軍師官兵衛 第16回「上月(こうづき)城の守り」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140502 203026
調略で播磨分断に成功した毛利は5万の大軍で、打倒秀吉(竹中直人)の兵を起こす。
官兵衛(岡田准一)は、毛利から奪った上月城を守備する山中鹿介(別所哲也)を救おうと謀略の限りを尽くすが、城は孤立する。

信長(江口洋介)は播磨に援軍を派遣するが、秀吉を嫌う武将たちの動きは鈍い。
そんな中、敵に回った兄・櫛橋左京進(金子ノブアキ)を説得するため光(中谷美紀)が無謀にも単身、志方城に乗りこむという事件が起きる。 

・引き裂かれる兄妹編その2で、中谷美紀の迫真の演技が光る。表情がアップになるシーンでは、中谷美紀も年を取ったことを感じさせるが、それも含めて味がある。とはいえ、ここだけに限らないが、引きがわざとらしいのとワンパターンなので、今後の展開が容易に予想出来てしまうのはやはり気になるところ。

・だからこそでもあるが、毛利の大軍に包囲された上月城を救うために必死に動く秀吉と官兵衛が報われず、信長が上月城は見捨てよと秀吉に冷淡に言い放つラストのシーンはなかなか衝撃的で次回以降に期待させてくれる。この信長の冷たさに対する動揺を先取りしたキャラクターとして荒木村重が描写されているわけだが、軍師としての官兵衛は果たしてどのように描かれるかが楽しみだ。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第16回「上月(こうづき)城の守り」 (ドラマ)