ひぐらしのなく頃に 第25話 「罪滅し編 其の四 地球侵略」 (アニメ)

                 
higurashi25-3.jpg
…レナから連続怪死事件の“真相”とその黒幕に関する情報を得た大石は、「レナが園崎組に狙われて雲隠れした」という報せを受け、身柄の確保へ乗り出す。

しかしその園崎組は魅音からの指示でレナを警察から匿うべく動いていたのだった。

単独行動を続けるレナを説得する圭一だったが、レナに自らの過去を暴かれ、一蹴されてしまう…
果たしてレナの孤独な戦いの行方は…!?

レナが寄生虫に取り憑かれて狂気に支配されていく。また圭一の過去についての言及もあり、実は圭一は転校してくる前に児童襲撃事件を起こして保護観察処分を受けていた。このへんの設定が圭一の妄想癖みたいなことに繋がってるような感じなのだろうか。実際は圭一も寄生虫に取り憑かれているようなのだが。

レナは寄生虫に関することで宇宙人の襲撃だと言い出したりとよくわからないことになってくる。ただ、鷹野についてもレナについても警察サイドからの情報を信じれば、よく似た存在がいるのは本当ではないかということになっていて、登場人物と視聴者を大いに混乱させてくれる。魅音と詩音の双子という設定にも重なりそうなこのドッペルゲンガーの存在は何を意味しているのだろうか。鷹野やレナだけでなく、綿流し編では魅音もしくは詩音のコピーも存在していたと考えると、本当に宇宙人の線もあったりして。
                 
        

真田丸 第28回 受難 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20160718 121103
秀吉(小日向文世)に再び男子が生まれ、居場所を失った秀次(新納慎也)は関白の座を放棄し聚楽第から出奔、信繁(堺雅人)を頼って京の真田邸に身を寄せる。一方、信繁は秀吉から、大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)との結婚を命じられる。秀吉の怒りを恐れた秀次は、信幸(大泉洋)を伴い高野山へ向かう。秀次の娘の運命を託された信繁は、命を救うため、堺の伝説の商人・呂宋助左衛門(松本幸四郎)のもとを訪れる。

秀次が出家して高野山に入り最終的に自害に及ぶのだが、それは秀吉の命によるものではなく、すれ違いの結果、秀次が思いつめて自発的に判断したものだという解釈のもとで描写されていた。文脈としては秀吉によるプレッシャーや秀吉の真意が分からないままに複雑な事情を抱える豊臣家の将来を託されたことへの責任や不安などから追いつめられていくということになるのだが、結局は北政所が云うように秀次の器は関白を務めるには分相応であったということなのだろう。
                 
        

キッコーマン 豆乳飲料 甘酒

                 
IMG_2172.jpg

甘酒風味の豆乳飲料。甘酒の甘さが強く主張されていて、それを引き締めようと後からやってくる豆乳のミルキーなテイストが甘さを抑えきれずに練乳になってしまっているんですが、その組み合わせがなかなか不思議な味わいを演出していました。パッケージには「ほんのり甘い」と書いてありますけど、これはかなり甘ったるいのではないかと思います。
                 
    
> 2016年07月