軍師官兵衛 第4回「新しき門出」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140228 212930
室町幕府再興を狙う足利義秋(吹越満)は、各地の大名に助力を求める書状を送っていた。
政職(片岡鶴太郎)は、その書状が職隆(柴田恭兵)に届いたのを知り、力を増す職隆をけん制するために官兵衛(岡田准一)を重用する策に出る。
その一環として、官兵衛と櫛橋家の娘・力(酒井若菜)との縁談を進めるが、官兵衛を嫌う力の兄・左京進(金子ノブアキ)は猛反発する。
そんな折、官兵衛は、力の妹・光(中谷美紀)と偶然、出会う。 

・前回、おたつ(南沢奈央)を失った官兵衛、今回は違う女性と出会い、結婚をすることに。やはり政略結婚で、お互い気が進まないというシチュエーションにすることでおたつの無念を男性の側にも当てはめ、前回のシーンがまだ視聴者には濃く印象に残っているうちにうまい具合に引き出してきている。

・とはいえ、最後には官兵衛が実はちょっといいなと思っていた別の女(中谷美紀)と結婚するという救済的なシナリオになっており、ここもおたつのケースと繋がり、彼女が婚礼の儀で見せた微笑みも嘘ではなく、決していやな結婚ではなかったということがアピールされていたように思う。

・優秀な官兵衛に家督を継がせるという話が出てくるが、官兵衛のどのあたりが優秀なのかがいまひとつわかりにくいのは難点。

・それにしても、作中ではとても好青年な官兵衛、まさか結婚予定の相手にあそこまで嫌われるとは。全くわからない気がしないでもないのだが……。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第4回「新しき門出」 (ドラマ)