軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140607 174231-001
劣悪な環境の有岡城の土牢に1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身も心もぼろぼろになりながら何とか命をつないでいた。

一方、死期を悟った半兵衛(谷原章介)は秀吉(竹中直人)と最後の面会を果たすため療養先を引き払う。

そんな中、村重(田中哲司)は自ら毛利に援軍を請うため、だし(桐谷美玲)たちを見捨て城を脱け出る。主を失い落城が迫る中、善助(濱田岳)ら黒田家臣団は官兵衛を救うべく城内への突入を敢行する。 

・有岡、最後の日。ただ、ドラマ的には半兵衛最後の日。そして、官兵衛の幽閉最後の日。

・毛利の援軍がやってこないことに業を煮やした村重は自ら直接毛利に援軍を出してもらうよう頼むために城を脱出する。織田による包囲網をかいくぐることに成功した村重だったが、宇喜多が織田につき、毛利の援軍が有岡に来ることがないことを察すると、自分が生きてさえいれば信長に負けたことにはならないと、降伏を受け入れず、有岡城に残された者達を見捨てることを决める。このあたり、ドラマでは村重がもう少し酷く描かれるのかなと思っていたが、そうでもなく、配慮が窺えたというか、半兵衛や官兵衛の命の使い道と同じように、村重には村重の事情であり命の使い道があるということが主張されていたように感じた。

・村重が自分の命を一番大事にし、生きてさえいれば信長に対して負けたことにはならないと力強く主張する様は示唆深く、本能寺で信長が死んでから後の彼の描き方にこのドラマは自信を覗かせているようでもあったが、今回の件で見捨てられた健気なだしという存在の影響で、視聴者的には村重は下衆な悪役に映り、彼が喜ぶシーンは見たくないのではないかというのが気になるところだ。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」  (ドラマ)