軍師官兵衛 第24回「帰ってきた軍師」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140618 200520
播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と三木城の別所長治(入江甚儀)だけとなった。官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような冷徹さに秀吉(竹中直人)らは驚く。

また、信長(江口洋介)は村重から奪った有岡城で、戦勝祝いのうたげを催していた。お濃(内田有紀)や家臣は荒木一族の怨念が満ちる場所でのうたげに気味悪がるが、信長は気にしない。
そこへ本願寺が立ち退きに応じた知らせが入り、信長は天下布武の総仕上げだと満足する。 

・地獄から舞い戻った官兵衛は以前とは雰囲気が変わり、冷徹に物事を進めようとするようになる。鬼気迫るものを感じさせ、眼光も鋭くいよいよ軍師っぽくなった官兵衛。と思いきや、御着から逃げ出した小寺の殿様を捕らえた後、殺さずに逃すなど、官兵衛はやはり官兵衛だという謎のフォローが加えられる。うん、やっぱりね、官兵衛は甘くて優しくないとね。主人公だからね。

・でも、このドラマの主人公は信長ではないのかと思う。官兵衛が官兵衛として根っこの部分は変わっていないように、信長も同様で、むしろ裏切られて尚、信長はその冷酷さが切れ味を増していく。今回は信長に佐久間信盛が19ヶ条の折檻状を突きつけられ、織田家から追放されてしまう。相変わらず容赦のない信長の姿が描かれるが、その緊張感が走るのが織田家家臣の間だけでなく視聴者のところにまで届くのが見事である。もうすぐ本能寺だと思うが、信長がいなくなった後、このドラマはやっていけるのかと心配になるほど、信長の存在感が大きい。

・主君に見捨てられ、土牢での過酷な幽閉生活を経て大きな闇を抱え、鬼気を纏った官兵衛が小寺を威圧する様子や、有岡城で宴を開く信長の目に処刑した村重の妻・だしの亡霊が映るなど、いくつかのホラータッチで描かれているシーンが特徴的な回でもあった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第24回「帰ってきた軍師」  (ドラマ)