軍師官兵衛 第6回「信長の賭け」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140310 203425
赤松との合戦で多くの犠牲を出した黒田家に新たな家臣が集まる。荒くれ者の母里太兵衛(速水もこみち)
がしばしば問題を起こす中、官兵衛(岡田准一)は、栗山善助(濱田岳)に家中をまとめるよう命じる。

一方、信長(江口洋介)は将軍・足利義昭(吹越満)を追放。室町幕府を滅ぼし、権力を天下に示す。
官兵衛は、信長に帰順し摂津の国主に任じられた荒木村重(田中哲司)と再会。
村重の妻・だし(桐谷美玲)の美しさに驚く。 

・比叡山焼き討ちや足利義昭の追放を通して改革者としての信長の姿が描写される。狂気とも受け取れる江口洋介の鬼気迫る表情の演技がなかなかいい感じ。

・官兵衛パートでは武兵衛の志を受け継ぐ新たな家臣・太兵衛の存在や信長に従うことで出世した荒木村重との再会などが描かれる。

・妻との間に第二子が誕生しないことも取り上げられ、側室を持つように妻から勧められるが、勘兵衛は側室を持たないとする。子どもがなかなか誕生しないことへの後ろめたさや申し訳無さ、そして側室を持つことが当たり前の時代に配偶者(妻)以外とは関係を持たないというエピソードによって夫婦の絆の強さや純愛、本人の誠実さといったものをアピールするところは『功名が辻』を彷彿とさせたし、現代的な価値観で感動を共有できる作りになっているのだが、このドラマ、そういうのばっかりだからなあ……。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第6回「信長の賭け」 (ドラマ)