイナップル

                 
IMG_1457.jpg

パイナップルの味がする三ツ矢サイダー。飲んで分かるノーマル三ツ矢サイダーの偉大さ。パイナップルも美味しいんですけどね。
                 
        

市原市議会議員選挙 2015

                 
6/7に投票が行われた市原市議会議員選挙の結果と選挙公報を載せておきます。

開票結果
▽鈴木ともなり、当選、4996票
▽竹内直子、当選、4824票
▽小沢みか、当選、4809票
▽斉藤なおき、当選、4169票
▽かっち豊、当選、3984票
▽山内一平、当選、3894票
▽保坂よしのり、当選、3733票
▽菊岡たづ子、当選、3576票
▽二田口ゆう、当選、3571票
▽森山かおる、当選、3395票
▽おおそね友三、当選、3296票
▽山内かつ子、当選、3260票
▽いさ和子、当選、3251票
▽菊地ひろみ、当選、3215票
▽渡辺なおき、当選、3141票
▽加藤和夫、当選、3260票
▽たかつき幸子、当選、3083票
▽水野よしゆき、当選、3082票
▽宮野あつし、当選、3053票
▽山本しげお、当選、3006票
▽橋本ひでかず、当選、2965票
▽西松しげはる、当選、2944票
▽塚本としまさ、当選、2789票
▽ながの喜光、当選、2652票
▽関まなぶ、当選、2559票
▽田尻みつぐ、当選、2389票
▽伊藤しげあき、当選、2375票
▽伊藤ひろし、当選、2260票
▽吉田みねゆき、当選、2209票
▽岡いずみ、当選、2155票
▽ますも誠二、当選、2142票
▽宮国かつあき、当選、1949票

▽ひよし厚、1609票
▽くらますみのる、1559票
▽秋元たかお、1386票
▽若林りょう、1373票
▽国吉ひでゆき、913票
▽大矢仁、912票
▽花ざわ良三、904票
▽にしむら和男、785票
▽小野田あつし、553票
▽みそのう賢司、518票

全画面キャプチャ 20150613 125955

全画面キャプチャ 20150613 130000

全画面キャプチャ 20150613 130004

全画面キャプチャ 20150613 152144

全画面キャプチャ 20150613 152148

全画面キャプチャ 20150613 152153

全画面キャプチャ 20150613 152200

全画面キャプチャ 20150613 152207

※画像はクリックすると拡大します。
                 
        

市原市長選挙 2015

                 
6/7に投票が行われた市原市長選挙の結果と選挙公報を載せておきます。

開票結果
▽小出じょうじ、当選、5万7667票

▽大西ひでき、4万2816票
▽石井かずお、1万382票

全画面キャプチャ 20150613 124011

全画面キャプチャ 20150613 124017

全画面キャプチャ 20150613 124023

全画面キャプチャ 20150613 124109

※画像はクリックすると拡大します。
                 
        

あたり前田のランチクラッカー

                 
IMG_1453.jpg

あたり前田のクラッカー。食感がしっかりした堅めのタイプのクラッカーでした。ややオーソドックスなビスケットに近く、クラッカーが苦手という人にもおすすめできるものだと思いますが、逆にクラッカーのあの軽い口当たりと口の中がパサパサする乾いた感じを思いっきり堪能したいという人には物足りないのかもしれませんね。
                 
    
> 2015年06月