贖罪 (小説 湊かなえ)

                 
贖罪 (小説 湊かなえ) 贖罪 (双葉文庫)
15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った──あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

同級生が殺害された事件をきっかけにその後の人生の歯車が狂ってしまう4人の少女たちと被害者の母親の様がそれぞれの人物の告白という形によって綴られている。少女たちが被害者の母親から犯人を見つけるか償いをしろと責められたことで過剰に思い悩み、幸せになることを拒絶していくシーンは印象的だった。多感な少女や殺人事件を用いて象徴的でセンセーショナルに描かれているが、人は様々なことに影響を受けるし、また与えることが出来てしまうということを考えさせられる構成である。

閉鎖的な田舎町に引っ越してきてうまくやっていけずにいた母親の側の背景やドラマも描写されており、犯人の人物が母親の側の人生に深く関わっている存在であったことが明かされる結末は、母子の関係や家族、そして男女の性といったものに対して田舎町の閉鎖性と重ねることで皮肉られており、同時に罪の意識とそれを植え付ける道徳というものへの嘆きでもあるようだった。ただ、それぞれの登場人物の姿とドラマはややステレオタイプで陳腐なきらいがあり、それほどの斬新さや不気味さを感じなかったのは残念。
                 
        

御城プロジェクト:RE プレイ55 春日山城

                 
御城プロジェクト:RE プレイ55 春日山城
御城プロジェクト:RE プレイ55 春日山城
御城プロジェクト:RE プレイ55 春日山城

1年間築城し続けても出てくれなかった春日山城ちゃん。もう課金アイテムのオマケにでもつければと思っていたら、要石10個使う特殊築城キャンペーンであっさりゲット。あなたが神か! て、これでいいのかなあ。でも、柳川城が改築可能になったこともあり、だいぶ気トークンユニットをそれぞれの地形適正に合わせて採用しやすくなりましたね。
                 
        

キッコーマン 豆乳飲料 マンゴー

                 
キッコーマン 豆乳飲料 マンゴー

マンゴー味の豆乳飲料。そこそこフルーティでそこそこミルキー。中途半端な印象も受けますが、それがまた飲みやすいという感じも。
                 
        

御城プロジェクト:RE プレイ54 10連ガチャを回してみた19&20(1周年記念セット)

                 
御城プロジェクト:RE プレイ54 10連ガチャを回してみた19&20(1周年記念セット)
上田城

1周年記念ガチャの続き。やはり羅紗改付きは回してしまいますね。回したけれど、確定☆6の2人以外は☆5が1人という有様でした。広島城と上田城、共に初めて迎えるキャラですし、二人とも強いので良しとしておきましょう。ただ、上田城は何も聚楽城の後に来なくても……。
                 
        

おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第12回「おんな城主直虎」
今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。しの(貫地谷しほり)は、こんな事態を引き起こしたのは次郎法師だと責めたてる。今川から嫡男・虎松の命も差し出すようにと命じられた井伊家。新野左馬助(苅谷俊介)は虎松の助命を願うため、駿府へ向かうが、引き換えに思いもよらぬことを仰せつかる。

直親、やっぱり死んでしまう。そして今川の手下となって帰ってきた政次には井伊家を渡せないとおとわは直虎を名乗り、城主になる。直親に対しては「どんな卑怯な手を使ってでも戻ってくるのじゃ」と言っておいて、政次が直親を裏切るという卑怯な手を使って戻ったらおとわは政次を恨むのだから、視聴者としては颯爽と登場して政次と睨み合う直虎が本当に人の上に立つ器なのか首を傾げてしまう。むしろ、直親に比べておとわに対しては誠実であったとすら云えるのにとことんそっぽを向かれた政次が愛憎相半ばするなかで直虎と対決する道を選ぶ気持ちのほうがよく分かる。

