軍師官兵衛 第1回「生き残りの掟」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140108 222416
1590(天正18)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉(竹中直人)の大軍が、最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・黒田官兵衛(岡田准一)の捨て身の説得だった。
時はさかのぼり1558(永禄元)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛/若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(もとたか・柴田恭兵)は、主君である小寺政職(まさもと・片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始める。
そんななか、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう。職隆は万吉を取り戻すため、危険を覚悟で赤松政秀(団時朗)のもとを訪れる。
時を同じくして、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たす。

・秀吉の軍師として小田原城に颯爽と登場する官兵衛に対して無数の矢弾が降り注ぐところから物語が始まる。まだあまり台詞が出てないからかもしれないが、ビジュアルも含め、思っていたより岡田准一演じる無敵官兵衛は悪くない感じ。

・同様に江口洋介の織田信長も実際に見てみると結構様になっていると感じた。ただ、江口洋介(織田信長)に仕える竹中直人(秀吉)という構図はどうかなとはちょっと思った。

・ドラマ自体は結構王道物を意識したボーイ・ミーツ・ガール仕立てで、マイナー武将が主人公だからか、受け皿を広くするためにとっつきやすい構成を心がけられていたように思ったが、却って特徴のあまりないありきたりなストーリーになってしまっていたし、メインである官兵衛パートよりも信長と藤吉郎との出会いや桶狭間を描いたパートの方がずっと面白かったのが仕方ないとはいえ気になるところではあった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第1回「生き残りの掟」 (ドラマ)