軍師官兵衛 第7回「決断のとき」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140312 212326
官兵衛(岡田准一)のもとを、毛利家使僧・安国寺恵瓊(山路和弘)が突如訪れる。
それは東から迫る新興の織田信長(江口洋介)と西国の雄・毛利家が播磨で激突するという大嵐の前触れだった。
義兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)が毛利方として暗躍するが、官兵衛は答えを悩み続ける。天正3(1575)年、小寺政職(片岡鶴太郎)は大評定を招集。
織田か、毛利か、生き残りを賭けた激論の中、官兵衛はついに態度を明らかにする。 

・毛利につくのか、織田につくのか? 選択が迫られる。選ばれたのは織田でした(綾鷹)。今回、申し訳程度に毛利についての描写があったけど、今までずっと信長を第二の主人公のように描いていたのだから、視聴者的にはそりゃそうだという感じ。魔王信長と敵対する道を選ぶ官兵衛というのも面白そうではあったが。

・小寺政職は官兵衛に見事に言いくるめられ、他の家臣たちの反対を押し切って織田につくことを決める。しかし、小寺を言いくるめることが出来ても他の家臣を納得させることができなかった官兵衛は岐阜に向かう途中、自分が信長と会うのを良しとしない存在によって襲われることとなる。これがきっかけで根回しの大切さを学んでいくという展開へと繋がるのだろう。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第7回「決断のとき」 (ドラマ)