清須会議 (映画)

                 
清須会議 スタンダード・エディション [DVD]清須会議 スタンダード・エディション [DVD]
天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ―。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家派に。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。 そして、開かれる清須会議―。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家派の策士・丹羽長秀(小日向文世)、会議の行方を左右する池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う! 勝家派か?秀吉派か! ?

(引用 amazon 清須会議 スタンダード・エディション [DVD]

2013年の日本映画。三谷幸喜監督が送る歴史エンターテイメント。

本能寺の変で信長が死んだ後、家督を継ぐのは誰かで信孝を推す柴田勝家と三法師を推す羽柴秀吉が火花を散らす。この会議での戦いというのに焦点を絞った珍しい作品で、勝家と秀吉、双方それぞれのサイドの根回しなどの工作活動を中心に、配役といい、脚本や演出といい、従来の三谷幸喜作品のノリで清須会議について楽しくわかりやすく伝えることに成功していたと思う。ただ、一つ一つのシーンが今までの三谷劇場に比べるとややキレがないようには感じる。オチの付け方が、歴史というものに遠慮し過ぎてコメディとしての思い切りがかけているのではないか。もっとユーモラスにあるいはもっと残酷に演出出来たのではないかという惜しいシーンだらけなのが歯がゆい。

一方、秀吉役の大泉洋の演技と存在感にまるで奥行きがなく、どこまでも勝家役の役所広司とお市役の鈴木京香による歪んだロマンスや役所広司と丹羽長秀役の小日向文世とのコンビの引き立て役になっていたのは面白かった。このやるべきこと全てが計算ずくで粛々とこなしてみせる秀吉と官兵衛(寺島進)の存在感のない小悪党コンビと感情で先走って勝手に自滅していく勝家とそれに振り回される長秀の凸凹コンビという対照的な両サイド、合言葉が勇気な作品であれば勝家サイドが主人公として様々なミラクルを引き起こして最後は勝つんだろうが、歴史の舞台では、冷徹で腹黒い優れた政治家タイプに主人公的な勝利を譲ることになり、ひたすらに破滅への道を歩む羽目になるというその圧倒的なリアリティと徹頭徹尾どこまでも自虐的なところが本作が三谷幸喜作品としては異色であるといえるポイントで、歴史という現実と浪漫の間にある大河に対しての強いリスペクトを感じさせた。
                 

コメント

        

        
> > 清須会議 (映画)