軍師官兵衛 第11回「命がけの宴」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140328 203052
秀吉(竹中直人)の播磨出兵の知らせに、喜ぶ官兵衛(岡田准一)。だが、信長(江口洋介)は勢いを増す反信長同盟に対抗するため、播磨出兵の延期を命じる。
官兵衛は、このままでは織田についた播磨の大名が離反してしまうと東奔西走。
備前の梟雄・宇喜多直家(陣内孝則)やキリシタン大名・高山右近(生田斗真)らと出会う。
そんな中、北国攻めに駆りだされていた秀吉が信長に無断で帰国。切腹の危機と知った官兵衛が駆け付ける。 

・織田が毛利軍に敗れたことで動揺する播磨の大名たち。更に本願寺やうえすぎに手を焼く信長は秀吉に播磨出兵の延期を命じる。

・これにはさすがの官兵衛までも狼狽してしまい、織田についたのは失敗だったのかと自問を繰り返す。

・一方、秀吉は柴田勝家の補佐のために北国へと向かわされるものの、勝家と反りが合わず、信長に無断で長浜へと帰ってしまう。

・これで信長の怒りを買ってしまい、切腹を覚悟した秀吉は盛大な宴を開く。

・その宴にやってきた官兵衛などと本音を大いに語らい、更に信頼を深いものとした秀吉は信長からお咎め無しの上、更に願ってもない播磨攻めを命ぜられることに。

・という一連の流れを強引にドラマチックに仕立てた回で、最後の秀吉のしてやったりのガッツポーズのためだけに継ぎ接ぎしてある感は否めないものの、その妙な凹凸が秀吉が長浜に帰ったのはどこか計算もあったのか、あるいは宴で発露した己の覚悟と人の良さを信長にわざわざ伝わるようにしたのも策のうちかなどと色々と考えさせられる材料になっているのが面白い。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第11回「命がけの宴」 (ドラマ)