勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第12話 勇者になりたかった俺は就職を決意しました。 (アニメ)

                 
yuusibu1201.jpg
勇者になれなかったラウルは、しぶしぶ就職した家電店「マジックショップ・レオン王都店」をセアラ、エルザたちに任せ、魔王になろうとするフィノを取り戻そうとフジゼロック山にやって来たラウル。レイドの攻撃を受けるロア、ラム、アイリたち。果たしてラウルはフィノを救い出せるのか!?

勇しぶ最終回。
魔王になりかけたフィノをラウルの愛が救う。そして、再び家電量販店で接客をする日々に戻る。作品としてはそれをとても幸福ですごいことのように演出することに成功していて、見ていて和まされた。

作中でところどころ示唆されていた家電量販店(マジックショップ)の経営陣による利益を得るための非情な手段については最後まで突っ込んだ表現がなされず、ドラマとして本採用に至っていなかったのは残念だったが、コンビニ(ローソン)はともかく、家電量販店は我々の生きる現実社会ではネットに押されている昨今、舞台が現代に合わせて洗練されているようでそこには制作サイドの計算によって意図的に醸されたノスタルジックな空気があり、それが主人公たちの勤める負け組に近い家電量販店チェーンと劇中(とそして我々)の世界における勇者と魔王という設定の時代遅れな感じやファンタジーな感じなのだが、そのマッチング自体はなかなかおもしろくて良かったと思うし、勇者と魔王モノが既に手垢のついているものであることを認知させた上であえておバカなコメディのノリとおっぱいとパンチラ満載のエロで無理やり突っ走った勢いも清々しかった。

とはいえ、終ってみればひたすらメタ日常系のような話だった。色々あるけどやっぱり平凡が一番だよねって。でもそれ普通のドラマじゃんと突っ込みたくなる平凡な出来がまたメタいというか……、自分にとっては多くのシーンが冴えない作品でもあった。が、そこがこの作品の良さなのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第12話 勇者になりたかった俺は就職を決意しました。 (アニメ)