Free! Eternal Summer 11Fr 運命のネバーターン! (アニメ)

                 
11fr-01-thumb.jpg
練習を続ける岩鳶水泳部。
黙々と泳ぎ続ける遙の姿には迷いが見え隠れしていた。
心配する真琴たちだが、遙に笑顔は戻らない。

そんな時、宗介が遙を訪ねてやってくる……。

キレる水泳部員、七瀬遙。
宗介や真琴、その他周囲の人間たちから勝手な期待を背負わされ、将来像を凛と共に世界の舞台を目指すというものに固められてしまうことを嫌った遥はとうとうキレてしまうのであった。思春期物にはよくあるエピソードとはいえ、この作品がこの遥の感情に込めているものはなんなのかというのが微妙に見えにくい描写の仕方ではあったように思う。

見ていて伝わってきたのは遥の辛さよりも、むしろ敗者としての悔しさに唇を噛み締めつつも勝者を讃え、才能ある人間に夢を託すしかない真琴や宗介の辛さの方であった。だから、これで遥がフリーのまま大人になって、真琴や渚が日の丸を背負って世界の舞台で活躍するなんて終わり方だったら面白いなんて思ってしまった。
                 

コメント

        

        
> > Free! Eternal Summer 11Fr 運命のネバーターン! (アニメ)