蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第11話「姉妹」 (アニメ)

                 
タカオの献身により復活、装いも改めた401はアメリカを目指し、400・402がそれを追う。ハワイ沖で向かい合う姉妹たち。新しい艦体を得、5人のメンタルモデルを載せ、群像たち人間の戦略も併せ持つ401は、姉妹艦2隻を圧倒する。「私はあなたたちを沈めたくない」。イオナの言葉は空しく波間を漂う。
一方、400と402に艦隊旗艦を解任され、拘束されていたコンゴウは・・・。

・蒼き鋼の401に対して霧の艦隊の400と402が襲いかかる。

・イオナは400と402に対して自分はあなたたちを沈めたくないと自分の勝利を前提にして訴えるが、400と402をアドミラリティ・コードから解放するどころか、むしろちょっと怒らせてしまう。

・結局イオナは群像達を守るために戦い、自分の姉妹である400を沈めることなる。

・ひどく悲しむイオナと、イオナのその感情と想いが400と402に対してわずかに伝わったかのような演出。

・作品のテーマとしては一貫しているのだろうが、イオナがそうなりたいと憧れる、また何としても守りたいと慕う人間のモデルとしての群像が齎しているものが、結果的にアドミラリティコードとそう変わりのない何かとしてイオナをすごく都合の良い存在として操っているように描写されてしまっているのが気になった。
                 

コメント

        

        
> > 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 第11話「姉妹」 (アニメ)