軍師官兵衛 第20回「囚(とら)われの軍師」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140527 165745
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)によって有岡城に幽閉される。帰らない官兵衛に、さまざまな臆測が飛び交い、光(中谷美紀)や職隆(柴田恭兵)が留守を預かる黒田家は激しく動揺する。

また信長(江口洋介)の下でも、官兵衛が裏切ったのではないかという家臣の意見に、勝家(近藤芳正)は官兵衛の息子の松寿丸(若山耀人)を殺せと言い出すが、半兵衛(谷原章介)と秀吉(竹中直人)が押しとどめる。

官兵衛が村重を説得する中、信長は村重一派の切り崩しを画策。敬虔(けいけん)なキリシタンである右近(生田斗真)に対し、村重と縁を切らなければ信徒の命は保証できないと脅す。

両陣営の綱引きが続く中、善助(浜田岳)が官兵衛の救出に動きだす。官兵衛は、だし(桐谷美玲)の手引きで牢(ろう)から脱出を試みる。 

・官兵衛、囚われの身となり、牢獄で過ごすこととなる。官兵衛は死んだ。いや、生きている。非情な現実とかすかな希望が交錯する中、村重の妻のだしが官兵衛を逃がそうとする小芝居などを挟んで有岡城の戦いが描かれるのだが、もっと見せ方を工夫するとか描き込みをしっかりしてくれれば面白くなったんじゃないかなというところで不満はあった。

・しかし、自分の部下が本願寺に兵糧を運んでいたのが原因で村重を追い詰めた上に、散々主君の村重を煽って謀反を起こさせた張本人ともいえる中川清秀が高山右近が村重から織田方につくと勝ち目はないと悟ってあっさりと自分も織田に寝返ったのは笑った。ここらへんはしっかり作品観てるとなかなか突っ込めるところであって面白い。ただ、ドラマとしてはもうちょっと密度の高いものに仕上げられたんじゃないだろうか。盛り上がりそうでなかなか盛り上がらないところが観ていて歯がゆい。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第20回「囚(とら)われの軍師」 (ドラマ)