東京分裂ガールズ (映画)

                 
東京分裂ガールズ [DVD]東京分裂ガールズ [DVD]
2人の少女『てるま&ルイーズ』は、プロの漫画家を目指し共同生活を送っていた。2人はいつでも一緒……無二の親友だった。ある日、才能豊かで天真爛漫な“ルイーズ”は何とかプロとしてデビューするために、ある計画を“てるま”に持ちかける。しかし、“てるま”はその提案に反対。二人の間に激しい口論が起こった。怒って部屋を飛び出す“ルイーズ”……そして運命の7:35……。路上を通り過ぎるバスに彼女は轢かれた。その瞬間から、2人の少女の時間が奇妙に狂いだしていく……。

2011年の日本映画。

てるまとルイーズの女性二人組の漫画家ユニットはプロデビューのために「空想少女」という作品を仕上げることに全力を注ぐ日々だったが、ある日、今後の創作活動を巡って二人は激しい口論を交わす。その結果、怒ったルイーズは部屋を飛び出すが、勢い余ってバスに轢かれて死んでしまう。ルイーズを失った喪失感から茫然自失の日々を過ごすことになるてるまは、ある日、自分と違い才能豊かで魅力的で憧れの対象だったルイーズに自分がなろうと考え、見た目をルイーズそっくりに変え、声も出さないようになる……。

そんな内容がポエム的に綴られているわけだが、実はルイーズ=てるまの人格障害的なものだったとか、もしくは全ては自分がかつて創りだした「空想少女」の内容を再現しているといういくつかのオチを可能性的に示唆しているのはなかなか面白かった。

全体的にチープではあったものの、現実と空想の境目が極めて曖昧になるほどの若い女性の不安定さや創作活動へののめり込みが喪失感をキーワードに構成されており、意外に作品がターゲットにしている若い女性には共感が得られるところもあるのかもしれないなとは思った。
                 

コメント

        

        
> > 東京分裂ガールズ (映画)