ただ、きっかけはどうであれ機会を逃さずに城主に納まってみせた直親の運と才気は松平元康の姿と重ねられているようでもあり、他者とは持っているものが違うということが示唆されていた。その持っているものがどう違うのかが視聴者にはいまひとつよくわからないのは残念なのだが。
                 
        

御城プロジェクト:RE プレイ53 選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣

                 
御城プロジェクト:RE プレイ53 選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣

城プロ1周年記念が武器イベントと集金目的のアイテム販売だけという有様に絶望している殿だちの皆さん、こんにちは。第一回人気投票で何らかの賞を獲得したり上位にランクインした城娘をモチーフにした武器が貰えるイベントの第一弾は難易度が低いのとモチーフにされている城娘のレアリティが低いからか、あまり実用的な武器はありませんでした。

御城プロジェクト:RE プレイ53 選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣

☆1~2部門で1位を獲得した千代城をモチーフにした武器。仙台城じゃないところがミソですが、仙台城だったらもっと強かったのでしょうか。でも、仙台城もあまり強くないという悲しさ。独眼竜が泣いております。更に云えば、城プロやるようなプレイヤーにとっては見た目も千代ちゃんの方が好みでしょう。武器については、例えブロッキングが出来る刀の城娘が登場しても防御アップの刀をわざわざチョイスするところを想像できません……。

御城プロジェクト:RE プレイ53 選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣

御城賞ということで46位であった岩櫃城をモチーフにした武器。そこはブラン城で吸血効果付きにしておけよと思いつつ、岩櫃城の連続攻撃が出来る武器はなかなか面白そうでした。敵のラッシュに対抗しやすくなりそうですが、所詮槍であるというのと、攻撃速度低下というのが気になりますね。なんでこのデメリットつけたのでしょう。どうせ絶難とかに挑むレベルでは採用しないのでしょうから、このデメリットいらないような気も……。

御城プロジェクト:RE プレイ53 選ばれし城娘と秘伝武具 壱の陣

☆3~5部門賞を獲得した信貴山城をモチーフにした武器。完全に見た目で選ばれた城娘のような気もしますが、全体でも6位になっていますから、愛用している殿は多いのかもしれません。武器は爆風範囲がやや拡大するという効果がついた大砲で、デメリットもなく、相手が固まって現れるシーンでは活躍してくれそうですね。
                 
        

ソードアート・オンラインⅡ #8 バレット・オブ・バレッツ (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #8 バレット・オブ・バレッツ (アニメ)
《BoB》本戦に《死銃》とボロマントの男が出場していると考えるキリトは、本戦開始までの時間を利用してシノンに情報交換を持ちかけ、参加者を探ろうとする。予選第一回戦の後、様子がおかしくなったキリトを見て何か訳アリだと察していたシノンは、事情を話すようキリトに迫り、彼が《SAO》からの生還者であることを知る。そのような中、いよいよ大会本戦の火蓋が切って落とされ、直径10kmの広大なフィールドを舞台にした、30名のプレイヤーによるバトルロイヤルが始まる。

バトルロイヤル形式にて行われるBoB本戦でキリトはデスガンの姿を探す。デスガンのことで頭がいっぱいだったとはいえ、シノンを押し倒して説得するシーンと、それに対して全く何とも思わないキリトの姿に若干の違和感はあるが、これらはとうとう見つけたデスガンに対してキリトとシノン、二人の絆で挑むための伏線だろうか。
                 
        

カルビー さつまりこ 黒蜜きなこ味

                 
カルビー さつまりこ 黒蜜きなこ味
カルビー さつまりこ 黒蜜きなこ味

さつまりこの黒蜜きなこ味。黒蜜きなこの効果か、スタンダードなさつまりこにあったさつまいもの素朴な甘みや優しさはそのままに、味わいはよりまろやかで甘さを増しているようでした。
                 
        

おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (ドラマ)

