軍師官兵衛 第23回「半兵衛の遺言」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140611 213337
官兵衛(岡田准一)は救出され、療養先の有馬温泉で光(中谷美紀)との再会を果たす。
秀吉(竹中直人)は官兵衛を信長(江口洋介)のもとに連れていき、謀反の疑いを晴らすことに成功する。

一方、村重(田中哲司)から見捨てられた、だし(桐谷美玲)ら荒木一族には信長から過酷な処分が下る。

幽閉の後遺症で心身の傷が癒えず自暴自棄になる官兵衛だったが、思いがけぬ形で亡き半兵衛(谷原章介)から戦陣復帰の決断を迫られる。 

・一年にも渡る土牢での幽閉から救出された官兵衛の養生リハビリ編。劣悪な環境下で変わり果てた姿になった官兵衛、姿は徐々に元に戻りつつあったが、自分の脚でまともに歩くことすらままならない不具者となってしまい、自暴自棄に陥るなど心に大きな闇を抱えてしまうこととなる。しかし、献身的に尽くす家臣達と妻光の想いと、そして命を賭して松寿丸の命を救った半兵衛の遺志が官兵衛の目に光を取り戻し、再び心に炎を灯すことに成功する。

・前回に引き続き、半兵衛の命の使い道と村重の命の使い道が対比される。信長によって有岡で捕らえられた一族が皆残酷に処刑された村重へのフォローもあったものの、やはり視聴者的には村重に見捨てられた「だし」の姿が印象的で、やや村重に対するネガティブなイメージに追い打ちをかけているようでもあった。

・一方、信長についても疑心暗鬼に陥っているかのような孤独な姿が映し出される。江口洋介の演技についてはあまり評判がよくないらしいが、人付き合いがうまくなく、感情を内に溜めて爆発させるその不器用さを凛々しさと格好良さにうまく結びつけて表現してくれているので個人的には江口洋介の信長は好みだったりする。

・そして、そんな信長の非情なやり方に光秀が如何にも伏線じみた複雑な表情を覗かせるわけで、村重の次はいよいよ光秀が重点的に描かれるようになるのだろうか。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第23回「半兵衛の遺言」  (ドラマ)