のうりん 第11限 あかるいのうそん (アニメ)

                 
全画面キャプチャ 20140324 223213
田舎生活の知識がない林檎も一緒に、愛生村へ帰省する事になった耕作と農。そんな耕作たちを迎えたのは農の姉妹・士(つかさ)、工(たくみ)、商(あきな)だった。農の実家である中沢家に到着すると何故か農との結納の話が進んでいた!

耕作と農が田舎に帰省する。林檎もそれについていくが、そこで待っていたのは村おこしのために若いカップルの象徴として耕作と農をくっつけようとする周囲(田舎)の圧力だった。それに対して満更でもなさそうな農と困惑する耕作。林檎はあからさまに不機嫌になる。という感じの三角関係が強調されたラブコメテイストの回になっていた。農が耕作のことを想い続けているのは今までのエピソードからも明らかだったが、今回は林檎もはっきりと耕作に対して好意を示しており、後半パートでは農が置いてけぼりにされて、耕作と林檎の交流が中心に描かれていた。
田舎への賛美だけでなく、田舎で育った耕作の影が描写され、都会でアイドルとして活躍した林檎の影と共鳴しあう演出になっていたが、一番かわいそうに映るのがひたすら空回りの道化を演じ続ける農に思えてしまうのは、制作サイドが意図したものだったのだろうか。このままでは林檎が笑った代わりに農が笑えなくなるのではないかと心配してしまうのだが。
                 

コメント

        

        
> > のうりん 第11限 あかるいのうそん (アニメ)