人間ミンチ (映画)

                 
人間ミンチ 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】 [DVD]人間ミンチ 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】 [DVD]
テッド・V・マイクルズ自身が監督、脚本、音楽まで手掛けたスプラッターの傑作!不景気で経営が悪化したキャット・フード工場が原材料に困り、遺体をミンチにして使用していた。しかし、これを食べた猫が次々と人々を襲うようになってしまう。猫による殺人を目の中りにした医師ハワードと美人看護婦アンジーが捜査に乗り出す。その頃、工場では生きた人間を殺してミンチにするという更なる計画が実行されようとしていたが…。

(引用 amazon 人間ミンチ 【テッド V.マイクルズ・ムービーズ・コレクション】 [DVD]

1972年のアメリカ映画。ホラー。ミミズバーガーで有名な(?)テッド・V・マイケルズの監督作品。本作はミミズバーガーではなく、人肉キャットフード。

経営難のキャットフード工場が遺体をミンチにしたものを原材料にしてキャットフードを製造していた。そのキャットフードを食べた猫が次々と人々を襲いだすようになり……、というホラー。タイトルほどグロい映像が出てくるわけでもなく、濃密な人間ドラマが描かれているわけでもないのだが、猫が人間の肉を食べてその味の虜になったのか、それとも人肉は禁忌で食べると狂うものだというあくまで人間側の倫理を用いたメッセージなのか、様々な読み取り方が出来てその示唆深いところと、その猫の姿と重ねるようにして、人間の死体(人肉)を求めていくうちにやがて殺人が病みつきとなり、狂気に支配されていく工場の男たちを描写しているのが面白かった。
工場で製造されている食品なんて何が入っているか分かったものじゃないという批判や皮肉が込められた風刺にもなっているのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 人間ミンチ (映画)