境界の彼方 第12話 灰色の世界 (アニメ)

                 
kyoukai1201.jpg kyoukai1202.jpg kyoukai1203.jpg kyoukai1204.jpg
栗山未来の消滅後、世界に異変が起こっていた。
鎌の力を利用しようとする弥勒を美月や博臣たちが阻止へと追い込む。
そんな中、秋人は半妖である自分自身を受け入れ、自分たちの“未来”のために戦いへと挑む!

とうとう境界の彼方も最終話。
終ってみれば、世界は自分達だけのものではないことを主要人物それぞれが受け入れて大人になることで、本当の「未来」が訪れるというちょっと意地悪なセカイ系だった。「境界の彼方」と同じく未来の消滅についても秋人がしっかりと受け止めたことで、彼(ら)のもとに再び「未来」が現れるラストの演出には優しさというよりは現実を指向した厳しいメッセージ性が伴われている。秋人が未来に(プロポーズの比喩として)メガネを渡すシーンはなかなかドラマチックではあったので、見た目的にはありなのかなという感じではあるが、現実に向き合うことで自分が強くなって異性を捕まえないと幸せになれないんだよという体育会系のノリで強引に話をまとめてしまったところには若干の違和感もあった。あと、ポーズ的にどう考えても秋人の視線にはパンツが見えそうなのに視聴者には全然見えないところにも違和感があった。

シリーズ全体として、ストーリーそのものは深刻になりすぎないように意図的に淡白にしたのか、話の展開のさせ方の割にかなり描き込みが不足しているように感じたが、秋人と未来の関係はお互いに守ったり守られたり追っかけたり追っかけられたりで周りを巻き込む形で皆のポジションが常に流動的だったのはとても示唆的で面白かったし、秋人が一見すると自分のコンプレックスを自覚して受け止めているようで、実は全然向き合えていなかったという二段仕掛けのギミックが人間の複雑さを奥行きが厳しく制限された中で巧みに表現することに成功していたのは良かった。
                 

コメント

        

        
> > 境界の彼方 第12話 灰色の世界 (アニメ)