軍師官兵衛 第10回「毛利襲来」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140327 214649
信長(江口洋介)に対抗するため石山本願寺と同盟を組んだ毛利勢が、官兵衛(岡田准一)を倒すため五千
の大軍で姫路の南西、英賀(あが)の浦に襲来する。
わずかな手勢で出陣した官兵衛は、農民や老人、女子供の力も借り、必死の奇策で迎え撃つ。だが、毛利の智将・小早川隆景(鶴見辰吾)にとって、この戦はほんの小手調べに過ぎなかった。
播磨全土が戦場と化す中、光(中谷美紀)ら女たちもいやおうなく争乱に巻き込まれていく。 

・播磨に毛利の大軍が押し寄せる→別所、びびって援軍に来ない→織田も来ない→小寺の殿様もうろたえ、やっぱり織田についたのは失敗だったと官兵衛を責める→官兵衛、奇策を用いた朝駆けを仕掛けて毛利の大軍を播磨から追っ払う→小寺の殿様、やっぱり官兵衛に任せて良かったとなる。

・なぜ、半兵衛にキレた官兵衛が小寺の殿様にはキレないのか。いや、キレてたけど。殿ぉって。

・その他では、安土に移った信長がねねから秀吉の浮気について訴えられるという有名なエピソードが描写される。うまく信長を操って秀吉を困らせるねねのしたたかさが演じる黒木瞳のイメージとぴったりではあった。それに自然と乗ってみせる江口洋介の信長も器の大きさが窺えて良い感じだった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第10回「毛利襲来」 (ドラマ)