                 
おんな城主 直虎 第11回「さらば愛しき人よ」 (ドラマ)
瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。桶狭間での大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と寿桂尼(浅丘ルリ子)は、離反者の粛清に躍起になっていた。ある日次郎法師のもとに、元康からの御礼の品が届く。直親は今川家と手を切り、元康と手を組むことを決意する。ついに元康との密会を果たす直親だったが…

今川と手を切って松平と手を結ぶことを決めた直親だったが、今川の策略に引っかかってしまう。終いには絆を確認し合った政次にまで裏切られてしまい、絶対絶命のピンチを迎える。直親の最期の時をを迎え、次郎と直親はやはり好き合っていたことを確認したメロドラマ的な構成になっており、政次の裏切りがそれに呼応するかのように含みを持ちながら繋げられているのが面白い。

直親も可哀そうではあるとはいえ、次郎と同様に独り身を貫きながらどんなに次郎法師を想っていても次郎法師の方は直親のことしか見ていないことに対する政次の絶望感が如何に重いものであったか、今川に問い詰められてあっさり裏切ったシーンに良く表れていたように思う。あるいは、どうして次郎法師が政次という人間に振り向かなかったかということに対する回答としての彼の人間性に対する批判であったのかもしれないが。

その他、夫の元康が飛躍を遂げても、今川の出ということで疎まれて肩身が狭くなっていく瀬名の姿が描かれている。家であり配偶者の男性にそれこそ主人として自身の人生を委ねるしかない女性の生き方の悲哀が演出されていたものの、一方では対照的に独り身でいる次郎法師の生き方もありなのではないかと思わせ、視聴者に多様な生き方への肯定という励ましのメッセージが発せられているようであった。
                 
        

森永 ステラおばさんのアーモンドココアクッキー

                 
森永 ステラおばさんのアーモンドココアクッキー
森永 ステラおばさんのアーモンドココアクッキー

スーパーで買えるステラおばさんのアーモンドココアクッキー。マカダミアナッツの時と同様、小気味良い食感が楽しめます。塩気もよく効いていて味わいを引き立てていました。
                 
        

ソードアート・オンラインⅡ #7 紅の記憶 (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #7 紅の記憶 (アニメ
ボロマントの男は《SAO》からの生還者で、殺し合いを繰り広げた相手かもしれない……。そんな思いにとらわれ苦悩を端々ににじませるキリトを、妹の直葉は心配する。一方、キリトへのいら立ちが収まらない詩乃は、恭二を相手にキリトの悪口をまくし立て、大会本戦で倒すことを誓う。だが、シノンのクールな戦いぶりに憧れめいた感情を抱く恭二は、いつになく熱くなっている詩乃を彼女らしくないと感じるのだった。

キリトとの出会いを通して感情をストレートに表現してみせる快活さを取り戻していくシノンこと詩乃。一方、他の男によって自分の知らない彼女の表情を見せられることに恭二は焦り、詩乃を抱きしめて告白する。詩乃も満更ではなさそうな態度をとるものの、今は待ってと拒絶していたが、重要な試合の前でも本当に待っててもいいのと恭二がしつこく色恋の話題で詩乃の心を紛らわせようとしていたので、最終的には振られそうな感じでもあった。

視聴者的にはキリトの存在が圧倒的過ぎるし、全てが彼という主人公のための筋書きになっていることを考えると、恭二の気持ちも分からないでもない。それに程度の差こそあれ、平凡な人間にとっての男女の関係なんて大体こういう強引さや周囲の圧力などから始まるのではないだろうか。キリトみたいに中性的で受け身の姿勢でもモテモテであることを基準にしてはいけないと思う。個人的には、むしろキリトのケースの方が不自然に映る。
                 
        

御城プロジェクト:RE プレイ52 10連ガチャを回してみた18(1周年記念セット)

                 
御城プロジェクト:RE プレイ52 10連ガチャを回してみた18(1周年記念セット)

