ラブライブ2期 第8話「私の望み」 (アニメ)

                 
ss08b (1)
最終予選で歌う曲を決めようとするが、なかなか意見がまとまらないμ’s。
そんなとき、希がラブソングの作曲を提案する。
メンバーたちは慣れないジャンルに動揺するが、意外にも絵里はそれを支持していた。
しかし、試しにラブソングに役立ちそうな場面をシミュレーションしてみたものの、
いまいちピンとこない。やはり無理をしないほうがという一同に対し、絵里はもう少し考えてみようと提案し、結局結論は持ち越しに。そんな絵里に真姫は疑問を抱くが――。

ラブライブ最終予選用に新曲としてラブソングを作ることが希から提案されるが、メンバーそれぞれが慣れないジャンルであることに動揺してしまい、無理をするのはやめようとラブソングを諦めることになる。しかし、希の提案にはμ's全員で曲を作りたいという強い想いがこめられていることを知った真姫は絵里と共にもう一度ラブソングを作ろうとμ'sのメンバーを奮い立たせる。

いつにも増して粗っぽさが目立つ筋ではあったけど、今までなかった希というキャラクターへの掘り下げと同時に最終予選を勝ち抜くための重要な伏線的展開が第1期における絵里のエピソードと似たような演出で繰り広げられているのが面白かった。

それにしても希、人懐っこそうでいて、どこか内輪にしか通用しないコミュニケーションの取り方をするなとは感じていたが、やはり人付き合いに対してコンプレックスを抱えているという設定だったのか。ていうか、μ'sのメンバーそんなのばっかりではあるな……。そういうメンバーが集まったグループが様々な人々に幅広く支持されるようにアピールしていくというのは、現実のアイドルと逆で夢があってなかなか良いものだと思う。現実のアイドルは逆で、スクールカーストの上位にいたようなのが無理にウブな感じを作ろうとするし、それぐらいじゃないと異性に媚びたアイドルは演じられないというリアリティがどうしても夢の時間と空間に同居してしまうから。このアニメ自体もちょっと狙い過ぎなところはあるけれど……。
                 

コメント

        

        
> > ラブライブ2期 第8話「私の望み」 (アニメ)