カイジ 人生逆転ゲーム (映画)

                 
カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]

人気漫画『カイジ』の実写劇場版。2009年。

主人公カイジを演じるのは藤原竜也。
演技力は素晴らしいのだが、あまりのベビーフェイス&イケメンぶりにどんなに落ちぶれても悲壮感が出てない。このハスキーなところをコントロールして様々な表情を見せてくれるのが藤原竜也の魅力でもあるのだが、本作の主人公カイジを演じるに当たっては悩ましいところに感じた。

カイジという普段は他の負け組と変わらない、冴えない言い訳ばかりの駄目人間の中の一人でしかない平凡以下の存在が、窮地に追い込まれた時、ギャンブルの時にその才覚・執念・執着を輝かせるのが魅力なのに、この映画のカイジの場合、初めから異端というか、どこか他の「クズ(と呼ばれる人々)」とは違っているところにその藤原竜也の魅力なり作為的な演出・脚本が掛けてしまっているので、ギャンブルを題材にしつつも良くあるヒーロー物語とかサクセス物語の類でしかなくなってしまっている。

更に、藤原竜也以上にどうかと感じたキャスティングが利根川役に香川照之。
香川照之の演技力は勿論素晴らしいのだが、どうしても声にドスが利いていないので原作にあった「ファックユー」に続く台詞などが迫力に欠け、薄ら寒くなってしまっていたのが残念極まりなかった。

遠藤さんに至っては女になってしまっているが、こちらは天海祐希だし、口当たりをマイルドにして老若男女楽しめるエンターテイメントにするという意味ではまだ理解できるキャスティングだとは思った。

話の展開としては、エスポワール(限定じゃんけん)、地下強制労働(チンチロはなし)、鉄骨渡り、Eカードになっている。
原作をかなり端折って急ぎ足の展開だったが、その割には場面場面と繋ぎの展開は実写用にアレンジしつつもなかなか丁寧に作られていると感じた。

ギャンブル・駆け引きの要素を全く無視・破壊しているわけでもなく、うまく原作からピックアップして実写映画として取り入れているし、それでいてディープな部分を深追いしているわけでもない。

命をかけてやっていることの割にヒリヒリといてつく程の緊張感がないのが残念ではあるし、キャスティングの件もあって原作のコアなファンの厳しい目線で観れば本作は到底納得できない物に映るかもしれないが、カイジを題材にした邦画であり、実写エンターテイメントとして観た時には言うほど悪くもなく、それなりに楽しめるものになっていると思う。

少なくともB級であるとかチープな感覚はなく、むしろ、現在の邦画のレベルの中で考えればかなりのクオリティなものなのかもしれないとすら……。

良くも悪くも大衆を意識し過ぎた作品。
                 

コメント

        

        
> > カイジ 人生逆転ゲーム (映画)