祝・御城プロジェクト1周年。このゲームが1年続いたこと以上に自分が1年間もこのゲームをプレイし続けていることに驚いています。

御城プロジェクト:RE プレイ52 10連ガチャを回してみた18(1周年記念セット)

お約束の1周年記念セットがこちら。とりあえず聚楽第のパチもんみたいな聚楽城が必ず手に入るセットを購入してみることに。

御城プロジェクト:RE プレイ52 10連ガチャを回してみた18(1周年記念セット)
御城プロジェクト:RE プレイ52 10連ガチャを回してみた18(1周年記念セット)

ガチャの結果は☆6保証のブランが出ただけでした。注目1のピックアップが適用されているそうですが、ピックアップ、全く仕事しておりません……。

聚楽城

確定で入手出来る聚楽城は特技・計略共に一見すると強力なのですが、武器種・槍と耐久回復の特技の組み合わせ、そして範囲アップの計略が近接限定であることにどうしてもミスマッチ感が漂いますね。確定入手ならこんなものかなと思わせてしまうところがなかなか切なくさせてくれるキャラです。
                 
        

とんかつ食べ歩き42 千葉県市原市山倉の武本食堂のとんかつ定食 1380円

                 
とんかつ食べ歩き42 千葉県市原市山倉の武本食堂のとんかつ定食 1380円
とんかつ食べ歩き42 千葉県市原市山倉の武本食堂のとんかつ定食 1380円
とんかつ食べ歩き42 千葉県市原市山倉の武本食堂のとんかつ定食 1380円

2月28日、3ヶ月ぶりとなる通院からの帰りの途中、山倉にある武本食堂に寄ってとんかつ定食を頂く。店に入ると、立派な外観と如何にもレトロな大衆食堂という風な内観とのギャップに驚かされる。あちこちにメニューの紙が貼られており、とんかつ定食と書かれた紙にはボリュームたっぷり200gと書かれていた。この日は採血の関係で朝食を抜いており、既に臨戦態勢となっていたこと僕は紙を見ただけで期待で胸が膨らむ。

実際に供されたとんかつ定食は確かになかなかのボリューム感があった。ただ、とんかつ屋のとんかつと比べてしまうとどうしてもクオリティに物足りなさがあるだろうか。このぐらいの値段のとんかつならもう少し何か驚きがあってもいいような気はする。もっとも、ここは魚屋が経営している食堂とのことで、他の客もほとんどが魚介系のメニューを注文していた。この店を利用する時は魚を注文するのが正解なのかもしれない。

ただ、出汁を取るところからきちんと作られたであろう素朴な旨味が口の中で広がる味噌汁など、一つ一つの品から手間を惜しまず作られていることが伝わってきた点には大いに満足することが出来た。

帝京大学ちば総合医療センター
帝京大学ちば総合医療センター

おまけ。僕が通院している帝京大学ちば総合医療センター。朝っぱらから救急車が来ておりました。ご苦労様です。前回の通院時に受付で、採血が混むから朝一で来いと言われたから、言われたとおりに朝一となる7時に行ったらまだ再来受付機に診察券すら通せなかった。

IMG_0147_20170321055512738.jpg
IMG_0148_20170321055513391.jpg

おまけその2。
通院の帰りに寄った市役所。来年また町会長やりますという紙を提出しました。初見だと市民活動支援課の場所がカウンターの奥にあって微妙に分かりづらい気はしましたが、1階にあるのは助かりますね。恐らくほとんどの町会長が一番世話になるであろう道路維持課についても何とかなりませんか。
                 
        

ソードアート・オンラインⅡ #6 曠野の決闘 (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #6 曠野の決闘 (アニメ)
予選第一回戦で勝利したキリトの戦いぶりを見て、「本物か?」と問いかけてきたボロマント姿の男。かつて、《SAO》に存在した殺人ギルド、《ラフィン・コフィン》のタトゥーをしたその男は、キリトに「いつか殺す」と言い残し、姿を消した。ボロマントの男との接触で、《SAO》での死闘を思い出したキリトは、そのトラウマに苦しめられる。そんな中、互いに予選を勝ち進んだキリトとシノンが、Fブロック決勝で対戦するが……。

