テルマエ・ロマエ (映画)

                 
テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]
古代ローマと現代日本の“風呂”をめぐる冒険を描いたファンタジックコメディ。古代ローマ帝国の浴場設計技師が現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまい…。主演の阿部寛ほか、日本屈指の顔の濃い俳優陣が共演。

(引用 amazon テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD]

2012年の日本映画。

同名の漫画を原作に映画化したもので、古代ローマの浴場設計士の主人公が21世紀の現代日本に度々タイムスリップをし、そこで目にした風呂などから着想を得て、出世をしていくという話。コメディタッチで描かれており、言葉も通じない世界で文化の違いにショックを受けながらも興味深くそのギャップを凝視し続けるというシュールなシーンが軽快なテンポで続くのが面白かった。阿部寛が主人公を演じているが、その顔の濃さ、彫りの深さからビジュアルに全然違和感がなく、コミカルな顔芸の凄みが観ている者を作品の世界に引き込んでくれる。

ただ、ヒロインの上戸彩と阿部寛の言葉が通じるようになって、上戸彩が古代ローマに飛んだ後半パートからは、それまでの古代ローマと現代日本の絶妙だった距離感が台無しになり、軽妙だった展開から一転、スペクタルな感動ドラマに仕上げようとしてメッキを剥がしてしまい、チャチさが浮き彫りになって夢の世界から観ている者を醒ます残念な出来になっていたのが勿体無い。

前半部は本当に面白かったし、快適な風呂やトイレ、そしておいしい食事の素晴らしさは時代や国が変わっても共通という価値観、比喩的な意味も含んだ戦争で後方支援というものが如何に大切か、後方支援に徹することが如何にやりがいのあるものかというメッセージなどはとても素晴らしかった。
                 

コメント

        

        
> > テルマエ・ロマエ (映画)