軍師官兵衛 第12回「人質松寿丸」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140401 220725
官兵衛(岡田准一)は、秀吉(竹中直人)の播磨出兵が決まって安どする。信長(江口洋介)は出兵の条件として、政職(片岡鶴太郎)ら播磨諸将に人質を差し出すよう命じる。
政職は嫡男を手放すのを渋り、延期を繰り返す。期限が過ぎ、苦境に立たされた官兵衛は、ついに自らの一粒種・松寿丸(若山耀人)を差し出す決意をする。光(中谷美紀)は猛反対。
そして、松寿丸は今までにない父母の言い合いの一部始終を聞いてしまう。 

・ようやく毛利攻めかと思いきや、松永久秀が謀反を起こす。信長パートは飛び飛びのいいところどりでしか描写されないので、松永久秀って誰? 何故唐突に茶釜と一緒に爆発してるのと思った視聴者もいるのかもしれない。信長の茶器に対する物欲しそうな表情がシュール。

・松永久秀の謀反により、人質になっていた子どもが殺されるのだが、ここが今回のテーマと大きく関わる。信長は播磨諸将に人質を差し出すように要求するが、小寺の殿様は嫡男の齋を人質に出すことを渋る。病を理由に延期を繰り返すが、とうとう引き伸ばしも限界に来てしまい、官兵衛は自分の息子である松寿丸を齋の代わりに人質に差し出すことを決める。妻の光は我が子可愛さと、そして小寺の殿様が信用出来ないこともあって猛反対をする。このへんも伏線なのかもしれない。小寺の殿様は官兵衛に深い感謝を表すが官兵衛ももう小寺の殿様をどこか見切ったところがあるのか、複雑な表情を浮かべていた。そういうところも含めて、官兵衛も人の親であり、もはや才気に頼るだけの青二才ではなく、腹に一物抱えた人間に成長したということが表現された回でもあった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第12回「人質松寿丸」 (ドラマ)