軍師官兵衛 第25回「栄華の極み」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140624 200925-001
毛利との決戦を前に秀吉(竹中直人)の命で、官兵衛(岡田准一)は織田家の出世頭となった光秀(春風亭小朝)と会う。光秀からは軍師になれと誘われるが断る。

朝廷は光秀に接近を図り、力を増す信長(江口洋介)を抑えようとするが、その権勢は絶頂を極めつつあり、毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は、織田との戦いに決死の覚悟を固める。

そしてついに官兵衛の嫡男・松寿丸は元服、長政(松坂桃李)と名乗り、戦いに加わる。 

・いよいよ天下統一が目前に迫った信長はその力を誇示し続ける。日ノ本を豊かにし、南蛮にも負けないほど強くする。そして自身は広い世界を見て回り、全てを日ノ本と同じように手に入れるというスケールの大きな野望を抱く改革者としての信長の姿をアピールしながら、一方で迫る最後の時に向けて作品としてはその信長の危うさ、孤独さを布石として視聴者に分かりやすく打っていた。

・織田家一番の家臣となった光秀による信長への恐怖心の描写もそうであり、仲介役を務めた朝廷と信長との関係改善がうまいかないどころか、信長は帝に譲位を迫るなど更なる確執を強める。まさに既存の権威に囚われず、またそうすることが出来る日ノ本で一番の存在にまで信長は登り詰めていた。

・官兵衛パートでは子どもが出来ないことを嘆いていたこともある光がまさかの懐妊。女好きな秀吉と対照的に妻一筋の官兵衛に子宝が恵まれるという構図を作るなど、信長の最期の時への布石でもそうだが、全体的にいつも以上に作り物であることを視聴者に強く意識させるシナリオになっていたのが少し気にはなった。

・松寿丸は元服を済まし、長政と名乗る。これから、特に信長亡き後は第二の主人公としてこの長政が起用されるのだろう。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第25回「栄華の極み」  (ドラマ)