軍師官兵衛 第28回「本能寺の変」  (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140716 210328
光秀(春風亭小朝)が謀反、京・本能寺に攻め入った。
お濃(内田有紀)が刃に倒れ、信長(江口洋介)も炎の中に消えていく。

事件を知らずに備中高松城を包囲していた官兵衛(岡田准一)は、付近の農家でやつれ果てた政職(片岡鶴太郎)と思わぬ再会を果たす。

やがて一大事のしらせが京から備中に届き、いち早く知った官兵衛は秀吉(竹中直人)の天下を実現するため、知略の限りを尽くした一世一代の大勝負に打って出る。 

・本能寺の変。襲いかかる明智の軍勢相手に信長&お濃無双が繰り広げられる。江口洋介と内田有紀が抱き合って今生の別れを噛みしめるところなどはまさに一昔前のトレンディドラマのような構図で、二人のはっきりした顔立ちや声の通りなどと相まって周囲から浮いたそのシュールな光景が印象的だった。最後まで信長と生を共にしたお濃とそんなお濃への愛を語る信長の姿は、信長が執念を燃やした敵である村重へのあてつけのようにも映る。

・一方で、官兵衛から主役の座を奪ってはいけないというブレーキがかけられたような構成のようでもあり、結果的に信長の潔さと格好良さを引き立てていて良かったとは思う。

・信長が討たれたことを知った官兵衛は取り乱す秀吉に対して、これは天下取りの好機、と急いで京に上って光秀を討つことを提案する。この官兵衛が如何にも策士のようなちょっと悪っぽい表情なのだが、実は今回、小寺の殿様の最期を見届けるというシーンがあり、官兵衛が最後までかつての自分の主に対しての忠義を貫くという誠実な一面を見せ、このへんでドラマとしては官兵衛というキャラクターのバランス取りをしようとしている。イメージのための繊細な配慮がこのドラマの主人公の難しいところで、今回から観始めた人にも官兵衛は本当は良い奴であると示しておきたいのかもしれないが、保険をかければかけるほど、官兵衛というキャラクターから厚みを奪ってしまっているように映るのが勿体無い。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第28回「本能寺の変」  (ドラマ)