軍師官兵衛 第38回「追い込まれる軍師」 (ドラマ)

                 
全画面キャプチャ 20141008 154632
秀吉(竹中直人)からの宇都宮討伐の命令を長政(松坂桃李)が実行したと知った官兵衛(岡田准一)は苦渋の末、鎮房の嫡男朝房(橋本淳)の処遇を決断、実行する。一方、光(中谷美紀)は鎮房の娘・鶴(市川由衣)を救うよう長政に迫る。何とか黒田家の存続はかなったものの、秀吉は官兵衛に対する警戒心を強めて行く。そして大坂城を訪れた家康(寺尾聰)とついに初の対面を果たした官兵衛は、その場で衝撃の事実を教えられる。

・官兵衛に断りなく、長政は独断で宇都宮とその一派を謀殺する。これを聞いた秀吉は長政が自分を裏切るわけがないと大喜び。おねもちゃっかり黒田長政と福島正則と加藤清正は私が育てた子どもですとアピール。このアピールは勿論茶々との確執にも重ねられているし、後の鎮房の娘、鶴を助ける光達、女の戦いにも繋げられている。

・一方、官兵衛も苦渋の末、黒田家存続のために鎮房の嫡男である朝房を処断することを決める。かつて竹中半兵衛が信長を謀って長政(松寿丸)を匿ったというエピソードはここらへんに掛かっていて、同じように官兵衛も命を助ける展開なのかなと思いきや、結局最後は殺しちゃいましたね。

・ただ、鎮房の娘の鶴については、光を始めとした城の女達の強い覚悟と行動力によって助けられることになる。このあたりは官兵衛が村重に幽閉されていた時に命を賭して助けようとしただしの姿を思い起こさせ、更に言えば、男には出来ないことでも女ならできる事もあるというメッセージにもなっていて、相変わらずのこのドラマらしさでもあった。
                 

コメント

        

        
> > 軍師官兵衛 第38回「追い込まれる軍師」 (ドラマ)