軍師官兵衛 第19回「非情の罠」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140513 195122
ついに村重(田中哲司)が信長(江口洋介)に謀反を起こす。右近(生田斗真)ら摂津の諸将も反織田包囲
網に加わり、戦の準備を着々と進めていた。
秀吉(竹中直人)や光秀(春風亭小朝)らの説得にも村重は応じず、信長は激しい怒りを感じていた。

そんな中、官兵衛(岡田准一)の元に主君・政職(片岡鶴太郎)までもが毛利方に寝返ったという知らせが入る。
もし主君である小寺家が織田家と争えば、織田家の人質になっている官兵衛の息子の命が危ない。

何とか政職を説得しようとする官兵衛に、政職は村重が謀反をやめるなら考え直すと言う。官兵衛は村重説得のため、半兵衛(谷原章介)ら周囲の反対を振り切り、決死の覚悟で単身、村重のいる有岡城へ向かう。
だが、それは人生最大の苦難の始まりだった。 

・村重の裏切りに信長激怒。更に、小寺の殿様までが村重の謀反に呼応して毛利方に寝返ってしまう。小寺の殿様が寝返ったとなれば織田に人質として差し出している官兵衛の息子(松寿丸)が処刑されるのではないか。官兵衛は急いで小寺の殿様を説得しに向かう。そこでなんとか小寺の殿様から村重が謀反をやめるなら考えなおすと言ってもらえる。

・しかし、危険だからと止める周囲の反対を押し切って村重説得のために有岡城に向かった官兵衛を待っていたのは非情な罠だった。実は小寺の殿様は最初から官兵衛のいうことに耳を貸すつもりはなく、村重に官兵衛がそちらに向かうから殺してくれという内容の文を出していたのだった。主君に裏切られてショックを受ける官兵衛。そんな官兵衛の心境をビジュアル的にわかりやすく演出するためか、城内での戦いを経て官兵衛はぼろぼろにされた上で捕らえられてしまう。

・毎度お馴染みのようにドラマ的にはあくまでも官兵衛を主人公として綺麗に描きたいのだなという意図が小寺の殿様による罠と官兵衛の誠実さとの激しいギャップから伝わってきたし、これだけのことをされれば官兵衛もさすがに小寺の殿様と敵対してもいいだろうと視聴者に納得させる流れにもなっていた。とはいえ、その過保護な描写の仕方が官兵衛から軍師としての精彩を奪っているのではないかという気がするのだが。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第19回「非情の罠」  (ドラマ)