軍師官兵衛 第32回「さらば、父よ!」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140813 201748
秀吉(竹中直人)は、官兵衛(岡田准一)の忠告を無視し、小牧・長久手の戦いで家康(寺尾聰)に手痛い敗北を喫する。側近として頭角を現す三成(田中圭)は家康を敵視するが、官兵衛は逆に取り込むよう進言、激しく対立する。一方、黒田家は新たに与えられた播磨・山崎に居を移すが、留守を任された長政(松坂桃李)の厳しさに領民が反発、騒動が勃発する。祖父・職隆(柴田恭兵)は領主としての心構えを説き、長政を改心させる。

・秀吉が石田三成を重宝しだし、口うるさい官兵衛と距離を取るようになっていく。村重の言った通りに権力欲に囚われだし、官兵衛の忠告を無視して徳川を攻めて手痛い敗北を喫するなど精彩を欠くようになる秀吉の姿を官兵衛との距離感だけではなく、おねの嫉妬もどこ吹く風で茶々(淀殿)を側室に迎えることに必死になるなど妻(家庭)を軽視する男の身勝手さにも繋げられており、村重とだしの時などにも思ったが、とてもこのドラマらしいなと感じた。

・この秀吉の対照として官兵衛や官兵衛の父である職隆の言葉に耳を傾け、始めはうまくいかなかった内政が次第に好転し出す長政の姿が描かれていた。

・そして今回、ここまで官兵衛(岡田准一)の青さをいぶし銀の魅力で補っていた職隆がとうとう亡くなってしまう。柴田恭兵、いい親父を演じていた。お疲れ様。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第32回「さらば、父よ!」 (ドラマ)