軍師官兵衛 第34回「九州出陣」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140829 225332
秀吉(竹中直人)は大友宗麟(上條恒彦)の願いを受け九州攻めを宣言、東の脅威を取り除くため、家康(寺尾聰)の封じ込めを図る。秀吉に先立ち官兵衛(岡田准一)が先ぽうとして西に向かい、毛利勢を加え九州に乗り込もうとするが、小早川隆景(鶴見辰吾)はなぜか腰が重い。隆景の兄・吉川元春(吉見一豊)が長年の宿敵、秀吉に臣従することを快く思わず、出兵を拒んでいたのだ。そこで官兵衛は元春を動かすため、勝負に出る。

・秀吉は家康を懐柔するために自身の妹を嫁がせ、更には実の母親を人質に差し出す。そこまでしてやっと手に入れた家康の「忠誠」。三成とは明らかに器の違いを感じさせる秀吉にひれ伏す格好を取りつつも不敵である家康のその姿が絵面だけで既に伏線的になっているのは面白かった。

・大友宗麟からの頼みという名目で豊臣に従わない島津を成敗することを決めた秀吉。その先鋒として官兵衛は毛利と共に九州を攻めることになる。この毛利が、秀吉に対して快く思わない吉川元春の出兵拒否によって揺れていたのだが、官兵衛の説得によって最後は元春も病の体を押して九州に出陣、そのまま果てる。今まで毛利は悪役としてあまり良く描かれていなかったのだが、ここでちょっと格好よく描いてフォローを入れたのかなという感じでもあった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第34回「九州出陣」 (ドラマ)