軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140325 215803
官兵衛(岡田准一)は岐阜城を訪れ、信長(江口洋介)に謁見。明智光秀(春風亭小朝)ら織田家重臣たちが居並ぶ緊張と信長の鋭い視線にさらされる中、必死の思いで播磨攻略法を説く。
官兵衛を気にいった信長は名刀を授け、播磨攻めの総大将に秀吉(竹中直人)を任命する。
秀吉は、官兵衛を自身の居城・長浜城に連れて行き、妻・おね(黒木瞳)や石田三成(田中圭)らと引き合わせ、夜が更けるまで語り合った2人は意気投合する。

・官兵衛が信長に謁見。

・今回のメインは官兵衛と秀吉の出会いと交流。

・策士の二人が惹かれ合っていく。秀吉の人懐こさや女好きな面、出自などのキャラクターが官兵衛とそして視聴者に向かって熱心にアピールされ、一気に官兵衛(視聴者)と秀吉との距離が縮められる。

・竹中直人の大げさな演技による秀吉の魅力のアピールが官兵衛を通り越して広く視聴者の方向へと向かっていたところに、どこか秀吉の演技くささというか、策っぽさが醸されていたのが演出として良かったと思う。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第8回「秀吉という男」 (ドラマ)