軍師官兵衛 第18回「裏切る理由」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140508 202458
播磨平定を順調に進める官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)たちは、三木城の攻略を始めていた。
官兵衛と半兵衛(谷原章介)両名の案により、城を厳重に囲って兵糧攻めをすることとなる。

さらに毛利の反撃を阻止するために、宇喜多直家(陣内孝則)に織田側に付くよう官兵衛が説得に向かうが、逆に直家に「背後に用心しろ」と謎めいた忠告を受ける。

時を同じくして安土城では、播磨攻めの失態から信長(江口洋介)の機嫌を損ねた村重(田中哲司)が必死の申し開きをしていた。何とか信長を説得した村重だったが、家臣の一部が敵方である本願寺とつながっており、さらに兵糧まで運び込んでいたことを知る。
信長に知られれば確実に処刑されることを確信した村重は、このことを隠し通そうとする。  

・村重、謀反を起こす。村重が追い込まれて謀反を起こすまでの過程や多岐亡羊の感はなかなかよく描けていたと思ったが、その直前にわざわざ信長に「村重は新しい世に必要だ」と言わせるなど脚本としての演出がやや過剰すぎて視聴者サイドの想像力を奪い取っているのが興ざめでもあった。

・このドラマ、わかりやすくわかりやすくと配慮しようとし過ぎるせいかどうしても王道的な展開のようにしか映らないし、そういう方向にしか運べないのが本当に勿体ない。

・軍師官兵衛も時代を作る存在というよりは、ただ周りに翻弄されていく存在にしか描写できていないので、このへんもなんとかならんかなあ、と。意外と演じる岡田准一の問題で、他のキャラクターを演じる俳優が個性的でアクが強すぎるだけなのかもしれないが……。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第18回「裏切る理由」 (ドラマ)