軍師官兵衛 第30回「中国大返し」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140729 214859
毛利と和睦を果たした官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は、光秀(春風亭小朝)を倒すため、京へと全軍で向かっていた。
味方が集まらず焦りを募らせていた光秀はすさまじい速さで秀吉軍が迫っていることを知りがく然とする。
官兵衛は右近(生田斗真)ら去就に迷っていた大名を取り込み、さらに秀吉嫌いの信長の遺児の説得に成功、秀吉軍は大軍勢にふくれあがる。
そして、ついに京に近い山崎の地で天下分け目の決戦が幕を開ける。

・秀吉の中国大返し、そして山崎の合戦で光秀は敗れる。秀吉、光秀、双方共に少しでも味方を増やすために策を練り、調略に奔走するが、全体的にはやはり信長がいた時に比べると緊張感がなく、弛緩した空気でダレている感じになっているように思えた。あっけなさを思わせないぐらいの疾走感と密度の濃さが欲しかった。

・ただ、その適度な緩さを演出できるのが秀吉の人たらしといわれる魅力であり、官兵衛の人の使い方の巧さともいえるのだろう。そして、それは光秀が望んだ穏やかな新しき世でもあるのかもしれない。

・秀吉と官兵衛の軍はかなりの距離を移動して疲労が溜まっているにも関わらず、朗らかな雰囲気で、光秀の軍に比べて明らかに士気が高かった。凄まじい速さで京にたどり着くことに成功したという結果に集約されているが、特別に足が速いとか乗り物(馬)の性能が高いというわけではなく、ひとえに政治力の賜物であるというのがきちんと示されていたのは良かったと思う。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第30回「中国大返し」 (ドラマ)