軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140402 220216
官兵衛(岡田准一)は、待ちに待った秀吉(竹中直人)の軍勢に姫路城を丸ごと明け渡し、秀吉から義兄弟の誓紙をもらう。
光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)は、ますます秀吉のためにと張り切る官兵衛に一抹の危惧を抱く。続いて官兵衛は、織田帰順の証しとして、主君・政職(片岡鶴太郎)を秀吉に拝謁させようと躍起になる。だが、政職は一向に腰を上げない。焦るばかりの官兵衛に対し、半兵衛(谷原章介)は驚きの行動をとる。 

・官兵衛、ぞっこんの秀吉に姫路城を明け渡す。すると秀吉と義兄弟にしてもらい、舞い上がってしまう。

・しかし、秀吉のことばかり考える官兵衛はそのことで視野が狭くなり、小寺との関係が悪化し、小寺を秀吉に拝謁させようとするがうまくいかない。

・そんな官兵衛に喝を入れたのが半兵衛。喀血のシーンが描写された半兵衛。どうやら半兵衛はもうすぐ死ぬらしいので、今後は半兵衛が自分の後継者として官兵衛を育てていくのがメインになるのだろうか。

・岡田官兵衛の秀吉への傾倒ぶりはどうにも様にならないのに対し、竹中直人の秀吉と片岡鶴太郎の小寺の殿様との喜劇役者同士のやりとりには妙があり、役者としての格を見せつけてくれた。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第13回「小寺はまだか」 (ドラマ)