キリトの目の前に現れたデスガンと思わしき男はキリトがかつてSAO内で殺した相手ではないかとキリトを悩ませる。人を殺したという過去がキリトに重くのしかかるものの、それが結果的にはシノンの心の傷とリンクし、お互いがより惹かれあう。

自棄になったキリトの姿にしろ、キリトとシノンによる決闘の方法にしろ、とってつけたような設定と無理矢理な展開を感じさせるが、短い尺の中でまとめるためにはやむを得ないのだろう。人を殺めていなくとも、人は誰でも心に傷を持っているものだと思うが、その中であえて強調されたキリトとシノンの特別な存在感は、ティーンエイジャーの背負っているものが彼らの華奢なメンタルに比べて如何に重いものであるかを演出しているかのようであった。
                 
        

業務スーパー ポップコーンの素 塩味

                 
業務スーパー ポップコーンの素 塩味
業務スーパー ポップコーンの素 塩味
業務スーパー ポップコーンの素 塩味

業務スーパーのレンジでチンして作るポップコーン。55円で原産国はアメリカ。内容量80gをレンジで80秒と見間違えてほとんど弾けていない状態で包を開けてしまうというミスはあったものの、再び温めて出来上がったポップコーンは本当に塩だけというシンプルで素朴な味わいでアツアツの出来たて感と共に美味しく味わえました。
                 
        

御城プロジェクト:RE プレイ51 導かれし若楓の山道

                 
御城プロジェクト:RE プレイ51 導かれし若楓の山道
村尾城

今回のイベント報酬は村尾城。☆4山属性の石弓で、特技が自身の防御アップとあまりパッとしない性能なのは残念ですが、時間で解除されない計略についてはそれ自体がユニークで強力といえるのかもしれません。大破や撤退の場合は効果が解除されてしまうようなので、一応それを防ぐためにデイフェンスが上昇する特技を装着していると考えることもできます。

実際に使ってみると村尾城の計略は大したことがなさそうなものの、時間経過で効果が消えないという特徴自体については今後もっと強力な効果のものを高レアの城娘が携えてガチャで登場することを示唆しているのでしょうね。冷静になって考えてみるとバフ計略を常時かけ続けることはあまりないような気もしますが、2つ以上のユニットに同じタイミングで計略を発動させたい時とかに便利なのかもしれません。
                 
        

南鎌倉高校女子自転車部 第11話 自転車って、ふしぎ (アニメ)

                 
南鎌倉高校女子自転車部 第11話 自転車って、ふしぎ
自転車部のみんなで三浦半島の国道をツーリング中にロードに乗った女性三人組に追い抜かれる。
それに火がついた「サンディ」が追い着こうと「ひろみ」を誘い「巴」、「夏海」、「冬音」をおいて二人で、三人組に追い着こうとするが……。

三浦半島ツーリングの続き。自転車をきっかけにして新たな人や風景、そして食などとの出会いを果たすことのダイナミズムをセンチメンタルに伝えようとしているものの、感動するよりもどこかで見たことあるような陳腐なドラマとお約束の雑学ネタとの出会いに辟易してしまう視聴者が多そうではある出来なのが残念だった。自転車の不思議というエピソードタイトルを逆手にとって、自転車に不思議を感じる人でありキャラクターの不思議へとより深く迫って関心を集めるような構成にするなど、もっと工夫が欲しかったところ。

ただ、迷子になってしまうシーンは、自転車部の面々の今までを振り返るような比喩表現にもなっており、迷子になってすら感動が存在するという自転車の魅力と同時に我々視聴者の側の歩みへのエールが送られているようで面白い。
                 
        

