軍師官兵衛 第21回「松寿丸の命」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140604 205343
官兵衛(岡田准一)は村重(田中哲司)の怒りを買い、劣悪な土ろうに閉じ込められてしまう。善助(濱田岳)ら家臣団が有岡城下に潜入、救出の機会をうかがう中、信長(江口洋介)が有岡城を総攻撃するも大敗。
官兵衛が村重に策を授けたと思い込んだ信長は、官兵衛の嫡男、松寿丸(若山耀人)を殺すよう秀吉(竹中直人)に命じる。ためらう秀吉に代わり半兵衛(谷原章介)が実行を引き受け、松寿丸を育てるおね(黒木瞳)と対じする。 

・官兵衛が閉じ込められた土牢の劣悪な環境が迫力のビジュアルで演出される。力を入れるのがそこでいいのかという気がしないでもない。

・村重相手に苦戦を強いられる信長は村重がこんなに戦上手なのは官兵衛が寝返って村重の軍師として働いているからだと判断し、人質にとっている官兵衛の嫡男の松寿丸を殺すように秀吉に命じる。これを躊躇する秀吉に代わって半兵衛が実行を引き受けるが、半兵衛は一計を講じ、松寿丸を自分の家臣の屋敷に匿い、公式には処刑したことをにしておくことにする。

・松寿丸が殺されたと聞かされた黒田家には激震が走り、深い悲しみに包まれる。特に光(中谷美紀)の取り乱しようはすさまじく、憔悴しきったまま日々を送ることになる。それだけ衝撃的なことではあったのだろうけど、中谷美紀のその演技、もうこのドラマで何度も見ているので、食傷気味なところはある。

・このすぐ後におねからの文をとんちを働かせて読むことで、松寿丸は実は生きているのではないかという希望を抱くようになる中谷美紀の顔芸。

・先の長くない半兵衛の命の使い道が、ここまでのこのドラマの大きなテーマの一つとうまく重ねられていて格好良く映ったし、そこから劣悪な環境の中でも生きることに執念を燃やし始める官兵衛の姿に場面が移るまでの流れはなかなか良かった。一方、もう官兵衛には会わないと村重に約束しただしがそれでも官兵衛に寄り添ってしまう姿もまた村重の妻だしの命の使い道なのかもしれないなとこの先の歴史を知っている者からすると伏線めいたものを感じ取れる。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第21回「松寿丸の命」  (ドラマ)