軍師官兵衛 第37回「城井谷(きいだに)の悲劇」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20140917 91937
長政(松坂桃李)は一揆を起こした宇都宮鎮房(村田雄浩)のわなにはまった。多くの家臣を失い討ち死に寸前のところを命からがら帰還、官兵衛(岡田准一)に叱責される。各地の一揆を鎮圧した官兵衛は、宇都宮家と和睦、平和共存を図る。人質としてやってきた鎮房の娘・お鶴(市川由衣)も次第に黒田になじんでゆく。しかし秀吉(竹中直人)は宇都宮の討伐を厳命、従わねば黒田家を滅ぼすとどう喝、官兵衛は次第に追いつめられる。

・一揆を起こした宇都宮に対して打って出た長政だったが、罠にはまり大敗を喫してしまう。官兵衛は不甲斐ない長政を叱責すると、調略によって宇都宮鎮房を従わせるところまで息子を導いてみせる。

・だが、秀吉は宇都宮鎮房の首をはねるように官兵衛に厳命を言い渡す。従わねば黒田家の存続が危うい状況となり、官兵衛は黒田が生き残る道を考えることとなる。

・終始、空気が張り詰めていてスリルに溢れる面白い回だった。逆らうものには容赦をしなかった信長やそれに重ねるように自らの姿を大きく見せようと必死になる秀吉とは一線を画そうとしつつも、非情な現実と向き合うために厳しい一面を覗かせなければならない官兵衛の苦悩に満ちた描写の仕方も良かったとは思う。

・石田三成が、視聴者に向かってわざと苛立たせようとしているのではないかと思えるほどの癇に障る話し方をするなど、存在自体が今後の展開の伏線になっているのも興味深い。

・あくまで官兵衛は受け身で、人の野心に振り回される立場は貫かれていたが、秀吉との確執から官兵衛自身の中の野心が燃え上がってくるようだとまたこれからの展開に奥行きが出来そうで、楽しみになってくるのではあるが……。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第37回「城井谷(きいだに)の悲劇」 (ドラマ)