日清 カップヌードル ミーゴレン

                 
日清 カップヌードル ミーゴレン
日清 カップヌードル ミーゴレン
日清 カップヌードル ミーゴレン

インドネシア風甘辛焼そばのミーゴレンを再現したというカップヌードル。確かに甘辛く、特に刺激的な辛さはなかなかのインパクトがありました。ただ、甘さとの相性が良いものであったかというとどうなのだろうという気も。そういうところを含めて、エスニックであり東南アジアっぽさがあるといえるのかもしれませんけど。
                 
        

ソードアート・オンラインⅡ #5 銃と剣 (アニメ)

                 
ソードアート・オンラインⅡ #5 銃と剣 
《BoB》にエントリーするため、端末に必要事項を入力しようとしたキリトは、入力フォームに現実世界の名前や住所を入力する欄があることに驚く。入力しないと上位入賞した際の賞品を受け取れないという記述を見てしばらく悩むが、結局、現実世界の項目には記入せずエントリーを終える。キリトが出場するのは予選トーナメントFブロック。シノンも同じFブロックで、勝ち抜けば決勝で当たる可能性がある。二人は決勝で当たったら全力で戦おうと誓い合うのだった。

キリト君、自分が男であることをシノンが着替えのために服を脱いだところで告白する。それはシノンちゃん怒りますわ。でも、もしかしたらシノンちゃんはしっかりした女の子にありがちな異性には身構えて冷たいけれど、その反動的に同性にはとことん気を許しちゃうタイプなのかもしれない。そう思ってたらいきなり現れた別の男の子とキリトや視聴者に対して見せつけるようにフレンドリー話をしてみせる。たぶん、この男が新川くんなのだろうけど。

開幕した対人戦トーナメントの「BoB」1回戦は、銃弾を躱しながら何とか接近戦に持ち込むことに成功したキリトが辛勝する。やっぱり銃の世界で剣をメインウエポンに戦っていくことは無理があるのか、キリトとSAOの世界での因縁があることを匂わせる新たなライバルの登場など、一見陳腐なストーリーでありながも随所に見どころを作っているのは流石と思わせられた回。
                 
        

処刑女 (映画)

                 
処刑女処刑女 [DVD]
閑静な郊外に一軒家を購入したローリーとヒュー。彼等は誰もが羨む幸福なカップルであった。だが週末に、マイホームに引っ越した二人に衝撃の都市伝説が告げられる。近所に建つ、荒れ果て放置された廃校。かつてここで大量殺人があり、ただ一人生き延びた犠牲者が、精神を病みながら未だにその廃墟に潜んでいるというのだ。笑って取り合わないローリーとヒュー。しかし、その夜。訪れた友人達とくつろいでいた二人に、絶叫が襲いかかる―。

2014年のアメリカ映画。ホラー。

郊外に一軒家を購入した男女のカップルに悲劇が襲い掛かる。家の近くに存在する廃校では大量殺人事件が起きた過去があり、ただ一人生き延びた犠牲者が精神を病みながら未だにその廃校に住み着いているという都市伝説が真だったというストーリーで、カップルが呼び寄せたパーティの招待客達が白いマスクを被った殺人鬼に次々と殺されていく。

緊張感や迫力が弱いのは残念であるものの、やや無機質な印象すらあるのっぺりしたイメージの殺人鬼とゴアシーンのグロテスクさとの組み合わせは残虐さを映えさせていた。無感情に見えて、主人公の言動などから影響を受けたのか殺人鬼がわずかに体を震わせてみせるシーンなど、メッセージ性が込められたような挙動もある。最後には主人公まで容赦なく殺され、ありきたりなホラー映画のお約束エンドとはまた少し違う救いようのない終わり方で幕を閉じていたが、犯罪をおかす人間というのは概して何かの被害者でもあるのかもしれず、その負の連鎖、スパイラルといったものについて考えさせられた。個人的には、そこを強調するならば、主人公を殺人鬼に変えて欲しかったが。
                 
    
> 2017年03月