軍師官兵衛 第27回「高松城水攻め」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140708 211508
官兵衛(岡田准一)は、毛利が守る備中高松城を攻めるにあたり、川の流れをせき止め城を水に沈める前代未聞の奇策「水攻め」を実行、秀吉(竹中直人)を驚かせる。

姫路では、出奔していた又兵衛(塚本高史)が光(中谷美紀)と再会、黒田家に仕える事に。

一方、安土城を訪問した徳川家康(寺尾聰)の饗応役を務めた光秀(春風亭小朝)は、信長(江口洋介)から叱責され、さらに衝撃の野望を聞かされ、ついに打倒信長の決意を固める。 

・家康登場。演じるのは寺尾聰。既に貫禄十分で、いちいち思わせぶりな表情を浮かべて食えない存在であることを視聴者に強くアピール。そんな家康の饗応役を務めた光秀だったが、信長の不興を招いてしまい、面目を潰されることとなる。

・更に光秀は、朝廷の使者に対して帝の譲位を迫った信長が自身が作る新しい世に帝は不要であると本気で考えていることを聞かされる。とうとう光秀はこの信長の新しい世を否定するに至り、本能寺へと兵を進めることとなる。

・光秀と信長の関係に対してはもう少し突っ込んだ描写があってもいいような気はしたが、限られた尺の描写の中で光秀が様々な思いを巡らせた上で謀反に至ったことが示唆されていたし、それこそ家康だって一枚噛んでいるんじゃないかという風に読み取れるような演出のようでもあった。物足りなさもあったが、このドラマ自体がそれぞれの武将や彼らのファンと彼らに纏わる地域などの様々なしがらみに囚われているものであるし、そもそも官兵衛のドラマなので仕方がないのだろう。

・その官兵衛パートでは高松城水攻めが実行される。情勢が厳しくなった毛利側の使者として安国寺恵瓊が秀吉と官兵衛の前に現れ、和睦についての話し合いが始まるが、なんだか苦しい状況に陥って恵瓊が妙に弱々しくなったのとは対照的に、勢いに勝る官兵衛と秀吉がやたら強気でいつの間にかちょっとした悪役っぽく振舞っていたのがおかしな回ではあった。立場が変われば態度も変わる、これはもしかしたら信長パートにも係っている詞なのかもしれない。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第27回「高松城水攻め」  (ドラマ)