ひぐらしのなく頃に 第21話 「目明し編 其の六 断罪」 (アニメ)

                 
higurashi21-1.jpg
…沙都子と梨花が「鬼隠し」にあった…
真相はもちろん鬼の仕業。

鬼の隠れ家「地下祭具殿」で繰り広げられる、血の饗宴。

必死に抵抗する沙都子は、同時に過去の自分と闘っていた。

しかし狂い出した歯車は、もう決して止まることはない。
ひとつの世界のからくりが明らかになり、そしてまた新たな謎が…。

目明し編ラスト。自分の中の鬼を抑えきれなくなった詩音はとうとう沙都子と圭一までを毒牙にかけ、自身も病室に戻る途中に転落死を遂げて目明し編が終わる。圭一が刺されるところは綿流し編でも描写されていたものだが、梨花と沙都子が命を絶たれるシーンはなかなかに凄惨で衝撃的なシーンになっていた。ただ、そのインパクトに頼りすぎていて結局のところ悟史はどうなったのかなどが謎のまま残されてしまっている。意図的なものなのだろうが、これは後のエピソードで明らかにされていくのだろうか。悟史の失踪はどうやら本当に村の人間が関わっているものではないようだ。

それと、綿流しで大きな謎であった、圭一の出会った時間にはすでにその人物は死んでいたものと推定されるという伏線がほとんど回収されていなかったのも気になった。このズレは要するにあくまでオヤシロ様の祟りという超常的なものが原因であるということを示唆していると受け取っていいのだろうか。ただ、今回の殺しはあくまで「鬼」の所業であって、オヤシロ様ではないので、オヤシロ様はやはり別にいるものなのだろう。
                 
        

ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!!」 (アニメ)

                 
ss01a.png
静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある「私立浦の星女学院」。
そこに通う2年生の高海千歌は、クラスメイトの渡辺 曜と訪れた東京の地で、スクールアイドル「μ’s」の存在を知り、衝撃を受ける。
私も輝きたい――そう強く感じた千歌は、早速スクールアイドル部の設立を目指して部員集めをスタートする。部員集めも上手くいかず、生徒会長の黒澤ダイヤにも反対されるなど、前途多難な中、悩む千歌の前に突然の奇跡が訪れる――。

キャラを一新させたラブライブの新シリーズ。μ’sに憧れる主人公がスクールアイドルを目指し、まずはスクールアイドル部を立ち上げようと奔走する。

前のシリーズでは閉校の危機に陥った学校を救うためという名目があったので、今回のテーマは舞台が田舎であるし、地域振興あたりだろうかと思っていたら主人公がスクールアイドルを目指す動機が純粋な憧れと、何より普通の女の子のまま高校生活を終えることが嫌だったからとなっている。面白いなと感じたのは、普通の女の子でい続けることが嫌でスクールアイドルを目指すのに、スクールアイドルの魅力の一つがアイドルといっても割と普通の女の子であると表現されているところで、このへんの微妙なニュアンスの違いなどをどう解釈するかでラブライブやスクールアイドルというファンタジーでありストーリーといったものへの評価も変わってくるのかもしれないと思わされた。とはいえ、この動機ではアイドルにとって重要なストーリー性がやや弱いのではないかという気はする。

話のノリ自体はキャラを変えただけで前シリーズをほぼ踏襲したものになっていたが、キャラを変えただけでも作品の雰囲気が違和感を覚えるぐらい違うものになっていたのは趣があった。まだ登場人物の紹介がメインの第一話の段階で話がごちゃごちゃしていたので、これからの展開に期待してみたい。

ただ、前のシリーズに比べるとキャラ付けとそこから来るキャラクター同士の掛け合いにエッジが効いておらず、中二病をこじらせたようなキャラも狙いすぎていて滑っているような感じではあった。
                 
        

日清 カップヌードルLight+ チーズフォンデュ

                 
IMG_2140.jpg
IMG_2141.jpg
IMG_2142.jpg

カップヌードルライトのチーズフォンデュフレーバー。今までのチーズ系カップヌードルに比べるとややスープがあっさり目で軽い感じなのに味わい自体は薄すぎずしっかりしているので物足りない感じはないと思いました。むしろこっちの方がコクが強すぎなくて好みという人もいることでしょう。
カボチャ、赤パプリカ、ジャガイモ、キャベツ入り。
                 
    
> 2016年07月