軍師官兵衛 第5回「死闘の果て」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140303 220854
家督を継いだ官兵衛(岡田准一)と、光(中谷美紀)との間に、嫡男・松寿丸(のちの黒田長政)が生まれた。
武兵衛(永井大)も侍女・お国(中川翔子)と恋仲になり、黒田家には穏やかな時が流れていた。

信長(江口洋介)は足利義昭(吹越満)とともに上洛を果たし、藤吉郎(竹中直人)は天才軍師・竹中半兵衛(谷原章介)を陣営に引き入れる。

そんな中、黒田の宿敵・赤松政秀(団時朗)が大軍を率いて姫路を襲う! 

・竹中半兵衛が秀吉(藤吉郎)の部下となるが、半兵衛の誠実な態度と演じる谷原章介の胡散臭さや艶やかさとのギャップが面白かった。

・官兵衛パートは官兵衛と光の間に子どもが生まれたり、武兵衛がお国と恋仲になったりする。武兵衛とお国の回といってもよく、姫路に攻めこんでくる赤松を官兵衛が撃退する青山・土器山の戦いでの武兵衛の壮絶な死に様が描かれるのだが、ドラマとしては相変わらず戦争の哀しさを悲恋に当てはめて同じパターンで描写する構成でそのベタさが如何にも「軍師官兵衛」ぽいところではある。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第5回「死闘の果て」 (ドラマ)