天秤のLa DEA。 戦女神MEMORIA 体験版

                 
全画面キャプチャ 20140310 162559-001

エウシュリーの新作『天秤のLaDEA。戦女神MEMORIA』の体験版をプレイ。エウシュリーのゲームには興味を持ってちょこちょこと触ってきたことがあるのだけど、戦女神シリーズについては全くの未プレイ。アリスソフトでいうところのランスシリーズとか闘神都市シリーズのようにエウシュリーというブランドのその他の作品の世界観にも大きな影響を及ぼしていて、同ブランドの熱いファンの人にとっては、これをやらずしてエウシュリーの作品を語るなというぐらいのシリーズとのこと。

本作はその戦女神シリーズの一番最初の作品をリメイクしたものらしいので、自分のようにエウシュリーのゲームの世界観に興味はあるけど今まで戦女神シリーズはプレイはしたことがない人にはちょうど良いのかもしれない。

全画面キャプチャ 20140310 164333
全画面キャプチャ 20140310 170820
全画面キャプチャ 20140310 171541
全画面キャプチャ 20140311 01318
全画面キャプチャ 20140311 01720
全画面キャプチャ 20140311 01757

ゲームは相手の属性とこちらの属性との相性や行動順に注意しながら戦術を練るタイプのRPGで、緊張感をうまく演出するなかなか凝ったシステムにはなっていた。
ただ、パッと見だと画面がごちゃごちゃしていて状況が分かりづらく、チュートリアルがあるとはいっても、初見だとかなりとっつきにくいのではないかと思った。また、行動の変更やターゲットの選択などでクリックを多く要求されている感があり、テンポが良くない。これが結構致命的で、戦闘システムだけでなく、拠点となる街のマップも含め、全体的にUIがいまいちで古臭いもっさり感に繋がってしまっている。もう1クリック分、短縮出来れば……。
AUTO戦闘が用意されており、各キャラのAIをカスタマイズできるのでやりこんで理解を深めていけばまた違ってくるのかもしれないが、体験版で少し触る限りではAIは属性の相性を考えないので弱い雑魚戦ではともかく、属性により攻撃を吸収されるのが厄介なレベルになると果たしてこれが使い物になるのかも気になった。

調合や機能解放による実績積み上げ方式のやりこみや拡張の要素が見られたのはエウシュリーらしく、ハマれば時間を忘れてとことん楽しめそう。とはいえ、このテンポの悪さで周回ややりこみ前提のゲームデザインとなるとかなり厳しいのではないかというのが正直な感想ではある。

天秤のLa DEA。 ~戦女神MEMORIA~【予約特典:天秤のLa DEA。"野牛の蹄"亭 秘密部屋DISC付き】[アダルト]天秤のLa DEA。 ~戦女神MEMORIA~【予約特典:天秤のLa DEA。"野牛の蹄"亭 秘密部屋DISC付き】 [アダルト]

banner_eu15_c.jpg
                 

コメント

メーカー側でも属性の種類と複雑なのは、ある程度認識しているのか、
昨年出た『魔導攻殻』では、付録のような感じで
属性の早見表が付いてきました。

操作性の方は、体験版から製品版への変更として、
ゲームパッドがPSタイプとXboxタイプの2種類を選択できるみたいなので、
これまでのシリーズ以上にゲームパッドの使用に
重点が置かれているのかもしれません。

体験版のリリース時期から発売日までの期間に
どれくらい製品版が改善されているのか期待したいです。
>>ランスロットさん

ゲームパッド使用を意識しているのはかなり感じました。パッドだとまた操作性が違うのかもしれませんね。
        

        
> > 天秤のLa DEA。 戦女神MEMORIA 体験版